2017年10月10日 公開

これで汚れスッキリ!レゴをきれいにする4つの掃除方法

子どもが夢中になって遊ぶレゴ。知育効果も期待できるおすすめのおもちゃですが、小さなパーツに細かな突起がある形状は、掃除する大人泣かせといえます。そこで、汚れてしまったレゴを簡単にきれいにする、4つの掃除方法をご紹介します。

子どもが夢中になって遊ぶレゴ。知育効果も期待できるおすすめのおもちゃですが、小さなパーツに細かな突起がある形状は、掃除する大人泣かせといえます。そこで、汚れてしまったレゴを簡単にきれいにする、4つの掃除方法をご紹介します。

普通の汚れは手洗いで

Foto gratis: Bicarbonato De Sodio, Cuadro - Imagen gratis en Pixabay - 768950 (65018)

ひどい汚れでなければ、レゴの公式Webサイトでも推奨されている手洗いできれいになります。ぬるま湯にレゴブロックを入れて、やわらかい布やスポンジでこすればOK。

レゴは、40度のお湯までならつけても問題ないようです。掃除するときは、お湯の温度が規定を超えないよう気をつけて。

ベタベタ汚れが気になる場合は、重曹か食器用洗剤を少しお湯に加えてみましょう。洗ったあとは、ブロックを水でよくすすいでください。

突起の間のほこりには掃除機

無料の写真: 楽しい, ゲーム, 青, レゴ - Pixabayの無料画像 - 2569802 (65021)

レゴブロックの突起の間にはほこりがたまりやすいもの。特に、しばらく飾っておきたいレゴの作品などは、バラバラにして掃除をすることもできないので困ってしまいますね。

そんなときは掃除機の出番です。そのままかけるとパーツを吸い込んでしまうことがあるので、ノズルにストッキングをかぶせるのがコツ。

細かいところは歯ブラシを使って

無料の写真: 青, 歯ブラシ, 粘土, マクロ, 少し, 古い, バスルーム, 光 - Pixabayの無料画像 - 2729261 (65024)

長い間使っているうちに、突起の間や裏の穴の中に汚れがたまってしまうということもよくあるのでは。

細かい部分の汚れをとるには歯ブラシが便利です。レゴに細かな傷がつかないように、できれば子ども用のやわらかい歯ブラシがおすすめ。

歯ブラシに少量の食器用洗剤をつけて、軽くこするだけでOKです。頑固な汚れを取りたい場合は、あらかじめぬるま湯に15分ほどつけて汚れをふやかしておきましょう。

大量のパーツを洗うときに便利な洗濯機

洗濯|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (65027)

大量のパーツを一度に洗いたいけれど手洗いでは大変、というときは奥の手・洗濯機を使いましょう。

その際、パーツを傷つけないために、次のことに気をつけてください。また、レゴの公式Webサイトでは洗濯機を使う方法は推奨されていないので、大事なパーツや貴重なパーツは避けたほうがよいでしょう。

1. 温度は40度以下
2. 洗濯ネットは必須。パーツをタオルなどにつつんでネットへ入れる
3. 洗濯モード、脱水モードは最弱・最短で
4. 乾燥機は絶対に使わない

洗剤を入れる場合は、重曹か中性洗剤を使うのがおすすめです。

レゴのお掃除は安全な方法で

無料の写真: レゴ, ブロック, おもちゃ, 少年, 子, 人, 再生, ボケ - Pixabayの無料画像 - 2589872 (65733)

子どもが手で触れ、ときには口に入れることもあるレゴの掃除には、あまり強い薬品は使いたくないもの。今回ご紹介した4つの方法は、簡単であるばかりでなく、子どもに触らせたくない強い洗剤なども使っていないので安心です。汚れが気になっている方はぜひお試しを!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MARIKO.K MARIKO.K