2019年02月18日 公開

子ども用シートベルト枕の作り方 車の中でも安眠できる!

子どもが3~4歳ごろになると、チャイルドシートから、車の3点式シートベルトをそのまま利用できるジュニアシートへ切り替えるご家庭が増えてきます。ジュニアシートでのお昼寝がより快適になる、シートベルト枕の作り方を紹介します。

           

子どもが3~4歳ごろになると、チャイルドシートから、車の3点式シートベルトをそのまま利用できるジュニアシートへ切り替えるご家庭が増えてきます。ジュニアシートでのお昼寝がより快適になる、シートベルト枕の作り方を紹介します。

シートベルト枕が便利な理由

 (132447)

Ruslan Shugushev / Shutterstock.com
子どもは車に乗せるとよく眠るもの。

チャイルドシートの多くは、座席のクッション性が高く傾斜もついていて、子どもが快適に眠れる仕様になっています。

一方でジュニアシートは、車の3点式ベルトをそのまま利用するタイプも多く、背もたれがついていないか、もしくはついていても直立に近いものが増えます。

そのため、ジュニアシートで子どもが眠ってしまうと、頭が揺れて不安定になってしまったり、首が下がって肩や背中を痛めてしまったりする場合があります。

そこで便利なのが、シートベルトに装着できる「シートベルト枕」です。

助手席・後部座席のどちらであっても簡単に取り付けられ、子どもの頭を支えてくれるので、安心して眠れます。

市販されているものもありますが、今回は100円ショップで購入できるアイテムを使って手作りしてみました。

シートベルト枕の材料

photo by author (132556)

シートベルト枕
via photo by author
今回シートベルト枕を作るのに使った材料は、次の通りです。
photo by author (132075)

via photo by author

布やタオル

シートベルト枕の本体になる布です。布のサイズは、シートベルトの長さや好みに応じて調整してください。

子どもの肌が触れるものなので、肌触りが良く、汗でベタつかないものがおすすめです。

筆者は100円ショップのダイソーで買った、34cm×74cmのシャーリングタオルを準備しました。こちらを縦半分に切って利用します。

もちろん、20cm×80cm弱の布地を2枚用意していただいても大丈夫です。

わた

シートベルト枕の中にきつめにつめるので、多めに用意しておくと安心です。

筆者は今回300gほどのわたを使いました。

かばんテープ・ファスナーテープ

シートベルト枕を固定できるように、かばんの持ち手などに利用するかばんテープと、ファスナーテープ(面ファスナー・マジックテープ)も準備しました。

今回筆者が使った各テープの長さは次の通りです。

・かばんテープ:約15cm×6本=約90cm
・ファスナーテープ:約8cm×6本=約48cm

固定するためのテープは、リボンなどで代用しても良いですよ。

シートベルト枕の作り方

タオルを縦半分に切る

photo by author (132122)

via photo by author
34cm×78cmのタオルを、縦半分に切ります。
photo by author (132087)

via photo by author
ほつれないように、切った部分を折り返して縫っておきます。

ファスナーテープをかばんテープに縫いつける

photo by author (132123)

via photo by author
かばんテープを約15cm、ファスナーテープを約8cmに切り、それぞれ6本ずつ用意します。
photo by author (132092)

via photo by author
かばんテープとファスナーテープを縫い合わせます。
photo by author (132094)

via photo by author
枕をシートベルトに固定するためのパーツができました。

タオルにテープを縫いつける

photo by author (132097)

via photo by author
タオルの裏側に、写真のようにテープを待ち針で留めます。
photo by author (132099)

via photo by author
テープをタオルの表側に折り返し、外側を縫います。6本分同じように縫いつけてください。

タオルを縫って表に返す

photo by author (132102)

via photo by author
2枚のタオルを中表に重ねて、わたを入れる返し口を残してミシンで縫います。
photo by author (132124)

via photo by author
縫い終えた状態です。
photo by author (132106)

via photo by author
返し口から表に返すと、写真のようになります。

わたをつめる

photo by author (132109)

via photo by author
返し口の部分からわたをつめていきます。
photo by author (132111)

via photo by author
このとき、わたはクッションのようにふんわりと入れるのではなく、ちょっと固いかなと思う程度にしっかりと入れておいた方が、子どもの頭を支えるホールド力が高くなります。
photo by author (132113)

via photo by author
わたが入ったら、返し口の部分を手で縫って完成です。

シートベルト枕のできあがり!

photo by author (132128)

via photo by author
大きな筒のようなシートベルト枕ができました。

ほぼ直線縫いのみでできるので、不器用な筆者でも2時間ちょっとで作り終えることができました。

自分で作ると、子どもの好みの柄や、肌触りの良い布地を選べますし、大きさも自由に変えられるのがうれしいですね。

シートベルト枕があればジュニアシートも快適

photo by author (132119)

via photo by author
筆者の3歳の次女は、長らくチャイルドシートを使っていましたが、いよいよ体も大きくなってきたため、ジュニアシートに移行したばかりでした。

座席は広く使えるようになったものの、頭を支えるものがなくなったことと、シートベルトが頬に当たりやすいことが気になるのか、どうにも落ち着かない様子。

今回シートベルト枕を作って装着してみたところ、「やわらかくて気持ちいい」とご機嫌で、あっという間に枕に頭を置いて眠ってしまいました。

必要なものはすべて100円ショップで用意したので、材料費はトータルで約700円。コストパフォーマンスの高い仕上がりになったと思います。

車内のお昼寝が快適になる子ども用シートベルト枕、ぜひ作ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

青海 光 青海 光