2019年03月18日 公開

「全国学力テスト」で常に上位の秋田県!その秘密は授業にあり

「全国学力・学習状況調査」という言葉をご存知ですか?これは小6・中3の児童を対象に全国で一斉に行われる学力テストのこと。同学力テストで秋田県は、10年連続トップという輝かしい記録を残しています。そんな秋田県の授業には、どのような工夫があるのでしょうか。

「全国学力・学習状況調査」という言葉をご存知ですか?これは小6・中3の児童を対象に全国で一斉に行われる学力テストのこと。同学力テストで秋田県は、10年連続トップという輝かしい記録を残しています。そんな秋田県の授業には、どのような工夫があるのでしょうか。

そもそも「全国学力・学習状況調査」って?

 (131757)

「全国学力・学習状況調査」とは、文部科学省が平成19年度から実施している、全国の小中学校に通う子供たちの学力状況を把握するための一斉学力テスト。一般的には「全国学力テスト」という呼び名で呼ばれています。

このテストは全国の小学6年生と中学3年生全員を対象として行われており、教科は国語と算数(数学)です。平成24・27・30年度の調査では、理科も追加されました。学力判定だけでなく、生活習慣や学校環境に関する質問紙調査も同時に行われます。

調査結果は国全体や各都道府県、自治体別で公表され、学力調査という面だけでなく、教育施策の成果と課題の検証、改善に役立てられてきました。いわば教育機関の成績表のような役割も果たしていると言えるでしょう。

参照:文部科学省 全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/

全国学力テスト開始から10年間、常にトップの秋田県

学校の校舎 - No: 1323170|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (131770)

全国学力テストでは毎年、県別のランキング表がメディアをにぎわせます。驚くべきは秋田県の順位で、全国学力テスト開始以来、平成11年度の未実施を除いた10年間、常にトップをキープしているのです。回答の平均正答率が全科目で全国平均を上回るほか、全科目トップ3に入る成績をおさめています。

秋田県の成績がメディアや教育関係者から注目を集めているのは、正答率の高さだけではありません。秋田県は「問題に対する無解答率がきわめて低い」という結果が出ています。答えが間違っているかもしれないと感じる場合でも、積極的に回答していける発信力があるとわかるでしょう。

秋田県の授業内容とは

挙手する子どもたち12 - No: 82942|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (131769)

秋田県が毎年、全国学力テストで驚くべき結果をキープし続けているのには理由があります。秋田県の授業スタイルは、教師が一方的に生徒に答えを解説するのではありません。小学校の段階から生徒同士で話し合い、結論を引き出すという授業に重きを置いています。

生徒の発言が正しいとされる回答ではなかった場合でも、教師は徹底してフォロー。どのようにしたら正解に近づくのかを一緒に考えていきます。最近になって「アクティブラーニング」の取り入れが教育現場で行われるようになってきていますが、まさしく秋田県の授業スタイルはこの模範でしょう。

少人数制もポイント?

【学校】教室のイメージ・黒板消し - No: 1682916|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (131771)

秋田県は県の教育に対する取り組みとして、少人数学習を取り入れていることも大きなポイント。小学校1~3年生や中学校1年生は、基本的な生活習慣や安定した学校生活を確保することに重きを置くために、30人程度の学級編成です。

しかし学習内容が複雑になってくる小学校4~6年生および中学2~3年生は、基礎学力の定着と向上のため、20人程度に生徒数を減らす取り組みを行っています。

積極的な発言の機会が子どもの学習心を向上させる

教育イメージ―花丸 - No: 495599|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (131772)

秋田県に関する調査結果から、教師と生徒の積極的な関わり合いのある授業、間違ってもそれを「恥ずかしい」としない教育現場の雰囲気が、子どもの学習への意欲を伸ばすのではないかと考えられています。アクティブラーニングが取り入れられ始めている今、学力の向上が結果として現れるのか注目したいところです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

No Image

【春の二十四節気】「穀雨(こくう)」はたくさんの穀物を潤す...

春の二十四節気の最後は「穀雨(こくう)」です。雑節「八十八夜」もあり、米農家にとっては大切な時期です。田植...
読書

【小2体験談】ヨンデミーオンラインで本当に読書嫌いが本好き...

読書が苦手で音読嫌いな息子を本好きにしてくれたのはヨンデミーオンライン。受講した体験談やサービス概要につい...
探究学舎グローバルライアン先生

探究学舎グローバルに直撃取材!『英語×探究』で本物の国際教...

探究学舎がコロナ禍にスタートした英語版オンライン授業。その開発に秘められた想いとは。今回は、小1の息子が現...

なぜ民間学童が人気なの?公立学童との違いと選ぶポイントを解...

なぜ、民間学童が人気なのでしょうか?人気のひとつは、放課後の時間を習い事の時間にできるから!この記事ではそ...
あやとりをする子どもの手

あやとりは手軽な知育遊び!効果や意外な歴史、始め方を紹介

「あやとり」はさまざまな知育効果が期待できる遊びです。その効果と意外な歴史を解説します。始めるのに適した年...

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ 奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー