2019年3月16日 公開

「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

英語はシーンによって、同じ意味でも使うべき表現が異なることがあります。たとえば「カッコイイ」の英語表現は、「Cool」だけではありません。「英会話をもっと上達させたい」という方は、表現を上手に使い分けてみましょう。「カッコイイ」の英語表現を7つご紹介します。

ニュアンスによって使い分けたい「カッコイイ」


英語の世界では、伝えたいニュアンスによって表現が異なります。相手に「カッコイイ!」と伝えるシーンを想像してみましょう。日本語なら多くの場合、「カッコイイ」というひと言で表現可能です。

しかし英語の場合、シチュエーションによって「カッコイイ」を表現する英単語やフレーズはさまざま。ちょっとしたニュアンスの違いが、英語では非常に重要になります。この違いを正しく理解できれば、より適切な言葉で気持ちを伝えられるようになるでしょう。

ネイティブのような日常会話を目指すには、多彩な表現を身につけることが大切。さっそくシーンごとの「カッコイイ」の英語表現を紹介していきます。

さまざまな場面でカジュアルに使える「カッコイイ」


まずは多くの場面で使える「カッコイイ」の表現をご紹介します。比較的ニュアンスなどを気にせず簡単に使えるので、表現に迷ったときにおすすめです。

まずはここから「cool」

「カッコイイ」を英語で表現する際、まず頭に浮かぶのがこの単語ではないでしょうか。「Cool」は素敵・イケてる・素晴らしいというニュアンスを伝えたいときに使います。じつはこの表現、もともとはスラングだったのだそうです。

【例文】
You look cool in that new t-shirt.
(新しいTシャツ、カッコイイね)

気軽に使える「nice」

「nice」も「cool」同様、気軽に使えます。言い方などによってニュアンスを変化させやすい便利な表現です。

【例文】
You look really nice in your jacket.
(そのジャケット、本当に似合ってるね)

見た目を「カッコイイ」とほめたいとき


「カッコイイ!」と伝えるシーンで多いのは、やはり外見をほめる場面ではないでしょうか。しかし同じ外見をほめる「カッコイイ」でも、細かなニュアンスで表現の仕方が異なります。

とにかく見た目がステキ「Good-looking」

「器量よし」「美しい顔立ち」といったニュアンスを表現しています。男性にも女性にも使える表現です。

【例文】
He is so good-looking.
(彼ってホントカッコイイ!)

顔立ちが端正でカッコイイ「handsome」

「端正な顔立ち」「りりしい顔立ち」というニュアンスで使われます。外見をほめる意味合いという点では「good-looking」と同じですが、「handsome」のほうがより男性的なイメージです。もちろん男性だけじゃなく、美しくてカッコイイ女性に対して使うこともできます。

【例文】
I think my boyfriend is handsome.
(私の彼氏はハンサムだと思う)

異性として魅力的という意味がある「cute」

「cute」は女性に使う言葉のイメージが強いですが、本来は女性にも男性にも使える言葉です。異性として「魅力的」だということを伝えたいときに使います。「イケメン」というニュアンスで使われることが多いようです。

【例文】
He is so cute.
(彼ってすっごくイケメン)

センスをほめたいときに使う「カッコイイ」


単に外見をほめるのではなく、センスの良さをほめたいときに使う「カッコイイ」にも、いくつかの表現があります。

おしゃれでカッコイイ「stylish」

服装などを「おしゃれ!」とほめたいときに使う表現です。流行を取り入れたファッションをほめるときなど、ファッショナブル・粋・しゃれてるといったニュアンスを表現できます。

【例文】
What a stylish man!
(なんておしゃれなの!)

ファッションやスタイルを「素敵」「カッコイイ」とほめる場合は、「like」や「love」もよく用いられます。

【例文】
I like your jacket. Where did you get it?
(そのジャケットいいね!どこで買ったの?)

