2017年7月10日 公開

じっくりと文字に向き合う、シュタイナー教育のひらがな導入

教科書を使わず、芸術教育的な手法で学びを深めていくシュタイナー教育。シュタイナー教育の現場ではどのような取り組みが行われているか、筆者の子どもたちが、実際に受けた授業内容をご紹介します。今回は、学習のスタートともいえる小学校1年生でのひらがな導入に注目し、どのようなレッスンを行うのかを取り上げます。

頭も心も体も動かして、バランスよく学んでいく

自分自身で考え、行動できる、「自由に生きていくことのできる人間」を育むのがシュタイナーの思想です。知性だけではなく、心、体、精神性もバランスよく成長できるよう、シュタイナー教育独自の、体や心の発達観に沿ったカリキュラムが組み立てられています。

お話をじっくりと聞くこと、木の実拾いや編み物、リズム遊びも、すべてが算数や国語などの教科の学びにつながっていきます。
photo by author (55859)

via photo by author
木の実や松ぼっくりなどの自然素材も、シュタイナー教育ではよく使われる素材。数を数えることは、編み物をすることでも学ぶことができます。ペンタトニック音階の笛の響きも、シュタイナー学校の低学年のレッスンに欠かせない要素です。

教科書は使わない、ノートは自分で作っていく

シュタイナー教育では、教科書を使いません。エポックノートと呼ばれる、画用紙のノートを使い、低学年は蜜ろうクレヨン(発色のよいシュトックマー社のもの)や色鉛筆を使って独自のノートを作成していきます。

先生はその日の教育内容や、それにまつわる物語を暗唱し、黒板画と呼ばれる、芸術的な絵を用いて授業を進めていきます。その絵もあわせてノートに書き写していくことで、子どもは学習内容を自分の中に落とし込んでいくことができます。まさに体験実践型の教育といえるでしょう。

色彩の美しさは子どもたちの感情を動かし、学びが定着することを助けます。芸術には、精神と日常を結びつける力があるとシュタイナー教育では考えられています。また、ある時期までは黒色は使わずに描画していく、という特徴もあります。
photo by author (55860)

via photo by author

子どもの成長が現れる線引きのレッスン「フォルメン」

1年生になったからといって、すぐにひらがなをスタートするわけではありません。シュタイナー教育には「フォルメン」と呼ばれる線描を行う特徴的なレッスンがあります。線や文様を書くことで、手の動きや空間のとらえ方などを習得していきます。このレッスンがあるためか、実際にひらがなの学びを導入したときに、バランスの取れた文字を書く子どもが多いと筆者は実感しています。
photo by author (55861)

via photo by author
上の写真は、筆者の子どもが小学校1年生のはじめ頃のフォルメンで描いたもの。枠を囲うことで空間認識を促し、その中にさまざまな線を描いていきます。1年生の間はクレヨンのみ使用。長さや間隔を確認し、フリーハンドで描いていきます。
photo by author (55862)

via photo by author
はじめたばかりの線描は、こちらの写真のようにバランスも悪くつたないものですが、高学年になるととても芸術的な線描を生み出すことができるようになります。

学びはストーリーとともに

シュタイナー教育には物語がよく取り入れられます。学習の前にろうそくをともし、火のゆらぎを見つめながら、これから学ぶことに関連したお話しをしていきます。そうすることで、子どもたちが学習する世界にしっかりと足を踏み入れ、知性を育て喜怒哀楽の感情を豊かにしていくための土壌を作るのです。

先生により、授業の進め方はさまざまですが、筆者の子どもが経験したレッスンでは、ひらがなにもひとつひとつの物語があり、漢字の導入時も、それにまつわるお話を聞いてから、絵を描いて、文字(象形文字)を発見していくという手順で学びが進められていきました。
photo by author (56524)

via photo by author
「ふ」はふえの「ふ」。その文字を使った言葉を子どもたちが自ら探して、絵と共に書き込んでいきます。
photo by author (56523)

via photo by author
「ら」はライオンの「ら」。先生のお話しを聞いてから、黒板絵を真似してノートに書き込みます。
photo by author (56525)

via photo by author
「れ」はれんげそうの「れ」。右下には書き順が、色分けされて描かれています。
photo by author (56526)

via photo by author
漢字は絵から、文字を取り出します。子どもたちが、自ら発見して学んでいく姿は、親にも大きな感動を与えてくれます。

実際にシュタイナー教育の学びを体験してみたい方には

シュタイナー教育を行っている学校では、保護者向けの体験授業や、学校説明会などを多く開催しています。実際に子どもたちの学ぶ環境に触れ、教員に質問をしたりすることもできますので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみることをおすすめします。

2017年度催事のご案内 | 学校法人シュタイナー学園

2017年度催事のご案内 | 学校法人シュタイナー学園
シュタイナー学園は「芸術としての教育」「自由への教育」を行う全日制の私立小・中・高の12年一貫校です。ひとりひとりの子どもの成長を注意深くみつめながら、きめ細やかな教育を行っています。

学校法人北海道シュタイナー学園(北海道いすみ市)イベントページ

学校法人北海道シュタイナー学園(北海道いすみ市)イベントページ
※ほかにもNPO法人のシュタイナー学校が日本各地にあり、それぞれが勉強会や見学会を実施しています。お近くにスクールがないか、探してみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

《体験レポート》たまごの頃からお友達★話題の「うまれて!ウーモ」を育ててみた!

《体験レポート》たまごの頃からお友達★話題の「うまれて!ウーモ」を育ててみた!

㈱タカラトミーの「うまれて!ウーモ」はたまごの頃からお友達。ナデナデしたりお世話していると、クチバシで殻を割って生まれてきます。だから生まれてからも大の仲...
『パパは脳研究者』を読んで脳科学に則った子育てを楽しもう!

『パパは脳研究者』を読んで脳科学に則った子育てを楽しもう!

脳研究者の池谷裕二さんが、脳の発達を分析しながら娘の成長を記した「パパは脳研究者」。子どもはどうしてこんなことをするの?親はどう対処すればいい?という疑問...
子どもへの影響大!親の言葉遣いで気を付けるべきことは?

子どもへの影響大!親の言葉遣いで気を付けるべきことは?

子どもが、自分とそっくりな言葉遣いをして驚いた経験はありませんか?子どもは親が話す言葉に大きな影響を受けながら、言語習得を進めていきます。将来子どもが言葉...
「英語でモンテ」モンテッソーリ教育の親子教室、体験してきました!

「英語でモンテ」モンテッソーリ教育の親子教室、体験してきました!

今、大注目のモンテッソーリ教育。英語学習と合わせた独自のクラスを提供している個人教室に伺い、親子で体験レッスンを受けてきました。実際にやってみたモンテッソ...
【Siri】を使って親子で英語の発音練習してみよう!

【Siri】を使って親子で英語の発音練習してみよう!

【Siri】をご存知でしょうか?iPhoneの音声アシスタント機能である【Siri】。こちら、iPhoneの言語設定を英語に変更すれば、英語の発音練習に活...

WRITER

Hitomi Hitomi  バリ島、台湾と旅するように夫と3人の息子と暮らし、現在オランダ暮らし2年目。ライター、アロマセラピー講師。hitomiarai.infoというオウンドメディアで海外子育てや、アロマ、手作りコスメ、自然で気楽なライフスタイルを提案しています。