2019年02月12日 公開

壁を傷つけないポスターの貼り方4選 子どもの絵も飾れる!

家の壁に子どもの描いた絵や学習用ポスターを貼りたいけれど、穴はあけたくないと思う方は多いでしょう。そこで壁に穴を開けずに貼る方法、または穴が目立ちにくい方法をご紹介します。貼りたいものの大きさや壁の素材に合わせながら、お好みの方法で楽しく飾ってみましょう。

           

家の壁に子どもの描いた絵や学習用ポスターを貼りたいけれど、穴はあけたくないと思う方は多いでしょう。そこで壁に穴を開けずに貼る方法、または穴が目立ちにくい方法をご紹介します。貼りたいものの大きさや壁の素材に合わせながら、お好みの方法で楽しく飾ってみましょう。

クリップ&マスキングテープ&磁石

クリップ - No: 1910515|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (117365)

クリップは鉄製の磁石にくっつくタイプを用意します。外側がビニールなどでコーティングされているものはくっつきにくいので避けましょう。マスキングテープは壁用を選び、壁紙との相性をチェックしてから使います。

まずポスターの大きさに合わせて留めておきたい部分を考え、そこへマスキングテープでクリップを留めてください。サイズが大きい場合はクリップの数を増やして対応しましょう。全て貼り終えたらポスターを乗せて、その上から磁石がクリップにくっつくようにします。

マスキングテープ&両面テープ

マスキングテープ - No: 589837|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (117366)

マスキングテープは貼って剥がせるタイプのものを準備します。ポスターを留めておきたい四隅などへマスキングテープを貼りましょう。その上に両面テープを貼り付けてからポスターを貼るだけです。

さらにポスターを傷つけたくない場合には、ポスター側にもマスキングテープを貼っておきます。

虫ピン

昆虫標本 - No: 1890377|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (117367)

虫ピンとは昆虫標本をつくるときなどに使う、細いシルバーのピンです。一般的な画びょうに比べるとかなり細くなっているため、壁に刺しても穴は目立ちにくくなります。

サイズや大きさはさまざまなので、できるだけ細い虫ピンを選びましょう。ホームセンターなどだけでなく、100円ショップでも扱われている場合があります。

使い方は簡単で、金づちがなくても大丈夫です。家の中にある硬く多少重さのあるものであれば、虫ピンを壁に打つことができます。

ホチキスの芯

ホッチキスの針 - No: 1681027|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (117368)

ホチキスの芯を画びょうのように使う、壁に跡が付きにくいポスターの貼り方です。ホチキス本体を180度開いて、ポスターの上から押し付けるように芯を打ちましょう。

一般的なホチキスの芯はシルバーが多いですが、カラフルなものもあるので選ぶ楽しさもあります。子どもの絵やポスターのカラーに合わせて、目立たないようにすることも可能です。貼りたいものの大きさに合わせて芯の数を増やしてみてください。

壁に穴を開けなくてもいろいろ飾れる

色エンピツ - No: 123972|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (117369)

ご紹介した壁を傷つけない貼り方を実践すれば、子どもの素敵な作品やお気に入りのポスターを飾ることを諦める必要はありません。写真や学習用ポスターを貼る際にも活用できそうです。

なお虫ピンなど先の尖っているものを使用する場合、子どもの手が届く高さには貼らないよう注意。跡を気にすることなく壁いっぱいに飾ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

ゆきのこ ゆきのこ