2019年03月23日 公開

楽しいあやとり!「もちつき(ぺったん)」二人で遊ぼう!

ひも一本でできて、奥が深いあやとりあそびのシリーズ。今回は、二人で遊ぶ「もちつき(ぺったん)」です。おうちの方やお友だちと一緒に、ぺったん、ぺったん、手のひらを合わせて遊びましょう。

           

ひも一本でできて、奥が深いあやとりあそびのシリーズ。今回は、二人で遊ぶ「もちつき(ぺったん)」です。おうちの方やお友だちと一緒に、ぺったん、ぺったん、手のひらを合わせて遊びましょう。

 (136721)

用意するもの

あやとりのひもは毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの6〜8倍くらいを目安にしましょう。二人で遊ぶので少し長めになります。

「もちつき(ぺったん)」の遊び方

二人で向き合って、図のように両手の小指と中指に、ひもをかけます。
相手のななめ前の手のひもを、下から中指でとります。
 (136580)

同じように、相手のななめ前の手のひもを、下から中指でとります。
 (136579)

反対の手でも同じようにひもを取り合います。
相手のななめ前のひもを、下から中指でとります。
 (136578)

同じように、相手のななめ前の手のひもを、下から中指でとります。
 (136577)

中指のひもだけを残して、親指と小指のひもははずします。
 (136576)

 (136723)

「ぺったん!」して遊ぼう

これでベースの形ができました! さっそく遊んでみましょう。
ななめ前の手と手をあわせるように、残りの手をおたがいに引っ張ってみましょう。
 (136575)

 (136722)

手のひらを合わせて「ぺったん!」。
次は反対の手を合わせます。ひもを引っ張りながら、手のひらを合わせていきます。
 (136590)

「ぺったん!」
あとは同じように左右交互に、ぺったん、ぺったんして遊びます。
 (136592)

まとめ

簡単なあやとりですので、小さなお子さまでにも楽しめます。最後の、親指と小指のひもを外すところは、先にお母さまが見本を見せながら、ゆっくりやらせるといいでしょう。片手を引っ張ると、反対の手が引き寄せられて「ぺったん!」できる面白さを味わってください。声に出しながらテンポよく遊ぶのがコツ。仲良くいっしょに遊んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MAWA MAWA