2016年08月15日 公開

家族みんなで楽しもう!おうちで作る「夏祭り」

小さなお子さまにとって、たくさんの人が集まる夏祭りは刺激的でとても印象に残るイベントですね。保育園や幼稚園で体験しているお子様も多いのではないでしょうか。楽しい夏祭りをおうちでも再現してみてはどうでしょうか。パパママと何日もかけて準備して、おうちでの夏祭りを満足するまで楽しみましょう!

小さなお子さまにとって、たくさんの人が集まる夏祭りは刺激的でとても印象に残るイベントですね。保育園や幼稚園で体験しているお子様も多いのではないでしょうか。楽しい夏祭りをおうちでも再現してみてはどうでしょうか。パパママと何日もかけて準備して、おうちでの夏祭りを満足するまで楽しみましょう!

うちわを作って今年の夏祭りをはじめましょう

うちわ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (16478)

夏祭りの最初の準備として、オリジナルうちわを作ってはいかがでしょうか。
うちわの骨とうちわに貼る無地のシートが一緒になった手作りキットを使えば、簡単にできあがります。また、家にあるうちわに貼ってある紙をはがして、リメイクして作ることもできます。

作り方は簡単!うちわの骨に、貼りつけたい紙をのりで貼るだけです。お子さまの好きなキャラクターやお子さまに書いてもらった絵を貼り付けるだけで、オリジナルのうちわができあがります。
また、白い紙に切った折り紙を貼り付けるのもおすすめです。青色を使うと涼しげなデザインのうちわになりますよ!

自分で作るうちわ作りは、お子さまにとって楽しい時間となるはずです。夏祭りが待ち遠しくなるのではないでしょうか。

家族で金魚すくい!誰がたくさんすくえるかな?

 (16481)

金魚すくいは大人でも難しい遊びです。幼いときに夏祭りで金魚が上手にすくえず、悔しい思いをしたパパママもいるのではないでしょうか。

この夏はお子さまと一緒に懐かしい金魚すくいにチャレンジしませんか。金魚すくいキットが市販されていますが、網を手作りしたり、お子さまの発達に合わせて小さな器ですくったりすることもできます。

金魚はプラスチック製のものや木製のおもちゃ、ペットボトルの蓋をカラフルなセロファンで包んだものなど、お子さまのすくいやすさを考えて用意しましょう。

すくった金魚の数を数えたり、金魚の色別に点数を決めて足し算をしたりすれば、算数のお勉強にもなりますね。

小さなお口にちょうどよいチョコバナナはいかが?

無料の写真: チョコ バナナ, バナナの部分, 串, チョコレート, ブランド - Pixabayの無料画像 - 670338 (16484)

夏祭りでよく見かける「チョコバナナ」、すごく魅力的ですよね!でも、小さなお子さまに一本は大きすぎて、せがまれても買うのに躊躇した経験はありませんか。おうちでお子さまと一緒に小さな「チョコバナナ」を作ってみてはいかがでしょうか。

作り方は簡単です。用意するものは市販のチョコレートとバナナとトッピングで、チョコレートは細かく刻んで50~55℃で湯せんをして溶かします。
適当な大きさに切ったバナナに持ち手をつけて、チョコレートをたっぷりぬり、トッピングをつけましょう。その後、30分冷蔵庫で冷やします。
作って楽しい、食べておいしい屋台のおやつのできあがりです。

大好きな具が入ったお好み焼きはみんな大好き!

お好み焼き|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (16487)

キャベツ嫌いなお子さまでもたっぷりとキャベツを食べてくれるお好み焼きは、ママの強い味方ですね。お子さまの大好きな具を入れれば、さらに喜んでくれるはずです。

手作りのお好み焼きのいいところは、食材にこだわるパパママが満足できるお好み焼きをお子さまに食べさせてあげられることです。

アツアツのお好み焼きを屋台風にお子さまに出してあげると、お腹いっぱいになるまで食べてくれるでしょう。

スタイルから入って「夏祭り」を楽しみましょう

 (16490)

せっかくの夏祭りなので、家族みんなで浴衣や甚平、鉢巻などで雰囲気を盛り上げてはいかがでしょうか。
浴衣や甚平を夏祭り前からお部屋にかけておくと、お子さまのテンションも日ごとに上がり、夏祭りを心待ちにしてくれるのではないでしょうか。

おうちの「夏祭り」で日本の夏を伝えましょう

日常生活で日本を強く意識する機会が減っています。夏祭りは日本の伝統的な行事ですが、今でも多くの人が楽しみにしています。小さなお子さまが楽しめる夏祭りをパパママが演出し、一緒に楽しみましょう!そうすることによって、お子さまに日本の夏を伝え、今年の夏の思い出として残してあげることができるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

KEYWORDS

WRITER

あやめ あやめ