2018年09月15日 公開

食事中のマナーに注意!子どもにありがちなマナー違反まとめ

毎日の食事は、お子さまにとっても大きな楽しみ。ただしマナーを守らないと、人に迷惑をかけてしまうこともあります。今回は子どもがしやすいマナー違反をご紹介。パパママは子どもの食事の様子を思い返しながら、注意してあげたいポイントを見つけてみましょう。

毎日の食事は、お子さまにとっても大きな楽しみ。ただしマナーを守らないと、人に迷惑をかけてしまうこともあります。今回は子どもがしやすいマナー違反をご紹介。パパママは子どもの食事の様子を思い返しながら、注意してあげたいポイントを見つけてみましょう。

食事中はトイレに行かない

トイレに行く|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (109424)

子どもは大人に比べてトイレに行く回数が多いもの。食事の前に行っておかないと、途中で行きたくなってしまうかもしれません。食事中にはなるべくトイレに行かなくていいよう、あらかじめ行っておきましょう。

またトイレに行ったあとはもちろん、食事前にはしっかりと手を洗って清潔にすること。食べ終わるまでキレイな手でいるために、食事中に顔や頭など触らないよう伝えてあげてください。

口にものを入れたままおしゃべりしない

お味噌汁を食べる女の子3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (109428)

みんなで楽しく食事をしていると、ついついおしゃべりに夢中になってしまうことがあります。もちろん楽しくおしゃべりすることは悪いことではありません。しかし、口に食べ物が入った状態でのお話はやめましょう。

口の中のものが相手に見えてしまうのは良くないですし、食べ物が口から飛んでしまうこともあります。せき込んで喉に詰まってしまうことにもなりかねません。自分はもちろん、相手の口に食べ物が入っているときも話しかけるのは控えるのがベターです。

食べるときの姿勢に気をつける

肘をついてお茶を飲む女の子|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (109425)

食事をするときは背筋をピンと伸ばして姿勢よく座りましょう。イスも適度にひいてテーブルとおなかが離れすぎないように調節します。このとき足が床に届かないようであれば、踏み台などを置いてあげてください。

ついやってしまいがちですが、肘をついて食べるのはマナー違反です。それと同様に、片手が机の下にあるのもいけません。箸を持たない手は食器をささえるために使いましょう。

モグモグするときは口を閉じて

母と子 食事15|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (109426)

食べるときは「20回よく噛んでから飲み込む」と言うのはよく聞くかもしれません。それに加えて大切なのが、噛むときは口を閉じてモグモグすることです。

口を開けて噛むと「クチャクチャ」と音がなってしまうほか、口の中が相手に見えてしまいます。またお味噌汁やお茶などを飲むときも、なるべく音をたてないように飲みましょう。

たとえ音を立ててしまっても子どもは無意識なので、叱りつけるようなことはしないこと。音を立てるのはいけないことだと認識させたうえで、「パパママの食べ方をまねっこしてみて」と練習してみてください。上手に食べられたら、たくさんほめてあげましょう。

食事マナーを守って楽しく食べよう

食事をする家族5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (109427)

私たちにとって食事とは、単に栄養を補給するだけではありません。食事を通じて人とのコミュニケーションを楽しむことも多くあります。

そんなときに大切になってくるのが食事マナーです。子どもは食事マナーについて深く考えていない以前に、正しい知識を得られていないのかもしれません。まずは大人が一つひとつ教えてあげましょう。マナーを守って食べられると、保育園や幼稚園などの集団生活においても安心できます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

SATIMOMOKA SATIMOMOKA