2017年10月9日 公開

子どもの銀行印を作ろう!選び方やおすすめ商品をご紹介

お子さまの銀行口座を作るとき、保護者の方の印鑑で作ってはいませんか?お子さまの銀行印は、お子さま専用のものを用意するのがおすすめです。では、銀行印を選ぶときはどのようなポイントに気を付けるとよいのでしょうか?

子どもの銀行印ってどうして必要なの?

無料の写真: 人, 母, 子, 赤ちゃん, 子ども, 女性, 所蔵の手, 緑, 植物 - Pixabayの無料画像 - 2566855 (64781)

お子さまの銀行口座を作るとき、安易に「とりあえず親の印鑑で作っておこう」と考えてはいませんか?その場合、後々困ったことになるかもしれません。保護者の銀行印を使いまわすデメリットには、以下のようなことがあります。

・お子さまに印鑑と通帳を渡す際に困る
お子さまが結婚や就職などで親元を離れるときに、今までためていたお金を渡すことがあります。その際、預金口座の通帳と印鑑を渡すことが多いのでは?しかしこのとき親の印鑑を使いまわしていては、印鑑をそのまま渡せなくなってしまいます。

・親の資産と見なされることがある
保護者の印鑑を使いまわすことで、お子さまのためにためていたお金が親の資金とみなされてしまう可能性も。

子どもの銀行印選びのポイントは?

書類に押印する人|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (64782)

銀行印は、後で変更をするとなると手続きが大変です。そのため長く使えるものを選ぶことが大切です。具体的な選び方のポイントとして

・保護者の印鑑と、一目で区別がつくようなものを選ぶ。

・長く使えるよう壊れにくい素材のものを選ぶ

という2点が主にあげられます。

では次に、これらのポイントをおさえたおすすめの銀行印をご紹介しましょう。

経年劣化の少ないチタン製の印鑑

Amazon | チタン印鑑 認め印 プレーンブラスト 12.0mm 【印鑑ケース 付】 | 個人用印鑑 | 文房具・オフィス用品 (64762)

商品名:チタン印鑑 認め印 プレーンブラスト 12.0mm
販売元:ハンコヤドットコム

男の子の場合は名字が変わることが少なく、子どものときに作った印鑑をずっと使うことが考えられます。そのためなるべく劣化がない素材がおすすめです。

その点チタン製なら安心。デザインもシンプルで落ち着いており、大人になってからも使いやすそうですね。オーダーメイドなので、サイズや字体などはお好みで選択できます。

女の子におすすめかわいい和柄の印鑑

 (66931)

商品名:おしゃれはんこ 和紙柄 和紙柄がまぐちケースセット/12.0mm
販売元:はんこdeハンコ

女の子はかわいいものが大好き。かわいい印鑑を用意したら、「自分のもの」という意識が高まり大切にするのではないでしょうか。

この商品はアクリルの中に和紙が埋め込まれているので、持ち手の柄が薄れたり消えたりすることもありません。淡いうさぎ柄が優しい印象で、同じ柄のケース付き。大人になっても使えるデザインなので、長く愛用してもらえそうですね。

一目で「自分のもの」とわかる名入れ印鑑

Amazon | 名入れ 子供 銀行印 メモリアル 印鑑 本柘 ケース・保管ケース付 赤ちゃん 出産祝い | 個人用印鑑 | 文房具・オフィス用品 (64770)

商品名:名入れ 子供 銀行印 メモリアル 印鑑 本柘 ケース・保管ケース付
販売元:可月堂印房

お子さまの印鑑は、保護者のものと一目で区別がつくものがおすすめ。その点、お子さまの名前が入った名入れの印鑑なら安心です。

この商品は、3色の中からお好きなカラーを選ぶことが可能。さらに名前とともに、お好きなマークや誕生日も入れられるので、お子さまのためだけの印鑑が作れます。出産の記念にもどうぞ。

将来を見据えて子どもの銀行印を用意しよう

お子さまの銀行印は、今すぐに必要になるものではありません。しかし、長い目で見ると必要になるときは必ずきます。お子さまの未来のために、愛情をいっぱい込めた銀行印を作っておいてはいかがでしょうか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

幼稚園や保育園などで描いてきた絵は、なかなか捨てられず溜まる一方で、保管や整理も大変!そんな悩みを抱えるパパママが多いようです。箱に詰めて送るだけでフォト...
上手な魚の食べ方と教え方のコツ|子どもの食育&集中力向上に

上手な魚の食べ方と教え方のコツ|子どもの食育&集中力向上に

骨のある魚を、子どもに食べさせるのを躊躇するパパママも多いのでは。小骨の扱い・身をはがす順番をどう伝えれば良いのか、教え方も迷いますよね。正しい手順であれ...
子どもに人気なふりかけ5選。お弁当にも食事にも◎

子どもに人気なふりかけ5選。お弁当にも食事にも◎

食の細い子どもでも、ごはんにふりかけをかけてあげるとモリモリ食べてくれることがよくあります。ふりかけは、忙しい朝でもお弁当を手軽に彩ることができるうえに、...
子どものルール違反を見つけたら?よその子の上手な叱り方のコツ

子どものルール違反を見つけたら?よその子の上手な叱り方のコツ

わが子ではない、よその子の気になる点を見つけたとき、叱ってよいか悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか?家庭でのしつけや教育はそれぞれ違うため、どう...
子どもが傘を使うのはいつから?安全に使える傘の選び方

子どもが傘を使うのはいつから?安全に使える傘の選び方

子どもに傘を使わせるのはいつからが良いのか迷うものです。子どもが自分で傘をさせたら、雨の日のおでかけがもっと気軽になるかもしれません。安全に傘をさし、パパ...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。