2017年12月24日 公開

今「雪育」が熱い!雪の中の新鮮体験で心と体をきたえよう!

みなさん「雪育」という言葉を聞いたことがありますか?「食育」なら知っているけれど……という方も多いでしょう。そこで今回はこの「雪育」にクローズアップして大解剖!雪育とは何か、そしてどのような効果があるのか、さらにその効果をより高める方法についてご紹介します。

雪育とは

子どもたちがワクワク大好きな雪。しかし都会ではなかなか雪と触れ合う機会がありません。そこで子どもたちと雪が触れ合う機会を作り、その中で心と身体を育てるというのが「雪育」の目的です。

また児童心理を専門とする東京成徳大学の石崎一記教授は発達心理学の観点から次のように「雪育」を定義しています。
雪のフィールドにおいて、その自然環境を活用しながら、子供の発達を促す教育的かかわり
それでは、「雪育」は具体的にどんな教育的効果があるのでしょうか?

雪育の効果その1:自律性の発達

Max Topchi / shutterstock.com
たとえばスキーで一度滑りはじめたら、曲がる、スピードを上げる・落とす、止まるといったことを、子どもでも自分で意思決定する必要があります。

ときには上手く曲がれず転んでしまうこともあるでしょう。しかし試行錯誤の後に問題を解決し、滑れるようになったときの達成感は何物にも変えられないはず。

そしてこのような経験が子どもに自信を与え、自律性の発達を促します。

雪育の効果その2:親子の絆の深まり

最近は子どもを遊ばせることは得意だけど、子どもと一緒に遊ぶのは苦手というパパママも増えています。普段はいろいろ忙しくて、なかなか子どもと一緒に遊ぶ時間もないかもしれませんが、スノーリゾートでは時間がたっぷり。

また白銀の上では「子どもとの遊び方がわからない」という悩みもさようなら。スキーやスノーボードなどのスポーツはもちろん、童心に返って雪合戦や雪だるま作りなど、雪の世界の中で一緒に遊んでみましょう。同じ遊びを共有することで親子の絆が深まります。

雪育の効果アップのためにはレッスンの利用がおすすめ

Diego Cervo / shutterstock.com
雪山ならではの非日常的な体験は子どもの感性を刺激しますが、雪を安全に楽しむためには知識が必要となります。また、雪育の魅力は何をするかによって、さまざまな可能性が考えられること。

そんな雪山の知識や魅力に詳しいのが、スキーリゾートのスタッフたちです。雪山のプロたちが行う子ども向けのレッスンは、ハイクオリティーな雪育の場。親と離れてコーチや仲間と過ごすことによって自律性と共に社会性も育まれます。

ますます可能性が広がる雪育

子どもが遊べるキッズパークや雪山散歩ができるスノーシューのスクールやツアーなど、近年スノーリゾートはとても多様化しています。

スノーリゾートのコンテンツが増えれば増えるほど、それだけ雪育の可能性も広がっていくでしょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

雪の名前にはどんなものがある?時期や状態で変わる呼び方を紹介

雪の名前にはどんなものがある?時期や状態で変わる呼び方を紹介

雪が降ると、その新鮮な感触や幻想的な世界に子ども達は大喜びです。雪には降る時期や積もった状態などによって、さまざまな名前があります。雪の呼び方や降る様子を...
小学生以下リフト無料!関東エリア・子ども向けのスキー場3選

小学生以下リフト無料!関東エリア・子ども向けのスキー場3選

交通アクセスの良い関東エリアのスキー場は、子連れ歓迎の所も多いです。子ども向けのスキー場の中でも、お得に遊べるスキー場はご存知でしょうか?パパママにうれし...
子どもの雪遊びおすすめ5選~定番から変わり種まで

子どもの雪遊びおすすめ5選~定番から変わり種まで

寒い冬はなかなか外遊びが難しくなりますが、雪が降ると、子どもは大喜びするもの。雪遊びを通して、おうち知育に挑戦してみましょう。ここでは、小さいお子さまが楽...
冬の必需品!おしゃれなお子さま用スノーブーツ4選

冬の必需品!おしゃれなお子さま用スノーブーツ4選

寒くなるとお外に出るのも億劫になりがちです。スノーブーツがあれば足元が暖かく、雪の日だってへっちゃら!冬のお出かけも安心ですよね。今回は、おしゃれなデザイ...
冬のインナーコーデ術!アウターに合わせた着こなしのコツ6つ

冬のインナーコーデ術!アウターに合わせた着こなしのコツ6つ

冬になると、アウターのインナーコーデに迷ってしまうという人は多いはず。どうせ見えないからと適当な着こなしをするのではなく、基本を押さえたインナーコーデでひ...

KEYWORDS

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。