2020年12月07日 公開

英語で本を読める子どもに育てるたった一つの心がけとおすすめ書籍

日本語と同様に、英語を習得するのにも本をたくさん読むことはとても大切です。私自身が試行錯誤しながら読ませてきた英語の本の中でおすすめのものをご紹介します!連載【小1から英検チャレンジ】vol.32です。

日本語と同様に、英語を習得するのにも本をたくさん読むことはとても大切です。私自身が試行錯誤しながら読ませてきた英語の本の中でおすすめのものをご紹介します!連載【小1から英検チャレンジ】vol.32です。

子どもが言語を覚える過程

 (159914)

子どもが言葉を覚える過程を思い出してください。
絵本を通してたくさんの言葉を覚えていく様子を目の当たりにしませんでしたか?

日本語だけではなく英語も同様。たくさんの言葉をインプットさせることによって英語への抵抗感が減っていきます。絵本はもっとも効率的なインプットのツールとなります。
ただ、どんな本を読ませれば良いのか?

英語の本を読む習慣がまったくないママミーヤにとって図書館や書店に行ってもどうしたらいいのか立ち尽くしてしまうばかりでした。

英語の読書を定着させるために必要な「たった一つの心がけ」

 (159915)

子どもに英語の本を読ませたい!そう考える方にとって気をつけるべきことはたった一つです。それは「親の継続力」です。

小さい子どもは与えられたものはどんどん吸収していきます。言葉のバリエーションはたくさん本を読んだ子どもとそうでない子どもとでは大きな差が付きます。読書というのは最大の語学学習リソースとなるものです。

子どものうちから英語に親しませたいのであれば、物心が付く前に英語に触れることが当たり前になっているのが一番いいのですが、忙しいとついつい面倒になってしまいます。実際、私もそうでした。

なので、いろいろな方法を試行錯誤して少しでも楽に英語で読書する習慣を身に着けさせるため、失敗してもいいから1日少しずつでも実行すること、だけを目標にがんばりました。

絵本読みを楽にする方法

 (159916)

タブレットにキャラクターの絵本をいくつか入れてゲーム感覚で楽しんでもらったりと一人でも読める環境を作ることに注力しました。
色々と読んでみましたが、私自身が英語が苦手で発音にも自信がないのでCD付きの絵本をかけ流しながら一緒に絵本を読みました

CDで流れている音声部分の文字を指差したり、復唱したりしながら少しでも英語に親しめるようにしたつもりですが・・・極度の面倒くさがりの私にとっていちいちCDをセットするのも面倒でした。そこで、タブレットにCDの音源を取り込み、複数の音源をデジタルで管理してすぐに再生できるようにしました。

しかし!それすらも面倒になってしまい、英語絵本のアプリをダウンロード。キャラクターに触れると動いたりセリフを言ったりするインタラクティブなものをいくつもダウンロードして読書を楽しむようになりました。

徐々に英語が読めるようになってくると、紙の本でも問題なく読めるようになってくるので、まずはアルファベットに興味を持ち、単語が読めるようになるまでこうした教材を利用するのも良いと思います。

少しでも親の工数を減らせるものが一番です。継続させることが一番の目的ですから!

おすすめの絵本・教材(0歳から3歳ごろまで)

色々と読んでみましたが、私自身が英語が苦手で発音にも自信がないのでCD付きの絵本を探していました。CD付きの絵本でおすすめのものは日本語でもよく読んでいる本が取り掛かりやすいと思います。

我が家の子どもの反応がよかった絵本は以下です。

はらぺこあおむし

エリック・カールの絵本で誰もが手に取る定番の絵本です。
子どももストーリーを知っていますし、カラフルで美しい絵も魅力的。

Goodnight Moon

「おやすみなさい、おつきさま」のタイトルで日本でも有名な絵本です。
タイトルからも夜寝るときに読んでいる人が多いのではないでしょうか?
寝かしつけの絵本にもぴったりです。

絵本アプリなど

ママミーヤが利用していた絵本アプリは残念ながらアップデートがされておらず、古い機種でしか利用できないものでしたので、今回近いものを探してみました。

Best Storytime: 30 Stories

有名な童話を利用した絵本アプリです。無料で2話利用できますので、それだけでもしばらく楽しめるのではないでしょうか。
出てくるキャラクターが動いたりして子どもの興味をひくでしょうし、親もよく知っているストーリーなので不安なく見られると思います。

iOS/Androidともにアプリが用意されています。

タッチペン付きの絵本もおすすめです

こちらの絵本は英語と日本語の両方の音声が入っています。
タッチペンで効果音を出したり子供に興味を持ってもらいやすいしかけがいっぱいです。
よみきかせ えいごえほん にほんごつき

よみきかせ えいごえほん にほんごつき

おすすめの絵本・教材(4・5歳以降)

ひらがな・カタカナがだんだんと読み書きできるようになるこの頃、一緒に読めるように促していけると良いと思います。

An Elephant&Piggieシリーズ

リズミカルな文体も魅力的ですが、なによりも内容が非常にユニークで読んでいて思わず笑ってしまうような内容です。感情を込めて読むと娘のミヤピーは大爆笑。もっと読みたい!とせがんでくるようになりました。文章も平易で読み聞かせをする際にも大変ありがたい作品です(笑)

Dr.Seussシリーズ

文字を覚える前の子どもたちに向けて書かれた定番の絵本シリーズ。アメリカの子どもたちならだれでも読んだことがあるというほど人気のあるシリーズです。

文体に非常にこだわっており、韻を踏んだ文章は読んでいてとても気持ちが良いです。
リズミカルな文体なのでできればCD付きのものをご購入されることをおすすめします。
お話の内容もありきたりなものではなくぶっ飛んだ内容になっているので子どもたちの想像力を刺激するものが多いです。

CD付きのものもあるので、英語の音のリズムを感じるのにも最適です。韻を踏んだ連続した音を聞くことで英語の音の微妙な違いにもだんだんと気づくようになるでしょう。

小さい子どもが自分で絵本を手に取ることはあるでしょうが、その選択肢を用意しておくのは親の役目です。最初は読めなくて当然。日本語だって読めないのですから。

一緒に絵と言葉のリズムを楽しむ感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか?言葉をぐんぐん習得していくこの時期だからこそ、英語の絵本に触れ始めるのはとても大切なことだとママミーヤは感じています。

次回もお楽しみに。

■自宅での英語絵本読みに興味がある方にはこちらの記事もおすすめです。
■スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...
オセロ

4歳娘とオセロに挑戦!ルールの教え方と知育効果を解説

ボードゲームの定番オセロ。幼児でも楽しめるのか、4歳娘と挑戦してみました。 子どもへのわかりやすいルールの...
雨水

【春の二十四節気】「雨水(うすい)」は草木が芽生える頃、2...

春の二十四節気、二番目は「雨水(うすい)」です。雪が解け、草木が芽ぶきはじめ、春の訪れを感じる頃です。雨水...
出口汪 日本語トレーニング

「出口汪の新日本語トレーニング」を使って論理的思考力、文章...

試験や受験だけににとらわれることなく、学力や考える力を伸ばしていきたい。そう思ったとき、論理的思考力を高め...

WRITER

ママミーヤ ママミーヤ フルタイムではたらくママ(時に数日にわたる徹夜あり)。 会社員から脱却し、フリーランスになるが前より忙しくなる誤算に悩む。 0歳から保育園に通う娘が一人。昨年、塾なしで小学校受験に挑戦して無事に入学。 0歳からの幼児教育・お受験の勉強を自宅で行うためのコツ・時間のやりくりなどをお伝えします!