2016年06月06日 公開

小さい頃から「えいご耳」を育てる、ヤマハ英語教室

耳で聞いた音声を発話するのは、子どもなら誰でもが持っている能力です。そのメカニズムを最大限に生かして、英語を母語のように身につけさせてくれるのが「ヤマハ英語教室」です。「えいご耳」を育てるのは6歳まで!この時期を逃さず、親子で英語にチャレンジしませんか?

           

耳で聞いた音声を発話するのは、子どもなら誰でもが持っている能力です。そのメカニズムを最大限に生かして、英語を母語のように身につけさせてくれるのが「ヤマハ英語教室」です。「えいご耳」を育てるのは6歳まで!この時期を逃さず、親子で英語にチャレンジしませんか?

英語のある生活を当たり前にする

 (5457)

1歳児は「えいごでいっしょ」というコースで、先生やお友達と英語に触れながら楽しく時間を過ごせます。家に帰ってからも英語に触れる時間が長いほど、子どもたちは英語が大好きになります。

「えいごでいっしょ」では、家で学べる教材があるだけでなく、授業中に先生がパパママが自宅で使える子育ての英語表現を日本語でご紹介してくれます。積極的にお子さんに英語で話しかけることで、英語のある環境を作りましょう。

2歳児は英語のリズムを身につける天才!

 (5462)

2歳児は言葉をため込み、どんどん話し始める時期です。この音に敏感な時期に、英語の音やリズムのインプットとアウトプットを充実させましょう。

2歳児対象の「リズムポケット」というコースは、リズムをポケットにため込むように、英語特有のリズムを身につけることを目標としています。

3歳児だからこそ!気持ちを英語で表現できる?

 (5464)

感情が豊かになり、表現力も発達する3歳児には、繰り返しさまざまな英語体験を積み重ねて「将来の英語力」の基礎作りが必須です。

歌ったり、踊ったり、クラフトや英会話を楽しんだり、文字学習の準備を始めたりと、たくさんの刺激を与えるのが、3歳児対象の「ポップコーントーク」というコースです。

自分の気持ちを英語で表現できるようになると、さらに英語で遊びたくなるに違いありません。

英語って凄い!英語が話せる自分って凄い!

 (5467)

 (5468)

4,5歳の子どもたちは言葉の発達が著しく、絵本の読み聞かせなどで身につけた表現を、自分の言葉として使うようになります。

この特徴を最大限に生かしているのが4,5歳児対象の「トーキッズ」というコースです。先生や友だちとのやりとりを楽しむうちに、英語でもっと相手と関わり、話したいという気持ちになります。

そして、アルファベットの読み書きができるようになり、一年後には「英語劇」の発表もあります。

幼児期までの英語教育はプロの指導が大切です

子どもたちの能力の発達スピードには目を見張るものがあります。だからこそ、時期を逃さずに習い事をさせてあげたいですよね。

「ヤマハ英語教室」には30年のノウハウがあり、年齢ごとの発達に合わせた教材と教育方法で、子どもたちが無理なく英語を学べる環境が整っています。

ぜひ親子で英語を楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

あやめ あやめ