2017年5月22日 公開

絵本・童話作家のいもとようこさん、開催中の「絵本原画展 いもとようこの世界」への思い

ふんわりやわらかな作風で、世代を超えて人気の絵本・童話作家のいもとようこさん。そんないもとさんの、日本で初めてとなる本格的な展覧会が、東京・上野の森美術館で開催されています。展覧会の概要と、いもとさんの展覧会と作品への思いを紹介します。

かわいい絵で大人気の、絵本・童話作家いもとようこさん

「ないしょばなし」(「子どもとお母さんのための童謡」よ...

「ないしょばなし」(「子どもとお母さんのための童謡」より・2006年)

何といっても、かわいらしい絵が魅力的! 読み聞かせをしながら、ママもうっとりしたことがあるはず。

保育園・幼稚園や図書館、本屋さんの絵本コーナーで、一度は目にしたことがあると思います。
絵本作家歴40年を超えるいもとさんですが、日本での本格的な展覧会は今回がはじめて。昨年2015年のパリ展、ボローニャ展につづいて、日本でも開催となりました。

展覧会の内容は? サイン会もあり!

 (52681)

 (52683)

 (52685)

同展は、134タイトル作品が6つのコーナーで構成され、オリジナル原画が315点も展示されているという大規模なもの。そして、なんと、いもとようこさんご本人にサインをいただける機会も。

会期中の土曜日・日曜日の14:00からサイン会が開催されます。
当日会場でいもとようこさんの絵本を購入すると、各回先着100名様に整理券が配布されます(整理券配布は10:00から、お1人様1枚1冊分)。
また、会期中の土曜日13:00からは、馬頭琴の生演奏もあり、こちらも見逃せません。

次は、開催前日の内覧会でいもとようこさんから語られた、展覧会と作品に対しての言葉を紹介します。

いもとようこさんインタビュー

今回の展覧会について

「40年以上、絵本の仕事を夢中になって続けてきました。毎回毎回、作品に打ち込んできて、あっという間でした。今回は、しっかりと自分の思いを込めた展覧会をやりたいと思って。なによりも、読者みんなに『ありがとう』『これからも描くからね』って言いたかったのです」

印刷と原画の違い

「私の原画を見ていただければ、私の思いがわかっていただけるのではないかと思うのです。印刷とはちょっと違いますでしょ? でも、絵本のために絵を描いているので、印刷した絵だって本物なの」

独自の技法

「大根を薄く薄く切っていたとき、『和紙っていいんじゃない』って思いついたの。で、白い和紙に色を落として、ちぎって。技法を知りたい人にはよくわかるように、照明も明るくして見せています。でもね、技法どうこうではなく、ただ見てほしいです」

大人に見て感じてほしい

「子どもではなく、大人に感じてほしい。大人も子どもも人間なの。大人になってもう一度読んで、『こういうことだったんだ』と改めて感じてほしい。私は、子どもと大人を分けてないの。絵本の展覧会というよりも、原画の展覧会として、大人に楽しんでほしいと思うの」

6月11日(日)までやっています!

「ねこの絵本」(19841年・ボローニア国際児童図書展...

「ねこの絵本」(19841年・ボローニア国際児童図書展エルバ賞)

「絵本は、絵がしゃべるもの。ひとりでも多くの人にみていだたきたい」と締めくくったいもとさん。いもとさんの思いが詰まったオリジナルの原画を感じに、ぜひ上野の森美術館に足を運んでみてください。
 (52697)

絵本原画展 いもとようこの世界
会場:上野の森美術館
会期:2017年5月19日(金) 〜 6月11日(日)
開館時間:10:00〜17:00 *最終入場閉館30分前まで
入場料:一般・大学・高校生1,000円、中・小学生600円、未就学児無料
    (当日券はかわいいクリアチケットです)

いもとようこプロフィール
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒業。独自の貼り絵技法で絵本を創作。ボローニャ国際児童図書展で「ねこの絵本」(講談社)と「そばのはなさいたひ」(佼成出版)でエルバ賞を受賞、「いもとようこ うたの絵本」(講談社)でグラフィック賞を3年連続受賞。「いないいないばぁっ!」(NHK教育テレビ)は、10年間放映。「あかちゃんのためのえほん」(講談社)は、累計で400万部を突破。

© いもとようこ
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

人気絵本作家5人が集結、『MOE』創刊40周年記念原画展がGWに松屋銀座で開催

人気絵本作家5人が集結、『MOE』創刊40周年記念原画展がGWに松屋銀座で開催

印象的なキャラクター、鮮やかな色彩、独創的なストーリー――多くの子どもたちを夢中にさせてきた人気絵本作家、島田ゆか、酒井駒子、ヒグチユウコ、ヨシタケシンス...
魅力的な本がいっぱい!国立国会図書館国際子ども図書館①

魅力的な本がいっぱい!国立国会図書館国際子ども図書館①

国内刊行の児童書が多数集まる専門図書館が東京・上野にあるのをご存じですか。絵本や物語はもちろん、科学や社会を学べる知識の本、世界各国の絵本や読み物など、近...
観てさわって楽しもう!おもちゃ+アートの展示『ARTOY展』

観てさわって楽しもう!おもちゃ+アートの展示『ARTOY展』

美術の展覧会は目で観るだけの展示が多いですが、「ARTOY展」は観るだけではなく、展示物に実際にさわって遊べるアートのお祭りです!2017年のテーマは『響...
この夏は絵本イベントへ!2018年首都圏開催イベント『絵本はお友だち』Vol.01

この夏は絵本イベントへ!2018年首都圏開催イベント『絵本はお友だち』Vol.01

ママ絵本作家のほんえすんです。ママ・パパにとって子育てが楽しくなる絵本情報を連載『絵本はお友だち』としてお届けしていきます。第1回目はこの夏に開催されてい...
『かこさとしのひみつ展』7月より開催。代表作絵本の場面から共感体験を

『かこさとしのひみつ展』7月より開催。代表作絵本の場面から共感体験を

「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』などで知られる絵本作家・かこさとしさんの展覧会『かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこう-』が2...

WRITER

M.moropetti M.moropetti  エディター&ライター。出版社にて、IT雑誌、女性誌、実用誌、書籍を編集。現在はフリーで、雑誌・書籍の編集&原稿執筆、WEB原稿執筆と、姉弟の子育てをやっています@渋谷区。