2017年08月10日 公開

子どもおもちゃのダンボールハウス!おすすめ5選

かくれんぼや秘密基地、リーディングヌックなど、自宅でさまざまな遊び方ができる「ダンボールハウス」。最近は、おうちで子どもが喜んで遊べるようなダンボールハウスがたくさん販売されています。ダンボールハウスのおすすめ商品を5つご紹介します。【2020年4月16日更新】

かくれんぼや秘密基地、リーディングヌックなど、自宅でさまざまな遊び方ができる「ダンボールハウス」。最近は、おうちで子どもが喜んで遊べるようなダンボールハウスがたくさん販売されています。ダンボールハウスのおすすめ商品を5つご紹介します。【2020年4月16日更新】

ダンボールハウスの良いところ

 (60692)

SARYMSAKOV ANDREY/shutterstock
もし、子ども部屋に小さなおうちがあったら……。きっと子どもは大喜びすることでしょう。とはいえ、大きなおうちのおもちゃは高価なので、なかなか予算を出しにくいですよね。

そこでおすすめしたいのが、ダンボールハウスのキットです。

ダンボールハウスは家具用のダンボールで作られているため、耐久性があります。また、軽いので移動も楽々です。

そして何より、手ごろな価格で購入できます。さらに、処分するときは資源ごみとして出すことができるので、パパママにとっても大助かりなおもちゃです。

(1)子どもだけの秘密基地に!「すまいるキッズハウス」

Amazon.co.jp: 森井紙器 こども専用秘密基地 段ボール工作シリーズ すまいるキッズハウス: ホーム&キッチン (155933)

商品名:こども専用秘密基地 段ボール工作シリーズ すまいるキッズハウス
販売元:森井紙器工業
おままごとを思いきり楽しめる、出窓付きのダンボールハウスです。ポストもあるので、郵便屋さんごっこも楽しめます。

天井にも窓が付いているため、中が暗くなりません。暗がりが怖いお子さまでも安心して遊べますね。

遊んだあとは、コンパクトに畳んで収納可能です。

(2)親子で一緒に組み立てられる「Miley House」

Amazon | ダンボール 段ボール ハウス 組み立ても簡単 落書きもできます 軽い 自分の秘密基地 収納方便 掃除便利 | おもちゃ | おもちゃ (155934)

商品名:Miley House TKPL_101
販売元:Funny Paper
組み立てが簡単なので、お子さまと一緒に作業することができます。ハウスが完成したら、親子で一緒に壁や屋根にお絵かきしましょう。お子さまの創造性と表現力を高めることができますよ。

ハートや星形に切り抜かれた天井がとてもキュート。

(3)冒険好きのお子さまに「アドベンチャーベースキャンプ」

Amazon | ダンボールハウス 秘密基地 プレイハウス 段ボール アドベンチャーベースキャンプ | キッズテント | おもちゃ 通販 (58321)

商品名:アドベンチャーベースキャンプ
販売元:HOWAY
楽しいしかけがたくさんある、まるで秘密基地のようなダンボールハウス。

冒険ごっこを楽しめるよう、ヘルメットや剣、双眼鏡などの小物付き。冒険や探検が大好きなお子さまなら、喜ぶこと間違いなしです。

屋根には持ち運び用の取っ手がついているので移動も楽々。

(4)お絵かきが大好きなら白の「ダンボール マイホーム」

Amazon | ダンボール マイホーム | ペーパーアート 通販 (155931)

商品名:ダンボール マイホーム
販売元:ハコモ
お子さまが自由にお絵かきできる、真っ白なダンボールハウス。自分だけのオリジナルのおうちが作れる、子どもにとって夢のようなハウスです。

かわいいシールやクレヨン、折り紙などで飾りましょう。

(5)憧れのロケットが自宅に「ダンボール オンリーロケット」

Amazon | ダンボール オンリーロケット| ダンボールハウス 段ボール ハウス | キッズテント | おもちゃ 通販 (58329)

商品名:ダンボール オンリーロケット
販売元:HOWAY
ロケット型のダンボールハウスです。中にはハンドルがついており、本格的なロケットごっこを楽しめます。

また、とてもコンパクトに畳むことができるので収納も楽々。天井や壁にかわいい柄が切り抜かれていたり、小さな窓がついていたりと、見ているだけでもワクワクするデザインです。

ごっこ遊びに最適!ダンボールハウス

家の中にお子さまだけのプライベート空間をつくってあげられるダンボールハウス。パパママやお友達と一緒に、本格的なごっこ遊びを楽しむのにも最適です。

お子さまの想像力や創造性を刺激するダンボールハウスは、知育にもぴったり。ダンボールハウスをプレゼントして、お子さまの喜ぶ顔を見てみませんか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

TAKAHASHI TAKAHASHI