2019年3月14日 公開

巧緻性&思考力UP!折り紙で作る【六角セブンパズル】で遊ぼう

「六角セブンパズル」というパズル遊びをご存知ですか?他のパズルに比べて、あまり知られていませんが、シンプルな作りなのに、これがなかなか手強くて楽しいんです!大人も子どもも夢中になる、「六角セブンパズル」を手作りしてみましょう。

六角セブンパズルって何?どうやって遊ぶの?

via photo by author

六角セブンパズルは、その名の通り「六角形のカードを7枚」使って遊ぶパズルです。各カードには、6種類の印(色など)がついています。

基本のルールは、同じ印(色)をすべて隣り合わせて花のような形ができたら勝ち!というシンプルなもの。

しかし、なんと279936通りの組み合わせがあるなかで、1通りのみが正解!残りは、どこかの印が隣り合わず不正解という、なんとも奥深い平面パズルなのです!

折り紙で「六角セブンパズル」を作ろう!

【材料】

・同じ色の折り紙 7枚
・デコレーション用のシール 6種類を各7枚ずつ(シール以外に、6色のクレヨンやペンで印をつけても可)

※なくても大丈夫ですが、のりがあれば、ご用意ください。

【六角形の折り方】


今回の六角セブンパズルは、白い折り紙を7枚使って作りますが、折り方の説明のみ青色の折り紙で行います(白だと表裏が見にくいため)。

via photo by author

折り紙を用意します。

via photo by author

まず、裏返します。

via photo by author

折り紙を半分に折ります。

via photo by author

折り紙を開いて、折りすじの上から約2cmくらいのところに印をつけます。

via photo by author

左下の角を先ほど印をつけたところまで持っていきます。
右下は写真のようにきれいな角になるように折ります。

via photo by author

右下の角を、真ん中の折すじにつけた印のところまで折り上げます。

via photo by author

右側の縦のラインを、真ん中の折すじに合わせるように持ってきて折ります。

via photo by author

右上の角を、六角形を作っている中心に来るように折り下げ、上の写真のようにします。

via photo by author

折り紙を回転させて、先ほど折った面を底辺にして置きます。

続けて、右側を折り上げて、下の写真のように六角形の3辺目を作ります。

via photo by author

次に、右上の角を六角形の中心に持ってくるように折り下げます。

via photo by author

六角形の形ができあがりました!

via photo by author

一カ所、小さく飛び出ている部分があるので、下の写真のように、左の折り紙の中に折り込みます。

via photo by author

もし、この部分が難しければ、飛び出した部分はハサミで切ってしまってもOKです。

via photo by author

折り紙が浮いている部分があれば、のりで貼って、なるべく六角形が平たくなるようにします。

via photo by author

裏返したら、完成です!

折り方は青い折り紙でご説明しましたが、この工程を真似して、白い折り紙で六角形を7枚作ってください。

via photo by author

六角形が7枚できあがったら、このような花の形になります。

パズル用の印をつける(デコレーション)

via photo by author

続いて、折り紙をパズルにするための印つけ(デコレーション)をしていきます。お好きなシールやペンなどを使ってください。

今回の例では、写真の右にある虹色のシールから6色7枚ずつを使用しました。

via photo by author

まず1色目。黄色いシールを使ってみます。黄色の丸がついたところに、1色目のシールを貼ってください(計7枚)。

via photo by author

そして、2色目。青の丸がついたところに、2色目のシールを貼ってください(計7枚)。

via photo by author

3色目。オレンジの丸がついたところに、3色目のシールを貼ってください(計7枚)。

via photo by author

4色目。緑の丸がついたところに、4色目のシールを貼ってください(計7枚)。

via photo by author

5色目。赤の丸がついたところに、5色目のシールを貼ってください(計7枚)。

via photo by author

6色目。紫の丸がついたところに、6色目のシールを貼ってください(計7枚)。

via photo by author

6色の印をすべてつけたら、六角セブンパズルの完成です!

今回はシールを使いましたが、ペンやクレヨンなどでマークを描いたり、ひらがなや漢字などの文字を6種類書いて作るのもユニークかもしれませんね(遊びながら何度も見るうちに、文字を覚えるかもしれませんよ!)

作った六角セブンパズルの遊び方

via photo by author

作った六角セブンパズルで遊んでみましょう。まずは、すべての六角形をシャッフルします。

via photo by author

必ず同じ印(色)が隣り合うように、六角形をつなげます。まずは、2つ。

via photo by author

次に、印(色)を考えながら、3つ目の六角形をつなげます。これを繰り返して、全体的が花の形になるように、そして全ての隣り合う印(色)が同じものになれば勝ち!です。

意外と難しいパズルなので、六角形をつなげるごとに、合わないところが出てくることも……。そのときは諦めずに、再度トライしてみてくださいね。

幼いお子さまだと、7枚すべては難しい場合もあるかもしれません。最初は同じ印が隣り合うというルールを覚えるため&色・形に親しむために、3~4枚だけで遊ぶのも楽しいですよ。

簡単に作れて、どこでも遊べる魅力

via photo by author

このパズルの良いところは、正方形の紙とシールやペンなどがあれば、どこでも作って遊べること!

レストランの待ち時間などに作って、家族や友だちと対戦したり、かさばらないので、予め作ったものをポケットに入れておけば、乗り物の中でも遊ぶことができます。

ぜひ、お子さまと一緒に、折り紙・六角セブンパズルを楽しんでみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

手作りのパターンボードで図形学習!遊び方と作り方のコツを紹介

手作りのパターンボードで図形学習!遊び方と作り方のコツを紹介

パターンボードは、ボード上のピンに輪ゴムを引っ掛けて、三角形や四角形などを作っていく知育おもちゃです。幼児でも気軽に遊べるので、図形学習の第一歩にぴったり...
簡単!小麦粉粘土の作り方:子どもと一緒に手作りしよう

簡単!小麦粉粘土の作り方:子どもと一緒に手作りしよう

安心安全の小麦粉粘土を子どもと一緒に手作りすれば、作る過程から楽しめます。粘土遊びはしたいけど、子どもが口に入れてしまいそうで心配!という方に特にオススメ...
【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

七夕は、はじめての折り紙遊びには良い機会です。健やかな成長を願う気持ちを込めて、1~2歳の小さなお子さんでもできる折り紙をご家庭で楽しんでみませんか?三角...
2歳頃から自分で作って遊べる「牛乳パックパズル」

2歳頃から自分で作って遊べる「牛乳パックパズル」

牛乳パックで簡単に作れて楽しく遊べるパズルを作ってみませんか?お子さまの集中力や想像力を鍛えるのに役立つ知育玩具「パズル」。今回は、お子さま自身が描いた絵...
かわいいバラを折り紙で作ろう【簡単に折れる立体的なバラの花】

かわいいバラを折り紙で作ろう【簡単に折れる立体的なバラの花】

華やかな美しさから「花の女王」とも呼ばれるバラ。そんな気品あふれるバラを、立体的な折り紙で作ってみませんか。折り紙で作るバラには難しい作品も多くありますが...

WRITER

いしこがわ理恵 いしこがわ理恵  在英11年目ハンドメイド好きの2児の母。武蔵野美術大学卒業。現在は教育に携わる仕事の他に、日本にルーツのある子どもたちを対象とした日本語子ども会活動・児童文庫活動も行っています。興味の範囲が幅広いので、常にいろいろな方向にアンテナをはりつつ情報収集が日課です。ハッピー子育てに役立つ情報をみなさまにお届けできれば嬉しいです。