2019年1月27日 公開

【子どもの花粉対策グッズ】つらい症状緩和に役立つ商品5選

小さな子どもが花粉症を発症するケースは年々増加しています。目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどのつらい症状は、園や小学校での活動にも影響を与えかねません。耳鼻科にかかるとともに、家庭でも症状緩和の対策をとりましょう。子ども用の花粉症対策グッズを5つご紹介します。

つらい目のかゆみ、充血に


商品名:【第3類医薬品】ロートアルガードこどもクリア 10mL
販売元:アルガード

花粉症やハウスダストによる目の充血、かゆみで困っているお子さまにおすすめの目薬です。涙に近い成分配合で目にしみにくく、目薬が苦手な子でも使いやすいでしょう。

プールに行ったあとや、ホコリっぽい場所にいたあと、運動して汗が目に入ってしまったときなどにも使えます。無香料・無着色・防腐剤無添加で小さなお子さまも安心して使用できるのもポイントです。

99%カットフィルタ使用の子ども用マスク


商品名:(PM2.5対応)フィッティ 7DAYSマスク キッズサイズ ホワイト 100枚入
販売元:フィッティ

花粉だけでなくPM2.5が気になるときにも使える、キッズサイズの使い捨てマスクです。個包装になっており、持ち運びの際もいつでも清潔に使用できます。

着用時に息苦しくなりづらい、立体加工である点もうれしいところ。マスクが顔にピッタリとフィットし、口周りを圧迫しない構造になっています。

さらに、お子さまに優しい柔らかいゴムを使用し、耳への違和感も軽減。100枚入りなので毎日使用してもコスパが良く、通園・通学のお供におすすめです。

見えないバリアで花粉の付着をブロック


商品名:アース製薬 アレルブロック 花粉ガードスプレー ママ&キッズ 75mL
販売元:アース製薬

1日1回吹きかけることで、静電気の発生を軽減してくれるスプレー。静電気で集まってくる花粉やウイルス対策としておすすめです。

肌に優しい低刺激タイプなので、お子さまにも安心して使用できるでしょう。3歳頃から使用可能です。

また、服や体だけでなく、顔、髪にも使えます。おでかけ前に一度吹きかければ良く、気になるときは重ねづけもOK。手軽で子どもがむずがりにくいのもうれしいですね。

就寝時の鼻づまりが気になるときに


商品名:アース製薬 アレルブロック おやすミント スプレー 60mL
販売元:アース製薬

鼻づまりで夜に眠れなくなってしまうお子さまにおすすめなのがこちら。使い方は、寝る前にお子さまが使用するパジャマや布団、枕などにスプレーするだけ。優しいミントラベンダーの香りが漂い、すっきりとした爽快感が得られます。

皮膚パッチテスト済みなので、肌に触れても問題ありません。鼻づまりに悩むお子さまに試してみてはいかがでしょうか。

度付きにも対応した花粉グラス


商品名:SWANS(スワンズ) 子供用 花粉グラス 5歳〜12歳用 SWAKJ-01
販売元:SWANS(スワンズ)

子ども(4~12歳)用の花粉グラスですが、度付きのレンズに入れ替えられる点が大きな魅力。くもり止めハードコートレンズを使用しており、内側が曇りにくく、マスクとの併用でも快適です。

やわらかアイカバーは取り外しもでき、お手入れが簡単なので常に清潔に保てます。目にかゆみの症状が出やすいお子さまの普段使いにぴったりの花粉グラスです。

症状に合わせたグッズで対策を


花粉症がひどいと、楽しいはずのお出かけや外遊びまでおっくうになってしまいます。耳鼻科にかかったからといって、症状が出なくなるわけではありません。お子さまに合った対策グッズを活用し、快適に生活が送れるようサポートしてあげましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもが忍耐力をつけるには?教え方や親が気をつけたいこと

子どもが忍耐力をつけるには?教え方や親が気をつけたいこと

世の中を生き抜いていくために必要な「忍耐力」。多くのパパママが子どもに「忍耐力のある人間に育ってほしい」と考えますが、その力はどのようにして身につくのでし...
Lei
ながぐつとぼくら~子どものこんな表情、知ってる?

ながぐつとぼくら~子どものこんな表情、知ってる?

雨の日と子どもー。この組み合わせは、普段見ることができないストーリーが生まれます。お出かけ先で見かけた子どもたちの興味深い姿をお伝えする、保育士まゆ先生の...
子ども用の食器はいつから使う?素材別おすすめ商品10選

子ども用の食器はいつから使う?素材別おすすめ商品10選

乳幼児期のプラスチックやメラミン製のワンプレート皿は便利ですが、卒業のタイミングに迷うもの。陶器や磁器など割れる素材でできた子ども用食器への移行は、いつ始...
子どもにもわかる「LとRの聞き分け方」発音のコツは?

子どもにもわかる「LとRの聞き分け方」発音のコツは?

日本人が苦手とする英語のLとRの聞き分け。LとRがつく単語は使用頻度も高く、できれば苦手意識を克服したいものです。聞くのも話すのも難しいこれらの発音ですが...
子どもを寝かせるのはベッド・布団どっち?長所と短所を検証

子どもを寝かせるのはベッド・布団どっち?長所と短所を検証

出産を控えた家庭では、赤ちゃんとの生活のための準備を進めることになります。その際に迷うのが「布団とベッド、どちらがいいの?」ということ。こちらでは実際に子...

KEYWORDS

WRITER

sakai sakai  大阪府在住。6歳、5歳、0歳の3人の子育て真っ最中のママです。子どもと笑顔で過ごせる日々を大切にしています!