2019年7月27日 公開

手遊び歌「グーチョキパーでなにつくろう」の歌詞と遊び方をイラストで解説!

保育園や幼稚園でもおなじみの、「グーチョキパーでなにつくろう」の手遊びをわかりやすくご紹介。歌いながら体を動かすので、リズムの感覚などを通して、お子さまの育脳効果も。グーチョキパーの組み合わせで好きなものにアレンジしたり、シンプルですが想像力の広がるお遊びです。

「グーチョキパーでなにつくろう」の曲について

もともとはフランスの民謡で、日本では「かねがなる」として日本語の歌詞で歌われています。曲を聴けば、ああこの曲!と思われることでしょう。原曲のタイトルは「フレール・ジャック」(Frère Jacques)。世界各地でよく知られた民謡で、もちろん日本以外でも各国の言葉に訳されて歌われています。
日本では「かねがなる」のほかに、幼児教育研究家・齋藤二三子先生により手遊び歌のための替え歌として作詞​された「グーチョキパーでなにつくろう」でも知られています。

「グーチョキパーでなにつくろう」の歌詞と遊び方

両手を曲げて、顔の横に。歌に合わせて上半身を軽く左右に揺らしながら、楽しく遊びましょう。

いろいろな形にアレンジしてみましょう

グー・チョキ・パーを、いろいろな形に見立ててアレンジしてみましょう。身のまわりのものや、食べ物、生き物、何でも自由に発想して遊べば楽しさが広がります。思いついたら、パパやママ、お友達の前でやってみましょう。グー・チョキ・パーで何を作ったかクイズにして最後の一節を「これなんだ〜?」と当てっこしても楽しいですね。

ちょうちょ

「ちょうちょ〜」のところは、パーの手を羽のようにパタパタさせます。

カニさん

「カニさん〜」のところは、体を左右に揺らしながら、ハサミをちょきちょき。

おだんご

「おだんご〜」のところで、グーの手をコロコロと転がすようにします。

手遊び歌にはコミュニケーション促進や知育効果も!

手遊び歌は、簡単に覚えられて道具も必要なく、どこででもだれとでも楽しく遊べるのが特長です。また左右の手でちがう指の形を作ったり、歌を歌いながらテンポよく動く必要がありますので、知育の効果も期待できる優れたお遊びです。ぜひみなさんで楽しく遊んでみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「ずいずいずっころばし」の歌詞と遊び方!どんな意味があるの?

「ずいずいずっころばし」の歌詞と遊び方!どんな意味があるの?

最近その知育効果が見直されつつある「わらべうた」。そんなわらべうたのひとつに「ずいずいずっころばし」があります。こちらでは「ずいずいずっころばし」の歌詞や...
手遊びゲームとは?子どもと一緒に楽しく遊べるゲーム

手遊びゲームとは?子どもと一緒に楽しく遊べるゲーム

赤ちゃんから一緒にどこでもできて、覚えておくと外出先でも重宝する手遊び歌の情報です。手遊びが子どもの成長に役立つ理由や、おすすめの手遊びゲームを動画つきで...
簡単!小麦粉粘土の作り方:子どもと一緒に手作りしよう

簡単!小麦粉粘土の作り方:子どもと一緒に手作りしよう

安心安全の小麦粉粘土を子どもと一緒に手作りすれば、作る過程から楽しめます。粘土遊びはしたいけど、子どもが口に入れてしまいそうで心配!という方に特にオススメ...
楽しくあやとり!「かんむり(冠)」の作り方

楽しくあやとり!「かんむり(冠)」の作り方

昔から変わらず人気の、あやとり。たった一本のひもで、多彩なものを表現できます。指先を使えば知能や集中力も高まります。今回はかんむりにトライしてみましょう!
子どもと何しよう?参考にしたい「#今日のおうち知育」特集

子どもと何しよう?参考にしたい「#今日のおうち知育」特集

知育の形はさまざま。文字を学ぶ、絵を描く、工作、料理やお手伝いまで…全部立派な「知育」です!ところで、Chiik!読者の皆さんはおうちでどんな知育を実践し...

WRITER

mawa mawa  文具メーカーに勤務、その後フリーランスに。現在はグラフィックデザイナーとして活動中。長年にわたり子ども向け商品の企画開発、雑誌・単行本の編集デザイン、付録の制作に携わって参りました。イラスト、商品カタログデザイン、フライヤー、3DCG制作、ゲームのオリジナルキャラクター制作なども手がけています。