2016年11月3日 公開

美しい自然が引き出す興味や感性!黒島の魅力

黒島という島をご存知ですか?ただの南国とはまた一味違った魅力に溢れるこの島は、子連れで行っても楽しめるおすすめ観光地なんです!今回はそんな黒島のチェックしておきたいポイントなどをご紹介していきますので、ぜひ沖縄方面への旅行をお考えの方は参考にしてみてください!

黒島ってどんな島?~基本情報~

まずは黒島の基本的な情報からご紹介。
こちらは沖縄県の石垣島から、フェリーや高速船で約30分のところにあります。後ほど詳しくご紹介しますが、放牧を主な生業とする約200人が暮らす小さな島です。外周は約12kmで、島内には信号などがなく観光するにあたってレンタカーやバスなどもありません。(レンタサイクル・バイクのみ)
しかし、そののどかで美しい風景は外を歩いていたくなる雰囲気なのです。

【所在地】
沖縄県八重山郡竹富町
【アクセス情報】
石垣港離島ターミナルからフェリー 約30分

本島以上!透明度抜群の海で遊ぼう!

黒島は、とにかく海の透明度が高いことで有名。その海の美しさは沖縄県内でも1、2を争うと言われますからぜひ子どもにも見せてあげたいものです。
クマノミのような子どもに人気の熱帯魚やサンゴなども多いので、泳げるお子さまなら一緒に泳いで実際に触れるなど、とても貴重な体験をさせてあげることができますよ!

長~い桟橋を先端まで歩いてみよう!

次は国の登録有形文化財に指定されている「伊古桟橋」。
上記で書いた美しい海と一緒にぜひ見ておきたいのがこの桟橋で、青い海と白く長い桟橋の風景は記念撮影などの思い出の記録にはもってこいです!
歩けるお子さまなら先端までゆっくり歩いていって少し特別なお散歩としても楽しいですね!

海に牛!珍しい組み合わせは必見

黒島は別名「牛の島」とも呼ばれるほど牛が多く放牧されており、その数は人口が約200人なのに対して約2,800頭と、なんと人の10倍以上の数牛がいるのです。
草原でのんびりしている牛を見るのもいいですし、砂浜を歩き海に足を浸けている貴重な牛の姿も見ることができるでしょう!
子どもは動物が大好きですし、黒島の牛は食肉として放牧されている牛たちなので、抵抗がなければ食育の一環として「普段食べているお肉はね……」と話してみるいい機会にもなるでしょう。

都会では見ることができない、満天の星にうっとり

街明かりのささやかな黒島の夜空はさえぎるもののない満天の星が満喫できます。遮るものもないので中々見ることのできないキレイな星空が満喫できるのも嬉しいポイントです!
星座はもちろん、星を通して宇宙などの分野にも興味を持てるいいきっかけにもなりますよ。
島の民宿には星観察用に屋外にソファーを設置しているところもありますから、宿泊先を選ぶときにはぜひチェックしてみてください。

美しい自然の中で非日常を味わう

いかがでしたか?基本的には自然が相手の黒島。普段の生活とは大きく切り離された環境で、ゆっくりと自然や動物を観察して感性を磨き興味を引きだすことができる魅力いっぱいの島です。
自然と親しむ機会が貴重になった今の子どもたちには特におすすめしたい旅行先です!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子連れ沖縄旅行は3月に行こう!

子連れ沖縄旅行は3月に行こう!

沖縄といえば、夏の旅行先の定番ですよね。夏の美しいビーチで楽しんだ経験のある方も多いでしょう。でも沖縄の魅力は夏だけではないんです。そこで3月の時期だから...
地域の顔・核・要としての「道の駅」-in沖縄

地域の顔・核・要としての「道の駅」-in沖縄

子連れ旅行先として大人気オススメスポットの沖縄。道の駅、高速道路のサービスエリアにも比すべき「道の駅」。すでに全都道府県に、そして沖縄にも数カ所が登録され...
沖縄へ行こう!子どもといっしょに楽しく学ぶ旅

沖縄へ行こう!子どもといっしょに楽しく学ぶ旅

国内線は3歳未満は無料だとご存知でしょうか。どうせ無料なら、思いっきり遠くへ行きたいですよね。国内で遠くと言えば、沖縄県!今回は、夏が似合う日本の最南端。...
ホテルのオールインクルーシブが子連れ旅行に断然おすすめの理由

ホテルのオールインクルーシブが子連れ旅行に断然おすすめの理由

オールインクルーシブってご存知ですか?ホテル滞在中の食事・飲み物、アクティビティ代が含まれているプランのこと。海外の子連れリゾート旅行も安全・便利、かつ学...
帰省時の子連れ新幹線を乗り切るコツ【経験から裏技も伝授!】

帰省時の子連れ新幹線を乗り切るコツ【経験から裏技も伝授!】

子連れ新幹線は不安でいっぱいですよね。筆者は長男が2歳のときから年に2度、帰省で東京から新大阪まで新幹線を利用しています。次男出産後も筆者1人で!赤ちゃん...

KEYWORDS

WRITER

ゆき ゆき  2歳児を教育中。この先どうなることやら不安と期待でいっぱいです。