2018年4月3日 公開

アイスクリームとラクトアイスの違いって?

ひんやりとして口当たりのいいアイスクリームは、大人にも子どもにも人気のスイーツです。しかし、一般的に言われる「アイスクリーム」には、実はいろいろな種類ごとに違いがあることをご存知でしょうか。アイスクリームとラクトアイス、アイスミルクの違いについてご説明します。

アイスクリームの種類と違い

アイスを食べる子供|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (73455)

アイスクリームの種類は、含まれる乳固形分と乳脂肪分の量で分けられています。乳固形分とは、牛乳から水分を抜いたもののこと。多ければ多いほどミルクの味わいが濃厚になります。

乳固形分と乳脂肪分は最も多い順にアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス。アイスミルクはアイスクリームとラクトアイスの中間の含有量ですが、味はアイスクリームとさほど変わらないものも多くあります。

アイスクリームの魅力は濃厚なコク

バニラアイス|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (73460)

アイスクリームに含まれる乳固形分は15.0%以上(うち乳脂肪分8.0%以上)です。三種類のアイスクリームの中で、最も牛乳の成分が多く含まれているため、味わいには濃いミルクの風味があります。

まったりとしたコクが感じられるのも、このアイスクリームの特徴です。

アイスミルクはまろやかな口当たり

抹茶アイス|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (73467)

アイスミルクには乳固形分10.0%以上(うち乳脂肪分3.0%以上)が含まれています。牛乳の成分の量は、アイスクリームにはやや劣りますが、味わいの豊かさにかけては引けを取りません。ミルクの風味もしっかり残っており、アイスクリームに近い味が味わえます。

またアイスミルクは、乳脂肪分が少ないことから、いわゆる「アイスクリーム」の中では比較的カロリーが低いものが多くあります。カロリーが気になる場合は、表示を確認してアイスミルクを選ぶといいかもしれません。

ラクトアイスはさっぱりとしたおいしさ

アイスクリーム|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (73470)

対して、さっぱりとした口当たりが魅力なのが、このラクトアイスです。アイスクリーム、アイスミルクのような濃厚さはありませんが、後を引かない独特の食感のよさがあります。

含まれる乳固形分は3%以上。三種類のアイスクリームの中では最も少ない量です。では、お子さまのカロリー摂取量を考えるとラクトアイスがいいのではないかというと、実はそうでもありません。

ラクトアイスには、コクを出すために植物油が使われることが多いのです。カロリーが高めのものもあるため、購入前にチェックしてみましょう。

それぞれのおいしさを味わおう

アイスバイキング|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (73562)

お店のアイスクリームのコーナーには、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスが一緒に並んでいます。買う前に、手に取って表示を見て、違いを確かめてみるのもおもしろいかもしれません。長年「アイスクリーム」だと思っていたものが、実はそうではないこともあるでしょう。

それぞれに独特の味わいがあるので、お子さまと一緒に食べ比べて好みのものを見つけるのも楽しいですよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

赤ちゃんとの添い寝を快適にするコツとおすすめグッズ5選

赤ちゃんとの添い寝を快適にするコツとおすすめグッズ5選

授乳や夜泣きを考え、赤ちゃんと添い寝をしているパパママは多いでしょう。実際には添い寝と一人寝、どちらにもメリットがあります。大切な赤ちゃんと寝るときには、...
カブトムシを飼うなら!おすすめの飼育ガイドと絵本5選

カブトムシを飼うなら!おすすめの飼育ガイドと絵本5選

夏の風物詩といえば、カブトムシ。自宅で飼うのは、とても貴重な経験になります。インターネットを使えば準備から飼育方法まで簡単に調べられますが、おすすめは本を...
おすすめのベビーアルバム4選・思い出を写真で残そう

おすすめのベビーアルバム4選・思い出を写真で残そう

パパやママのスマホの中には、赤ちゃんの写真がいっぱい入っているのではないでしょうか。かわいい写真がたまったら、選りすぐりを選んでベビーアルバムを作るのがお...
オリジナル年賀状作りに!役立つフリーサイト4選

オリジナル年賀状作りに!役立つフリーサイト4選

もらってうれしい年賀状ですが、年末の多忙な時期に作るのはなかなか大変です。ご家庭での年賀状作りに役に立つ、フリー素材のサイトを集めました。ダウンロードする...
子連れに優しいシンガポール!親子で楽しむオススメスポット5選

子連れに優しいシンガポール!親子で楽しむオススメスポット5選

日本から6~7時間半程度かかるシンガポールですが、時差はたったの1時間。時差ボケに悩まされずたっぷり満喫できますし、国内のアクセスもよく、短期間でも充分楽...

WRITER

みゆき みゆき  東海地方の片隅で、日々元気いっぱいの幼児と格闘中!頑張るママに役立つ情報を発信していきたいです。