2018年12月18日 公開

イヤーマフの作り方!冬コーデのポイントに「ファーイヤーマフ」

冷たい空気から耳を守り、保温してくれるイヤーマフ。冬の通園・通学に欠かせない防寒アイテムです。こちらでは保温性・オシャレ度ともに高いファーイヤーマフの作り方をご紹介。身近な材料で簡単に作ることができますが、安っぽくは見えないところがポイントです。

肌触りが良く暖かいファーイヤーマフ

Photo by author (123904)

via Photo by author
体温調節機能が未発達な子どもにとって、冬の冷気は体温を奪い、体調を崩すきっかけにもなります。しっかり防寒して、体温をキープしてあげましょう。

このとき保温性の高いインナー・アウターで体はしっかり防寒できても、顔は丸出しになってしまいます。顔に感じる冷気を和らげて、体感温度を上げるなら耳を暖めるのが効果的。体の末端である耳は冷えやすく、冷えることで頭痛の原因になる場合もあります。イヤーマフで冷気を遮断することで、かなり暖かく感じるはずです。

今回ご紹介するのは、毛足の長いファー素材を使ったイヤーマフの作り方。フワフワでボリューミーな見た目がかわいいことはもちろん、暖かい空気をたくさん抱え込むので保温性も抜群です。柔らかで肌触りが良いため、小さな子どもでも着けやすいでしょう。

材料

Photo by author (123865)

via Photo by author
・ファー生地(画像の生地は50cm×55cmのはぎれ)
・綿(ぬいぐるみなどに詰める用)
・シンプルなカチューシャ(子どものサイズにあったもの)
・メジャー
・はさみ
・糸
・針
・待ち針
・チャコペンシル

作り方

Photo by author (123866)

via Photo by author
まずはファー生地をパーツごとに裁断しておきます。カチューシャ部を覆う布・耳あて部分の生地分量を確認しましょう。

1.カチューシャの長さ・幅をメジャーで測ります。「長さ+5cm」「幅(最大部分)×2+2cm」の数値を出してください。このカチューシャの場合、長さ45cm・幅10cmの長方形の生地が必要でした。

2.子どもの耳に合わせて耳あて部分の大きさを決めます。今回は直径12cmの耳あてにしたいので、縫い代を含めて、直径15cmほどの円状の生地が必要ということです。
Photo by author (123867)

via Photo by author
3.チャコペンシルで縦10cm×横45cmの長方形1個、直径15cmの円4個を生地の「裏側」に描きます。

4.はさみを生地と垂直になるように動かし、裁断していきましょう。
Photo by author (123868)

via Photo by author
5.長方形の布を画像のように半分に中表(表地が裏にくるように)で折り曲げ、待ち針で留めます。

6.2cmの縫いしろをとって、短い1辺を残してL字型に波縫いをしましょう。細長い袋状になるはずです。

なみ縫い

手芸の基礎「なみ縫い」を動画で確認できます。
Photo by author (123869)

via Photo by author
7.指または菜箸等を使って生地を裏返していきます。
Photo by author (123870)

via Photo by author
8.裏返した状態です。ファー表地が外側に出ています。生地を整えて真っ直ぐにしましょう。
Photo by author (123871)

via Photo by author
9.カチューシャに生地を通していきます。
Photo by author (123872)

via Photo by author
10.生地を通したら、両脇をカチューシャの長さに合わせて内側に折り込み、波縫いします。
Photo by author (123874)

via Photo by author
11.耳あて部分のパーツ2個を中表にして重ね、チャコペンシルで直径12cmの円を描きましょう。

12.チャコペンシルで描いた線に沿って、波縫いします。ずれやすいようなら、待ち針で留めてみてください。周径が残り約3cmのところで玉留めします。
Photo by author (123876)

via Photo by author
13.縫っていないところから生地を裏返しにします。
Photo by author (123877)

via Photo by author
14.綿を適量入れましょう。詰めすぎても固くなってしまうので、触り心地を確かめながら入れていきます。
Photo by author (123878)

