2017年4月7日 公開

絵本から溢れ出す眩しさとエネルギーが魅力「オレときいろ」

色彩豊かに大胆な筆使いで描かれる絵と独特な文章で、子どもも大人も魅了する絵本作家のミロコマチコさん。今回は、眩しく光る黄色いモノたちと青いネコとの物語「オレときいろ」についてインタビュー。絵本で表現したかったことや、絵本の持つ世界観などを紹介します。

青いネコと黄色いモノたちのストーリー

オレときいろ | ミロコ マチコ |本 | 通販 | Amazon (45476)

タイトル:オレときいろ
著者名:ミロコマチコ
出版社:WAVE出版

「オレときいろ」。オレとは、表紙にも出てくる青いネコのこと。

真っ黒な木の枝の上に、青いネコが腰かけているシーンから始まるこの絵本。枝の先に、小さく光る、丸い“きいろ”をネコが見つけ、それを追いかけていくことで物語が展開していきます。

黄色は、昆虫だったり、暖かな陽射しだったり、土の中から発散される生き物の力だったり、突然吹き荒れる強い風だったり。青いネコはいろんな黄色に出会い、そのたびにムキになって追いかけまわしたり戦いを挑んだり。黄色に翻弄されながらも、最後は、ネコと黄色いモノたちは穏やかに共存します。

なんだか不思議な絵本ですよね。

黄色の正体は……

photo by Chiik!編集部 (45503)

via photo by Chiik!編集部
この黄色の正体は、実は「春の訪れ」だったのです。

「暗く寒いモノクロの世界だった冬から、虫たちが騒ぎ出し、草花が芽吹く季節の移り変わりを、“きいろ”を使って表現しました」とミロコさん。きっかけはいつものベランダにいるいつものネコがふと見せた動きなのだそう。

「3月ごろ、子虫に驚き、風に驚くネコの様子がおもしろくて、春になりかけているこの時期、世界が変わるこの瞬間を、絵本で描くとどうなるだろうとふと思ったのです」
photo by Chiik!編集部 (45499)

ミロコさんのアトリエの風景。窓際に佇むのはミロコさんと暮らしているボウちゃん。
via photo by Chiik!編集部
春の始まりを知らせる風や小さな生き物などをどう表現するかを考えたとき、それらが持つ強いエネルギーや眩しさに気付いたというミロコさん。実際に目に見える色形ではなく、まるで春のオーラを表すかのように、眩しく光り輝く様子をさまざまな黄色を用いて表現しています。見開きいっぱいに描かれた、光が降り注ぐ様子や、風が吹き抜ける様子、そして花開く様子。

青いネコが、自分が知らない間にやってきたいろんな“春の知らせ”に驚き戸惑い、格闘している様子は、無邪気な子どもの反応と通じるところがあります。大人になると、そうした季節の微妙な変化にも鈍感になってしまいますが、この本を読んで、春ってこんなにエネルギッシュな季節だったのか、と再認識することができます。

「オレ」のようにテンションがあがって騒ぎ出す子も!

photo by Chiik!編集部 (45502)

via photo by Chiik!編集部
「この本、読むと子どもがハイテンションになって騒ぐんです、という声をときどきいただきます」とミロコさん。確かに、筆者の娘も中に登場するネコのようにジタバタ動いたり大きな声を出したり、面白い反応を見せてくれました。躍動感ある黄色の描写に刺激を受けたようです。

「絵本なので実際に光らせることはできませんが、できるだけ眩しく、光らせたいと思い描きました」と話すように、ページをめくるたびに目に飛び込む黄色がものすごく眩しく、大人でも驚かされます。

読む人のイメージを膨らませるミロコさんの絵本の世界

photo by Chiik!編集部 (45501)

via photo by Chiik!編集部
「絵本で表現したいことはあるけれど、それを押し付けるのではなく、読む人みんなの想像にお任せできるようなものであればいいなと思っています」。

そう話す通り、ミロコさんが絵本の中に書く文章は、とてもシンプルにまとめられていて説明的なものがありません。これはなんだろうと思わせる絵とともに聞きなれない擬音が描かれていたりして、それを自分で、親子で考えて、自分たちだけの答えを見つけながら読んでいくという楽しみ方ができます。

そして、細かいところまで描写されているミロコさんの絵は、何度見ても飽きません。ストーリーを追う読み方ではなく、絵を眺めて、そこから感じることを親子で話し合ったり、発見したり、そんな風にも楽しめます。

「オレときいろ」では、黄色を使って生き物や自然のエネルギーがいきいきと、激しく、眩しく表現されていました。この絵を見て、話を読んでどう感じるか、お子さんと一緒にぜひ試してみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

話題の絵本作家流子育て「イライラしたら、親子で絵本の世界に逃げるんです」

話題の絵本作家流子育て「イライラしたら、親子で絵本の世界に逃げるんです」

「赤ちゃんが夢中になる絵本」として大人気の『お?かお!』の著者・ひらぎみつえさんインタビュー後編。5歳のお子さまを育てながら活動するひらぎみつえさんに、子...
子育てが楽しくなる!大人気しかけ絵本『お?かお!』著者インタビュー

子育てが楽しくなる!大人気しかけ絵本『お?かお!』著者インタビュー

「赤ちゃんが夢中になる絵本」として大人気の『お?かお!』の著者・ひらぎみつえさんに独占インタビュー!シリーズで大ヒット中の「動くしかけ絵本」はどんな風に生...
右から日本語×左から英語のDual絵本「すき!I like it!」

右から日本語×左から英語のDual絵本「すき!I like it!」

右から日本語、左から英語で楽しめるデュアル絵本『すき!I like it!』。子どもは自分が好きなものについて話すのが大好き、という特性に着目し、二言語に...
新・都立多摩図書館がすごい!③とっておきの読み聞かせ絵本4選

新・都立多摩図書館がすごい!③とっておきの読み聞かせ絵本4選

子どもの読書活動を推進する児童・青少年資料サービスを行っている都立多摩図書館の魅力を伝えるインタビューの最終回は、担当の浅沼さゆ子さんに、とっておきのおす...
新・都立多摩図書館がすごい!②あの人気絵本の挿絵が昔と違う!?

新・都立多摩図書館がすごい!②あの人気絵本の挿絵が昔と違う!?

今年1月にリニューアルオープンした都立多摩図書館。充実した「児童・青少年資料サービス」と、国内最大級の「東京マガジンバンク」に特化したこの図書館では、ほか...

KEYWORDS

WRITER

Akari Itoi Akari Itoi  出版社、料理企画会社を経て独立。ライター/webコンテンツディレクター/エディターとして活動中。得意ジャンルはグルメ/クッキング/子育て/幼児教育。東京在住。石川県出身。2児の母。調理師/JHBS講師/パンコーディネーター取得。