2016年11月10日 公開

《潜入レポート》パリで大人気のファミリー・コンセプト・ストア♪

ヨーロッパ全域でパパママに大人気のECサイト、Smallable(スモーラブル)。そのスモーラブルがパリ6区にオープンしたコンセプト・ストアは、2015年のオープン以来パリのママ・パパやキッズたちを夢中にしています。パリ子連れ旅行では絶対訪れたい!そんな大人気スポットに潜入しました。

ヨーロッパ全域でパパママに大人気のECサイト、Smallable(スモーラブル)。そのスモーラブルがパリ6区にオープンしたコンセプト・ストアは、2015年のオープン以来パリのママ・パパやキッズたちを夢中にしています。パリ子連れ旅行では絶対訪れたい!そんな大人気スポットに潜入しました。

もともとはママたちに大人気のECサイト?

 (27115)

最近パリのママたちの間で噂のお店、それが「スモーラブル」。家族みんなでショッピングができる、「ファミリー・コンセプト・ストア」という新しいスタイルを提案しています。

実はお店、もともとは8年前からあるECサイトだったのです。バイヤーたちが吟味した子ども用の洋服やアクセサリーのセレクションがかわいすぎる♪と、たちまち話題になり、その人気はヨーロッパ全域に広がりました。
待ちに待たれる中、とうとう2015年、創設者のセシル・ロデレール(Cécile Roederer)は、パリに初のフラッグ・ショップをオープンすることにしました。店内には洋服やアクセサリーだけでなく、ベビー・キッズ用家具やDIYグッズなどがあるそうです。なんと600以上のブランドをセレクトしているこのセレクト・ショップに、さっそく潜入取材に出かけました!

デパートやおしゃれ路面店が多い通りで立地抜群!

サンジェルマン・デ・プレとモンパルナスの間という抜群の立地にあるスモーラブル。有名百貨店ボン・マルシェや人気クリエーター・ブランドの路面店も多い地区なので、他のお店でショッピングしながら立ち寄ることができます。

まずはうっかりすると通り過ぎてしまいそうな入口に入ります。

SMALLable(@SMALLable)さん | Twitter (27891)

最初に目に入るのは、ベビーカーのコレクション。
パリの道は石畳なので、安定感のあるモデルが人気だそうです。

おしゃれなベビー・キッズ用品が何でも揃う!

Concept store : Smallable, 81 rue du cherche midi 75006 Paris (27329)

天井がガラス張りになっているロフト風の店内には、ベビー・キッズ用品が所狭しと並んでいます。インテリア用品に始まり、お洋服から玩具、スキンケア用品までありました!
Photo by author (27333)

via Photo by author
お洋服コーナーにはベビー服から12歳くらいまでの男の子・女の子用と、ママも一緒に楽しめる大人用のコーナーが並んでいます。お子さまと一緒にお洋服選びができるのは嬉しいですよね!

ベビー・キッズの家具がおしゃれすぎる♪

Photo by author (27334)

via Photo by author
家具の品数も豊富です。机や本棚、クローゼットも木製のかわいいものばかり!
こんな子ども部屋にできたらいいですね♪
Photo by author (27332)

via Photo by author
この二段ベッドなら、ついつい生活感が出てしまう子ども部屋のインテリアをワンランク上のものにできそうですね!

【営業時間】
月曜日 午後2:00〜午後7:30
火曜日から土曜日 午前10:30〜午後7:30

【定休日】
日曜日

【所在地】
81, RUE DU CHERCHE MIDI – 75006 PARIS

【アクセス】
メトロ10番線 Vaneau駅から徒歩5分

パリのおしゃれコンセプト・ストアの商品をご自宅へ!

Smallable by Label Experience (27184)

パリで大人気のファミリー・コンセプト・ストア、「スモーラブル」。いかがでしたか?

潜入取材をした結果、もちろん店舗にもたくさん商品はありますが、ECサイトの方が品数が圧倒的に多いな、と感じました。自分がショッピングをするならネットの方が便利かな?と思います。

そして日本にお住まいのみなさまは何と、パリのお店まで行かなくても、日本からもECサイトで注文できるのです!さすがもともとECサイト、配達してくれる国も幅広いようです。サイトをみるだけでもうきうきするので、ぜひご覧になってください。日本ではまだ手に入らないブランドも数多く取り扱っています。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

KAORI KAORI