2018年03月06日 公開

ソファーを置かないリビングが持つ4つのメリット

家族団らんの場のリビングは広々とした空間が理想的。しかし部屋の広さには限りがあり、家具のレイアウトで悩むこともありますよね。そこで思い切ってリビングからソファーをなくしてみると、さまざまなメリットが!子育て家庭にとって、リビングにソファーを置かない、4つのメリットをご紹介します。

           

家族団らんの場のリビングは広々とした空間が理想的。しかし部屋の広さには限りがあり、家具のレイアウトで悩むこともありますよね。そこで思い切ってリビングからソファーをなくしてみると、さまざまなメリットが!子育て家庭にとって、リビングにソファーを置かない、4つのメリットをご紹介します。

1.ソファーからの転落の危険がなくなる

つかまり立ちする女の子 後ろ姿|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (84059)

東京都が平成26年に0歳~6歳児を持つ保護者3,000人を対象に行った乳幼児の転落・転倒に関する調査があります。その結果によると、ソファーからの転落に関してヒヤリとした経験があるのは、なんと1,247件。

まだ寝返りができない0歳児でも、足を動かしているうちにソファーから落ちてしまうことがあります。また、少し大きくなった子どもにとってソファーは魅力的な遊具。ひとりで登って遊んでいるうちに転落というケースもしばしばです。

転落の危険性がなくなることは、ソファーなしリビングの一番のメリットでしょう。

2.子どもが自由に部屋を動き回れる

Foto gratis: Nena, Sonrisa, Recién Nacido - Imagen gratis en Pixabay - 2972221 (84062)

ソファーがないと、部屋が広々して気持ちがいいと思うのは大人ばかりではありません。子どもたちにとっても、自由に移動できる広い部屋はとても魅力的。

特にハイハイができるようになった赤ちゃんは、自由に動き回れる広い床が大好き。またソファーの下や側面のすき間に赤ちゃんが頭や手を入れて、挟まってしまうという心配もありません。

筆者の娘は、ハイハイ時期にいやに静かだと思っていたら、ソファー下のすき間のほこりを拾うことに夢中ということもありました。こんなびっくりもソファーがなければおこりません。

3.ジャンプにイライラすることがない

クリスマスの少年6|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (84065)

子どもたちにとって、一番楽しいソファーでの遊びはジャンプでしょう。

特にスプリングのよくきいたソファーはまるでトランポリンのようで、子どもにとっては禁断の遊具。ソファーが傷む上に、転落の危険もあるため、ソファーで遊ぶのは百害あって一利なしです。

しかし何度注意しても、親の目を盗んで遊ぶスリルも楽しんでいる子どもたちにとってはぬかに釘となってしまうことも。

ソファーがなければ子どもたちのジャンプにイライラすることともさようなら。

4.ソファーの掃除の手間がなくなる

Foto gratis: Los Alimentos, Bebidas, Personas - Imagen gratis en Pixabay - 2940557 (84068)

子どもたちがソファーを使うとき、親の願いは「汚さないで……」ではないでしょうか。

しかしジュースをこぼしたり、チョコレートがついたり、ペンのインクがついたりといったことは日常茶飯事。丸洗いができればいいのですが、残念ながらそうもいかず、汚れを完全に落とすのは大変です。

子どもがいると掃除や洗濯の手間はどうしても増えてしまいますが、できれば少しでも量を減らしたいもの。ソファーがなければその分掃除の時間がなくなるのが大きなメリットだと言えます。

ソファーなしても居心地のいいリビング

 (86062)

TAROU HATANAKA / shutterstock.com
ソファーがなくても、居心地のいいリビングのためのインテリアはいろいろ楽しめます。気持ちのいいラグをひいたり、大きなビーズクッションを置いたり、おしゃれな座椅子を置いたり……。

また、昔の日本はリビングのかわりに和室の居間が家族の団欒の場でした。そんな昔の日本の雰囲気を取り入れ、和モダンにまとめたインテリアのおしゃれなリビングも検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MARIKO.K MARIKO.K