シックでカッコイイ「classy」

単におしゃれというだけではなく、洗練されていて上品な様子を伝えたいときに使います。

【例文】
There is something classy about him.
(彼にはどことなく気品がある)

内面も含め「カッコイイ」と伝えたいときに


内面を含め「カッコイイ」と伝えたいときには、こんな表現を使ってみましょう。

人をひきつける魅力があるときに使う「attractive」

「attractive」は外見だけではなく、内面をほめるときにも使います。魅力的・興味や関心をそそる・好感が持てるといったニュアンスです。

【例文】
His unique voice is attractive.
(彼の独特な声は魅力的だ)

知っていると上級者?「カッコイイ」のスラング表現


映画などを見ていると、会話のなかにたびたびスラング表現が出てきます。自然に使えると、よりこなれた感じが出るでしょう。ただし使い方を間違えると失礼になることもあります。フォーマルなシーンでは使わないよう注意が必要です。

アメリカの若者の間でよく使われる「rad」

若者の間ではやっているスラング「rad」は、カリフォルニアのサーファーが使い始めた言葉だといわれています。「radical」という単語の略語です。この単語を直訳すると「過激な」「急進的な」といった意味があります。

物や発言などを指して使うときは、日本語だと「ヤバい!」のようなニュアンスが近いでしょう。一方その人自身を指すときは、いつも冷静な様子をほめたいときに使うことが多い言葉です。

【例文】
That is a rad jacket you've got!
(すごいイカしたジャケットだね!)

なお、若者がよく使うスラングには、ほかにも「dope」「sick」「awesome」などがあります。いずれも「イケてる」「ヤバい」「最高」というようなくだけた表現です。

【例文】
Look at you. Your jacket is so dope!
(わぁ!そのジャケット最高だね!)

いい人と伝えたいときに使う「chill」

chillにはもともと「冷たい」「落ち着く」などの意味があります。スラングの場合、人に対して使うときは「落ち着いてる人」「いい人」といったニュアンスです。一方ものに対して使うときは、「イケてる」といったニュアンスになります。

【例文】
She is a really chill kind of a girl.
(彼女はとても落ち着いたタイプの女の子だ)

セクシーというニュアンスのある「hot」

女性に対しても男性に対しても、「セクシー」というニュアンスを伝えたいときにはこの表現を使います。ただし本人に直接伝えると、失礼になることもあるためご注意を。

【例文】
He is hot.
(彼ってセクシーだね)

男性に向けて使われることの多い「badass」

直訳すると「悪い尻」となり、本来はあまりいい意味の言葉ではありませんが、若者の間ではほめ言葉として使われています。日本語にすると「ちょーやべえ」といった感じでしょうか。

あまり上品な言い方ではないので、使う際は細心の注意を払う必要があります。なお人に対して使うときは、「堂々としている様子」をほめる時に使うことが多いようです。

【例文】
This car is real badass!
(この車、超やばい!)

多くの表現をマスターして英会話をさらに楽しく


ニュアンスによる表現の違いを知ることで、英語学習はさらに楽しくなります。今後ますます英語を使う機会は増えていくでしょう。会話の基本は、自分の意志や気持ちを相手に伝えること。幅広い英語表現を覚えていけば、より自分の気持ちを的確に伝えられるようになるでしょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「I love you」からはじめよう。子どもに感情を伝える英語表現7つ

「I love you」からはじめよう。子どもに感情を伝える英語表現7つ

感情を相手に伝えることは、コミュニケーションの基本です。嬉しい、楽しい、悲しいなど気持ちを表す英語表現にはどのようなものがあるのでしょうか?感情そのものを...
「素晴らしい」の英語表現7つ!もっと感情を込めたいときは?

「素晴らしい」の英語表現7つ!もっと感情を込めたいときは?

子どもを褒めるときには「Good」や「Nice」だけでなく、よりシチュエーションに合わせた表現をしてみませんか。相手を「素晴らしい!」と褒めたいときの英語...
「英語で表す動物の親子」親と子で呼び方が変わる動物10選

「英語で表す動物の親子」親と子で呼び方が変わる動物10選

日本語で動物の親子を区別する場合、子どもは子犬・子猫のように「子+動物の名称」になることが多いです。 一方、英語では親と子でまったく違う単語で表すことがあ...
イヤイヤ期の声かけにも最適!【おすすめ英会話フレーズ】

イヤイヤ期の声かけにも最適!【おすすめ英会話フレーズ】

おすすめ英会話フレーズ2回目のテーマは「イヤイヤ期」です。英語圏で使われる「マジックワード」や、感情爆発中の子どもに優しく声かけするフレーズをご紹介します...
お誕生日に使える英語のフレーズ「Happy birthday!」以外の表現とは?

お誕生日に使える英語のフレーズ「Happy birthday!」以外の表現とは?

お誕生日の定番フレーズと言えば「Happy birthday!」ですが、英語で伝えるお祝いの言葉はこれ以外にもたくさんあります。「Happy birthd...

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。