2017年3月28日 公開

好印象を与えるお受験の子供服のコツ!男女別の選び方

これからお受験を控えている家庭は、面接で好印象を演出できる服装にも注意してみましょう。男の子、女の子それぞれに、面接官への印象をよくする服装のポイントを紹介します。お受験の主役は子ども。パパやママの服装だけでなく子どもの服装もチェックをお忘れなく。

幼稚園や学校の雰囲気に合わせる

まずは受験する幼稚園や小学校の雰囲気に合わせるのがポイントです。たとえば校則が厳しかったり、伝統のある園や学校では、個性よりも上品で清楚な雰囲気が求められます。一方で、子どもの自由や個性を重視する傾向のある場合は、カチッとなりすぎないやわらかい印象のものもおすすめです。

基本となるのは、爽やかで清潔感がある子供服を選ぶことです。「必ずこの形やデザインでなければならない」ということはなく、その子どもが似合う服装を選んであげましょう。

お受験の服装:男の子編

基本のスタイルは、白のポロシャツ、紺かグレーの半ズボン、ベストの組み合わせです。ソックスは白を選ぶと爽やかな印象を面接官に与えることができます。極力デザインはシンプルで、飾りがないベーシックなものを選びましょう。

また、お受験の多くは秋に行われますが、地域によっては少し暑い時期や肌寒い時期に行われることもあります。そのため、気温の変化に合わせたアイテムを選んであげてください。暑い時期なら半そでのポロシャツを2枚くらい用意しておき、寒くなるなら長袖のポロシャツとカーディガンやジャケットを合わせても良いでしょう。

お受験の服装:女の子編

ブラウスに紺かグレーのジャンバースカートが基本です。足元は白いソックスを合わせると、清潔感のある印象になります。女の子も季節に合わせて半そでまたは長袖のブラウスに変更し、肌寒い時期はボレロを組み合わせてみてください。

女の子の場合は、丸襟のブラウスに丸みを帯びたジャケットを合わせると、やわらかい印象になります。フリルなどのデザインのない、極力シンプルなタイプがおすすめです。

服装で注意してあげたいこと

お受験の際には細かい部分にも注意しておきましょう。意外と見逃しがちなのがインナーです。柄物だとブラウスから透けて見えることがあるため、真っ白のものを数枚準備しておくと当日慌てません。靴下は白が基本ですが、園や学校の雰囲気に合わせて紺も用意しておくと安心です。

当日は子供服だけでなくパパやママの服装も見られているため、親子の雰囲気が似たものを選ぶのがベターです。加えてハンカチとティッシュも忘れずに。子供服によってはポケットが小さく入れづらいものがあります。その場合は付けポケットも検討しましょう。

子どもが脱ぎ着しやすいものを選ぼう

お受験の子供服選びは、爽やかさや清楚感がありながら華美すぎないことが重要です。形や色について指定されるケースは少ないようですが、園や学校の雰囲気に合わせて多少変えてみましょう。何よりも、凝ったデザインは子どもが着替えづらいため、脱ぎ着しやすい面からも選んでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

2020年小学校受験の動向予測。行動観察や身だしなみ・マナーに要注意「『お受験』はじめました!」Vol.40

2020年小学校受験の動向予測。行動観察や身だしなみ・マナーに要注意「『お受験』はじめました!」Vol.40

2020年度入学の新1年生を対象にした入学試験は、首都圏では主に2019年11月からスタートします。年中・年長と進級したてで日々の生活も慌ただしい中かもし...
お受験用ママスーツの選び方は?好印象を与える服装のポイント

お受験用ママスーツの選び方は?好印象を与える服装のポイント

お子さまが小学校受験を控えている場合、学校説明会や面接で着用するスーツ選びに悩む方も多いでしょう。こちらではママのお受験スーツ、そろえる小物の選び方をご紹...
2019年小学校受験の動向「『お受験』はじめました!」Vol.39

2019年小学校受験の動向「『お受験』はじめました!」Vol.39

2019年4月に入学の国私立小学校受験は2018年の秋から冬にかけて実施。2018年度を振り返ると考査内容の変更や学校新設などいろんな動きがありました。そ...
小学校入学後に想定される生活の変化やトラブルは?「『お受験』はじめました!」Vol.38

小学校入学後に想定される生活の変化やトラブルは?「『お受験』はじめました!」Vol.38

小学校に入学後、親子の生活はどのように変わる?どんなトラブルが起こりうる?ワーキングマザーならではの厳しい局面もあれば、ママ友とのお付き合いや子どもの安全...
ワーキングマザーの感じる「小1の壁」!私立・国立小学校に入学前にするべき仕組み作り「『お受験』はじめました!」Vol.37

ワーキングマザーの感じる「小1の壁」!私立・国立小学校に入学前にするべき仕組み作り「『お受験』はじめました!」Vol.37

私立・国立小学校に入学を控えた親たちは、必要な道具類を準備するなどで忙しくしている頃でしょう。しかし、入学前の今だからこそやっておくべきことは他にもありま...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!