2019年01月24日 公開

英語の「可愛い」7つの使い分け!赤ちゃんに対して使う表現は?

女の子が大好きな言葉といえば「カワイイ!」。いろいろな場面で使える便利な日本語ですが、英語で伝える「可愛い」の表現はひとつではありません。「可愛い」と言いたいときに使える代表的な英語表現を、一言フレーズと一緒にご紹介します。

           

女の子が大好きな言葉といえば「カワイイ!」。いろいろな場面で使える便利な日本語ですが、英語で伝える「可愛い」の表現はひとつではありません。「可愛い」と言いたいときに使える代表的な英語表現を、一言フレーズと一緒にご紹介します。

可愛いの代表選手「Cute」

Erizo Animales Bebé · Foto gratis en Pixabay (128737)

「英語で "可愛い" は?」と聞かれると、多くの方が「cute」と答えるのではないでしょうか。子犬や子猫、小さな子ども、洋服などいろいろなものに使うことができる、使い勝手のいい英単語です。「cute」は外見などの見た目だけではなく、しぐさなど雰囲気が可愛いらしいものに使います。

形容詞「cute」の名詞が「cutie」です。なお「cute」も「cutie」も、大人の女性に使うと失礼にあたることがあるので注意しましょう。逆に若い男性には、褒め言葉として使えます。

【一言フレーズ例文】
Everything about him is cute. (彼は何をやっても可愛いね)

もっと「可愛い」の意味合いを強調したいときは "Oh" を加えてみましょう。

Oh, How cute! (まあ、なんて可愛いの!)

cuteとの違いに注意「Pretty」

Red Bicycle Woman Dress · Free photo on Pixabay (128741)

中学生の頃に「日本語の可愛いの英訳はpretty」と習った記憶のあるパパママも多いのでは?しかし「pretty」は、先の「cute」とはちょっとニュアンスが違うので注意が必要です。

「cute」が雰囲気も含めて可愛いという意味を持つのに対し、「pretty」は容姿など外見にフォーカスして使います。子どもの着ている洋服に対しては「pretty」、子ども自身に対しては「cute」と使い分けるといいでしょう。

また「pretty」は美しい、綺麗というニュアンスがあり、ときには可愛いというよりは洗練された美しさを表現する場合も。例えばロマンティック・コメディの名作「Pretty woman」の直訳は可愛い女性ではなく、"すてきな女性・美しい女性"です。ただしそれぞれの使い分けは人・場面によって異なり、厳密な違いの説明は難しいものがあります。

【一言フレーズ例文】
Your dress is so pretty!(あなたの洋服可愛い!)

Thank you for pretty flowers.(可愛いお花、どうもありがとう)

おしゃれでディープな可愛さ「Beautiful」

Armchair Garden Grass · Free photo on Pixabay (128745)

「beautiful」の表現する可愛らしさは、簡単にいうと「おしゃれでディープ」。表面的なものだけではなく、内面的な可愛らしさにも使う言葉です。そのため相手に対して直接使うときは、「pretty」より「beautiful」のほうが喜ばれるでしょう。

「cute」の可愛らしさに比べるとエレガントなニュアンスが含まれるので、赤ちゃんなど子どもにはほとんど使いません。人や物以外に、素敵な風景などにも使える単語です。

【一言フレーズ例文】
What a beautiful garden!(すごい可愛いお庭!)

赤ちゃんに使いたい表現「Adorable」

Child Baby Cute · Free photo on Pixabay (128748)

可愛らしい赤ちゃんに使いたい英語表現なら、「adorable」がナンバーワンです。「adorable」は微笑ましい、愛らしい雰囲気をもった可愛らしさをあらわす単語。赤ちゃん以外には子犬や子猫など、可愛い動物に使うのもぴったりです。

また、街で微笑ましいカップルを見かけたときの表現としても適しています。見ている自分まで、その可愛らしさに微笑んでしまうようなときに使いましょう。

【一言フレーズ例文】
Look at this adorable baby! (この可愛い赤ちゃん見て!)

Look at that couple, so adorable!(あのカップル見て!可愛い!)

意味は甘いだけではない「Sweet」

Baby Girl Sleep · Free photo on Pixabay (128752)

「sweet」といえば「甘い」という意味が一番に思い浮かびますが、可愛さも表現できます。「sweet」の持つ可愛いの意味合いは、愛らしくみんなから好かれるような雰囲気です。たとえば、人懐こい愛嬌のある可愛い子どもなどに使います。

基本的には女の子に対する言葉で、男の子には「cute」や「adorable」を使いましょう。

【一言フレーズ例文】
His daughter is so sweet!(彼の娘さん可愛すぎる!)

I have a sweet little cat. (私、可愛い子猫を飼ってるの)

イギリスでとても好まれる表現「Lovely」

Culture Architecture Old · Free photo on Pixabay (128755)

可愛いをあらわす「lovely」は、特にイギリス英語で好まれる単語です。アメリカでは「cute」や「pretty」と似たような意味ですが、イギリスではどんなものにも使える魔法のような言葉。さまざまなシーンで用いられる日本語の「可愛い」同様、「lovely」ひとつで表現が済んでしまうほどです。

またイギリス英語の「lovely」は可愛いという意味だけではなく、「nice」や「good」、または「sure」や「thank you」の代わりにすら使われます。イギリス人とのコミュニケーションには必須の単語です。

【一言フレーズ例文】
That house is lovely!(あの家、可愛い!)

She is a lovely girl.(彼女は可愛い女の子ね)

もはや世界共通語となった「Kawaii」

Puppets Sensoji Asakusa · Free photo on Pixabay (128760)

海外でそのまま通じる日本語として「Karaoke(カラオケ)」や「Tsunami(津波)」などがありますが、「kawaii」もその一つ。権威あるOxford英英辞典をはじめ、数々の海外の辞書に正式な単語として掲載されています。

「kawaii」は形容詞としてだけでなく「可愛いもの」という名詞でも使われています。辞書には「意味はcuteとほぼ同じ」とありますが、実際には「日本的、東京的なものの可愛さ」の意味で特によく使われるようです。

【一言フレーズ例文】
Ketty is kawaii!(キティーちゃんって可愛い!)

In Tokyo, kawaii is everywhere.(東京には可愛いものがどこにでもある)

いろんな「可愛い」から英語の世界に親しもう

「可愛い」を表す7つの代表的な英単語をご紹介しました。これ以外にも「attractive」「charming」「precious」「gorgeous」など、可愛いをあらわす英単語はたくさんあります。それぞれの言葉が持つニュアンスは若干違いますが、どれも人を気持ちよくさせるポジティブな言葉です。「可愛い」の使い分けをマスターして、子どもと一緒に英語と親しんでみましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MARIKO.K MARIKO.K