2018年10月20日 公開

努力の大切さを伝えたい!がんばりが報われる絵本5選

努力することを避けたがるお子さまは多いかもしれません。そんなお子さまには、がんばりが報われるストーリーの絵本で、努力の大切さを伝えてみてはいかがでしょうか。今回は、さまざまなタイプのがんばりを描いた絵本をご紹介します。

病院嫌いなお子さまに

タイトル:ノンタンがんばるもん
著者  :キヨノサチコ(作・絵)
出版社 : 偕成社
病院が嫌いでなかなか行きたがらないお子さまは多いのではないでしょうか。そんなお子さまにぜひ読んであげてほしいのがこの絵本です。

ノンタンは、ある日耳に大けがをしてしまい、病院で治療をします。注射が怖くて逃げだしてしまったノンタンでしたが、友達からの励ましで治療を頑張ることを決心します。そして見事恐怖を克服し、治療を終えてけがを治すことができたのです。

お子さまはきっとノンタンが病院を怖がる姿に共感し、自分と重ね合わせるのではないでしょうか。そしてノンタンが頑張る姿に、勇気をもらえるかもしれません。病院に行く前にこの絵本を読んで、モチベーションをあげてはいかがでしょうか。

あきらめずに頑張ることの大切さを教えてくれる絵本

タイトル:ぐるんぱのようちえん
著者  :西内 ミナミ(作)、堀内誠一(絵)
出版社 : 福音館書店
ぞうのぐるんぱは、ビスケットやさんやお皿屋さんなどいろいろな仕事場で働いていました。一生懸命頑張るのですが、どの仕事場でも大きいものを作りすぎ、追い出されてしまいます。しかしぐるんぱは、ついに自分にピッタリな仕事を見つけるのです。

努力をしてもなかなか実を結ばないという場面は、長い人生の中でいくどとなく訪れるでしょう。しかし、あきらめないことでいつか実を結ぶことがあるということを、この絵本は教えてくれます。

お子さまは成長するごとに、壁にぶつかる経験をすることでしょう。そんなときこの絵本を思い出すと、「あきらめずに頑張ろう」という気持ちになるのではないでしょうか。

努力の大切さが身に染みる絵本

タイトル:三びきのこぶた
著者  :瀬田貞二(訳)、山田 三郎(画)
出版社 : 福音館書店
誰もが知る三びきのこぶたのお話。この絵本は、原作に忠実に描かれているため皆さんがよく知っているストーリーとは違うかもしれません。

三びきのこぶたは、自分の小屋を作ります。しかし手を抜いて作った長男と次男の小屋は、おおかみに吹き飛ばされ、二匹はおおかみに食べられてしまいます。しかし時間をかけて苦労して作った末っ子の小屋は、おおかみが来ようとビクともしません。

一般的な三びきのこぶたのストーリーは、こぶたたちが末っ子の家に逃げ込み助かる展開。しかしこの絵本は長男と次男が食べられてしまうことで、「努力は報われる」という面がより際立ちます。

少し残酷かもしれませんが、努力の大切さをより分かりやすく伝えることができるのではないでしょうか。

努力が嫌いなお子さまに

タイトル:アリとキリギリス
著者  :蜂飼 耳(文)、かわかみ たかこ(絵)
出版社 : 岩崎書店
遊んでばかりのキリギリスと、働き者のアリ。キリギリスはせっせっとエサを家に運ぶアリを見てからかいます。しかし冬が来ると、働かなかったキリギリスはエサがなくなってしまい……。

「努力をするのは好きじゃない」そんなお子さまは多いものです。「お手伝いはしたくない」「勉強はしたくない」「好きなだけ遊んでいたい」そう思うのは、子どもなら当然のこと。しかし、この絵本は、そんな考えを改めるきっかけになるかもしれません。

努力をしないと、将来そのツケを払わなければならないときがくるかもしれない。小さなお子さまには、遠い先の将来のことを想像することは難しいでしょう。しかしこの絵本を読むことで、今の努力が将来につながることを、少し想像できるかもしれませんね。

最後までやりきることの大切さを教えてくれる絵本

タイトル:アマンディーナ
著者  :セルジオルッツィア(作)、福本友美子(訳)
出版社 :光村教育図書
アマンディーナは、小さな犬です。踊りや歌、曲芸など何でもできます。でもそのことを知っている人は誰もいません。恥ずかしがり屋のアマンディーナのことを誰も知らなかったからです。
しかしアマンディーナは、「もう恥ずかしがるのはやめよう」と思い、舞台に出ることを思いつきます。そして当日……

何かに挑戦することや、物事を最後までやり遂げることはとても大変です。でもそれができたとき、大きな喜びが待っている。そんなことを教えてくれる絵本です。この絵本がきっかけで、なにかをやってみようとする勇気が湧いてくるかもしれません。

絵本で努力の大切さを伝えて

努力は、お子さまには面倒なものに映るかもしれません。しかし小さな努力でも、積み重ねることで大きな成果につながることがあります。

パパママが「努力しなさい!」といくら伝えても、努力の先が見えないと、お子さまはなかなかピンとこないでしょう。しかし絵本で努力が報われるシーンを見せることで、努力の大切さが伝わりやすくなるのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「世界三大絵本賞」って?受賞作品を読んで絵本の魅力を堪能

「世界三大絵本賞」って?受賞作品を読んで絵本の魅力を堪能

お子さまの絵本選びに頭を悩ませるパパママは多いでしょう。本屋の店先には多くの本が並び、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいます。そんなとき、何かの賞を受賞...
「コールデコット賞」ってどんな賞?おすすめ受賞作品5選

「コールデコット賞」ってどんな賞?おすすめ受賞作品5選

「子どもの芸術的センスを磨きたい!」という方は、絵本を選ぶ時にイラストの芸術性に着目して選んでみては?絵本の賞の中には、絵本の挿絵に着目したものがあり、そ...
子どもが「お風呂好き」になる絵本3選、パパママのストレスも軽減!

子どもが「お風呂好き」になる絵本3選、パパママのストレスも軽減!

「お風呂入るよ~」と声をかけても毎日嫌がられるとストレスがたまりますよね。お風呂を嫌がるお子さまと一緒に読みたい、お風呂が大好きになる絵本をご紹介します。...
「天狗」の絵本5選!ユーモラスな姿からドキドキの1冊まで

「天狗」の絵本5選!ユーモラスな姿からドキドキの1冊まで

『おかあさんといっしょ』11代目うたのおにいさん、だいすけおにいさんといえば「かぞえてんぐ」を思い出す方も多いでしょう。このキャラクターがきっかけで、天狗...
幼年童話とは?「見る」から「読む」への橋渡しになる作品4選

幼年童話とは?「見る」から「読む」への橋渡しになる作品4選

「幼年童話」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?幼年童話は絵の多い絵本から、一般的な本への移行をスムーズするための橋渡し役として活用します。いわば絵本...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。