2017年6月28日 公開

かんたん解説!けんけんぱで遊ぼう

昔なつかしい子どもの遊び、「けんけんぱ」。子どもの頃よく遊んだけれど、どんなルールだったっけ?という方も多いのでは。昔に戻ってお子さんといっしょに楽しく遊んでみましょう。たくさんのローカルルールがあるようですが、ここでは代表的な遊び方を解説します。

「けんけんぱ」の遊び方

ひとりで遊ぶ場合

ひとりで遊ぶ場合の、基本的なルールを説明します。まず地面に線を引きましょう。1〜10までの枠と、スタートを書きます。

スタートの枠に立って、1番の枠に石を投げ入れます。石がうまく入らなかったらやり直しです。
石の入っている枠を飛び越えて、次の2番・3番に「パ」と言って両足で着地します。枠の中には必ず片足だけ入れましょう。

4番〜9-10番まで順に進んでいきます。片足のとき(4、7、8)は「ケン」と言いながら、両足のとき(5-6、9-10)は「パ」と言いながら飛びます。

9-10番にきたら向きを変えます。8番から順に2-3番まで戻ります。

2-3番に来たら、1番に入っている石をひろいます。石が入っていた1番をとび越して進みます。これでゴールできました。枠からはみ出たり、両足をついてしまったら、やり直しましょう。

1番をクリアできたら

1番に石を入れてうまく往復できたら、次は2番に石を投げ入れます。同じように2番はとび越して順に進んで戻ってきましょう。こうして石を1番から10番まで投げ入れます。だんだん石を遠くに投げなくてはいけないので、むずかしくなりますよ。

何人かで遊ぶ場合

じゃんけんで順番を決めます。最初の人が1番の枠に石を投げ入れて、同じように進んでいきます。石が入っている枠はとび越えます。ゴールするか失敗したら、次の人と交代。戻るときに、石は自分の石をひろいましょう。次の人も1番に石を入れ、同じように進みます。失敗した人は、次の順番のときに失敗したところからやり直しです。みんなでこれをくり返し、最初に10番に石を投げ入れた人が勝ち。

シンプルだけどおもしろい

枠の大きさを変えてみるとおもしろく遊べます。大きく書くととぶのが大変、小さくすると石を投げ入れにくくなりますね。はじめに色や形、投げやすくてころがりにくい自分だけの石をさがすのもポイント。小さいお子さまの場合は、石の代わりに木やプラスチックの小物を使ったり、お母さまがそばで見守ってあげてください。投げるときは人や物に当たらないよう充分お気をつけください。
複数で遊べば、あちこちに石が置かれるので避けてとぶのがむずかしくなります。人数が多いときは、自分の石の枠だけを避けるルールにするといいでしょう。みんなで工夫しながら、楽しく遊びましょう。

この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
家でスマホやゲームで遊ぶのが好きな小中学生!でも本当は…!?

家でスマホやゲームで遊ぶのが好きな小中学生!でも本当は…!?

現代の子どもが、どこで、どんな遊びをしているのかを調査するため、バンダイは、2018年3月に小中学生の親を対象にアンケートを実施。すると、遊びに関する年代...
「1日3分!頭がよくなる子どもとの遊びかた」やってみました!

「1日3分!頭がよくなる子どもとの遊びかた」やってみました!

『1日3分!頭がよくなる子どもとの遊びかた』には、2歳から小3頃まで、小学校の勉強の前倒しにつながる遊びが58種類紹介されています。全て家庭でできる、手軽...
手縫いで簡単!お手玉の作り方【俵型・座布団型】

手縫いで簡単!お手玉の作り方【俵型・座布団型】

昔ながらのおもちゃ、お手玉作りに挑戦してみませんか。おうちにあるハギレや小豆で、ミシン無し・手芸が苦手なママでも手縫いで簡単に手作りできますよ。俵型、座布...
昔の遊びを取り入れよう!今すぐできるおすすめ伝承遊び15選

昔の遊びを取り入れよう!今すぐできるおすすめ伝承遊び15選

昔の遊びと聞くと、どのようなものを思い浮かべますか?昔遊びは、コミュニケーションをとりながら遊べるものが多いことが特徴。今すぐできる昔遊びを15個ピックア...

WRITER

mawa mawa  文具メーカーに勤務、その後フリーランスに。現在はグラフィックデザイナーとして活動中。長年にわたり子ども向け商品の企画開発、雑誌・単行本の編集デザイン、付録の制作に携わって参りました。イラスト、商品カタログデザイン、フライヤー、3DCG制作、ゲームのオリジナルキャラクター制作なども手がけています。