via Photo by author
15.カチューシャを差し込み、耳あての縫っていない部分を内側に折り曲げながら、かがり縫いをしてください。

かがり縫い

かがり縫いを動画で確認しましょう。
Photo by author (123880)

via Photo by author
16.もう片方も同じようにカチューシャを差し込みます。耳あての縫っていない部分を内側に折り曲げながら、かがり縫いで留めましょう。
17.耳あての向き、綿のボリュームを手で整えたら完成です。
Photo by author (123903)

via Photo by author
Photo by author (123906)

via Photo by author
全体がファーなので、かわいさもありつつリッチで大人っぽい雰囲気です。ボリューム感が子どもの小さな顔をより一層キュートに引き立てます。黒いファーで大人っぽく、茶色のファーでカジュアルに、パステルカラーのファーでポップに……。ファーの色を変えると印象が全く変わります。色違いで作っても、コーディネートの幅が広がって楽しそうです。

手作りイヤーマフのキットもある

裁縫道具 - No: 1876896|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (124395)

こちらではカチューシャから手作りをしましたが、カチューシャ部分と耳あてパーツがセットになった「イヤーマフ手作りキット」も販売されています。300円前後で購入できるため、「しっかりとした作りにしたい」という方は手芸屋さんもしくはネットで捜してみるのも一案でしょう。

ただし、耳あてとカチューシャが別パーツになったものは、完成後に外れてしまうこともあるようです。耳あて部分に生地を取り付ける前に、カチューシャパーツとの接合部をグルーガンなどでしっかり接着しておくのがベター。綿を詰めてしまえば、パーツが当たって耳が痛くなるようなことはありません。

イヤーマフ作りを子どもと一緒に楽しもう

まずはお子さまと一緒に、生地選びをしてみましょう。「自分で選んだ生地」は、それだけで作業のモチベーションが上がります。できあがったイヤーマフにも愛着がわきやすいでしょう。

ほかにもカチューシャの寸法を測る、生地を裁断、中表の生地の裏返し、チャコペンシルで印を描くなど、子どもができそうな作業工程は任せてみてください。短い時間でもパパママと一緒にもの作りを楽しむことで、集中力・自己肯定感・責任感などが育ちます。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

甘酒は子どもや妊婦さんでも飲める?甘酒の種類と栄養価

甘酒は子どもや妊婦さんでも飲める?甘酒の種類と栄養価

最近話題の甘酒に、どんなイメージをお持ちですか?「健康にいいらしい」と聞いたことはあっても、詳しくは知らない方が多いかもしれません。「酒」ということは、子...
節分に使う「鬼のお面」の作り方│幼児も簡単にできるお面作り

節分に使う「鬼のお面」の作り方│幼児も簡単にできるお面作り

節分にかかせない、鬼のお面。子どもに手作りさせたいけれど、怪我の心配・後片付けを考えると躊躇してしまうかもしれません。そんなときは簡単・安全にできる作り方...
寒い冬、虫たちが身を隠すのは…?見つけ方や種類を紹介

寒い冬、虫たちが身を隠すのは…?見つけ方や種類を紹介

冬が近づくと、虫たちはだんだんと姿を消し、見かけなくなっていきます。しかし、虫たちは死んでしまったのではなく、どこかで寒さをしのぎつつ冬を越しているのです...
霜柱探しに出かけよう!寒い季節に霜柱ができる仕組みとは?

霜柱探しに出かけよう!寒い季節に霜柱ができる仕組みとは?

寒い朝の風物詩ともいえる霜柱。どのような仕組みでできるのかご存知でしょうか?霜柱ができる仕組みや、発生する条件をご紹介します。子どもと一緒にできる冬の外遊...
バチッと痛い静電気はどうして起きる?原因と対策を知ろう

バチッと痛い静電気はどうして起きる?原因と対策を知ろう

冬に子どもと手をつなごうとして、バチッと静電気が起きたことはありませんか?寒い季節になると起きやすくなる静電気。なぜ発生するのでしょうか?その原因と嫌な「...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。