2018年09月18日 公開

ストロー落としを簡単手作り!モンテッソーリ教育を取り入れよう

モンテッソーリ教育にも取り入れられている「ストロー落とし」は、指先を使った知育あそびにピッタリのおもちゃです。100均で手に入る材料で簡単に手作りすることができるので、パパママのはじめてのおもちゃづくりにもオススメ。3ステップで簡単に作る方法をご紹介します。

           

モンテッソーリ教育にも取り入れられている「ストロー落とし」は、指先を使った知育あそびにピッタリのおもちゃです。100均で手に入る材料で簡単に手作りすることができるので、パパママのはじめてのおもちゃづくりにもオススメ。3ステップで簡単に作る方法をご紹介します。

モンテッソーリ教育にもある「ストロー落とし」

photo by author (113773)

via photo by author
「ストロー落とし」は、容器に空いている穴の中に、ストローを落としていくというおもちゃです。モンテッソーリ流の呼び方では、「落とすお仕事」ができます。

小さい穴にストローを落とすという動作を繰り返すことで、手先の器用さが養われます。また、手先を使うことで脳も刺激され、集中力を高めることにも繋がります。

準備するもの

photo by author (113766)

via photo by author
【材料】
・ストロー(3色くらい。色がはっきりしていると、区別しやすく、色の概念も覚えられます)
・タッパー等、フタのついた容器(海苔の空き容器など、透明の容器ならOKです)

【道具】
・穴を開けるためのドライバー・カッターなど
・ハサミ

すべて、おうちにあるものや100円ショップなどで揃えられます。

ステップ1:ストローとタッパーを用意する

photo by author (113769)

via photo by author
まず、ストローとタッパーを準備します。

入れたストローが見えるように、タッパーは透明か半透明のものを選びましょう。

色がはっきりとしたストローだと、タッパーに落としたときによく見えるのでわかりやすく、色の理解も進みやすいです。今回は、太さを変えて2種類のストローを準備してみました。

ステップ2:タッパーのフタに穴を開ける

 (113772)

タッパーのフタ部分に、ストローが通る大きさの穴を開けます。ドライバーやカッターで穴を開け、子どもが指を怪我しないよう、縁をなめらかに整えておきましょう。

このとき、タッパーの深さに合わせて、ストローの長さも調整してください。ストローによっては、先端が斜めに尖っているものもあるので、切りそろえておくと安全です。

ステップ3:穴にストローを落として遊ぶ

photo by author (113763)

via photo by author
子どもにストローを渡し、穴から落として遊んでもらいます。机などにストローを置いておくときは、子どもの利き手側に置いてあげると、スムーズに手にとることができます。

上手にできないときは、お手本を見せて声掛けを

はじめてで遊び方がわからない、うまくできないようなときには、パパママが声をかけてサポートしてあげましょう。

実際にストローを落とす姿を見せながら、「こうやって落とすんだよ」と教えてあげてください。最初のうちは、上手に落とせるように手を添えてあげてもいいと思います。はじめはうまくできなくても、何度も挑戦するうちに、上手にできるようになるはずです。

簡単にできる、ストロー落としのアレンジ

上手に遊べるようになってきたら、材料を変えたり、穴の開け方を変えたりして、ストロー落としの別バリエーションを作ってみましょう。

100均で見つけたカップで、より簡単に作る

photo by author (114137)

via photo by author
今回は、タッパー容器に穴を開ける方法をご紹介していますが、それ以外の容器を使ってもOKです。例えば、ペットボトルのフタに穴を開ければ、ペットボトルのストロー落としのできあがりです。

また、100均で「ストロー付きのプラスチックカップ」を発見しました。これを使えば、ストローを好きな長さに切るだけで、すぐにストロー落としが楽しめます。

穴を増やしてアレンジ

ストローが上手に落とせるようになってきたら、フタの部分に開ける穴を増やしてみましょう。その時、マジックなどで穴の周りにストローと同じ色の色づけをしてみてください。

たとえば赤なら「赤い穴に、赤いストローを落とす」というルールが追加されるので、ストロー落としの難易度もアップ!遊びの中で色の概念も覚えていくことができます。

落とすものを変えてアレンジ

photo by author (113790)

via photo by author
ストローだけでなく、落とすものを変えてみましょう。簡単でオススメなのは、ペットボトルのフタをつなげたパーツを準備すること。

ペットボトルのフタを2つ合わせてくっつけ、取れないようにしっかり固定します。タッパーのフタに、ペットボトルのフタよりも一回り大きいくらいの穴を開ければ、完成です。

この時、合わせたフタの中に米粒などを入れると、音が出て楽しいです。つなげるフタの数を増やしていくと、長さの違うパーツを作ることもできます。

ストロー落としと組み合わせて遊ぶのも楽しいですよ。

簡単にできるストロー落としで、おうちで知育あそびを

 (114138)

zlikovec / shutterstock.com
モンテッソーリ教育の教具はたくさんありますが、一つ一つ全部買ってあげようと思うと、結構お金がかかります。今回ご紹介したように、身近にあるもので簡単におもちゃをDIYできるものも。また、お子さまの発達にあうようにカスタマイズでき、適切な時期にすぐに用意できるのも利点です。

お金をかけずに遊べて、かつ知育遊びになるストロー落としは、手作りのおもちゃとしてとってもおすすめです。お子さまが少し大きくなったら、タッパーをシールで飾るなど、作る過程を一緒に楽しむのもいいと思います。

手作りおもちゃの入門として、ぜひ「ストロー落とし」で遊んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

海野りんご 海野りんご