2019年05月24日 公開

おうちでできる簡単実験!さかさまにしても落ちない水

子どもに理科や科学への興味を持たせるには、自然科学に対する「なぜ?」という気持ちを育てることが大切だといわれています。家庭でできる簡単な実験を通して、子どもの探求心を引き出してみましょう。今回は、さかさまにしても落ちない不思議な水の実験をご紹介します。

子どもに理科や科学への興味を持たせるには、自然科学に対する「なぜ?」という気持ちを育てることが大切だといわれています。家庭でできる簡単な実験を通して、子どもの探求心を引き出してみましょう。今回は、さかさまにしても落ちない不思議な水の実験をご紹介します。

【さかさまにしても落ちない水】どんな実験?

photo by author (139175)

via photo by author
水の入ったコップをひっくり返すと、重力によって水はこぼれ落ちていきます。

でも、厚紙でコップにフタをしてみると……?不思議なことに水はまったくこぼれません。

手品のような実験結果に、子どもたちも大喜び!

厚紙でうまくいったら、今度は目の細かいふるいでフタをしてみましょう。水はどうなるでしょうか?

実験に必要なもの

photo by author (139178)

via photo by author
実験に必要なものは、次の4つです。

・コップ
・ボウルまたは洗面器
・厚紙またはハガキ
・ふるい

実験方法

厚紙でフタをする

photo by author (139182)

via photo by author
コップいっぱいに水を入れます。
photo by author (139184)

via photo by author
厚紙でコップにフタをします。
photo by author (139186)

via photo by author
フタを手で押さえながら、そっとコップをひっくり返します。
photo by author (139188)

via photo by author
ゆっくりとフタを押さえていた手をはなしてみましょう。水がこぼれてこなければ実験成功です。

ふるいでフタをする

photo by author (139191)

via photo by author
ボウルの中に8~9分目ほどの水を入れ、ふるいを沈めます。
photo by author (139193)

via photo by author
ボウルの中で、コップいっぱいに水を入れます。
photo by author (139195)

via photo by author
ふるいの上にコップを立てます。
photo by author (139197)

via photo by author
ふるいを両手で持ち、コップをかたむけないようにそっと持ち上げていきます。
photo by author (139201)

via photo by author
すると……、ふるいには細かい穴があいているにも関わらず、水はこぼれ落ちてこないことが分かります。

なぜ水はこぼれないの?

 (139431)

ImageFlow / Shutterstock.com
コップをひっくり返しても水がこぼれなかった理由は、2つあります。

1つは、「大気圧」という力がはたらいたからです。

大気圧とは、空気中ではたらく圧力のこと。

空気中にあるすべての物体は、空気によって四方八方から押されています。

ひっくり返されたコップのフタの部分でも、大気圧がはたらき、水を押し上げているのです。

もう1つの理由は、水の「表面張力」です。

表面張力とは、液体ができるだけ小さく丸くなろうとする力のこと。

水滴が丸まった形になるのは、この表面張力がはたらいているからです。

厚紙やふるいでフタをした部分には、表面張力がはたらき、水を内側に引っぱり上げようとします。

大気圧と表面張力、2つの力が作用することによって、水が落ちようとする重力よりも、水を引っぱり上げようとする力が強くなり、水がこぼれなくなるのです。

実験のコツ

photo by author (139205)

via photo by author
実験自体は5分もかからずに終わるので、お子さんが興味を持ったら、ぜひいろいろな方法を自由に試してみてください。

わが家の長女は、「他の網状のものでもフタにできるのか」と、キッチンからザルやあく取りを取り出して試していました。

「コップをななめに傾けるとどうなる?」「厚紙やふるい以外でもフタができる?」など、親子で一緒に試してみると盛り上がりますよ。

「おうち実験」で子どもの自然科学への好奇心を養おう!

photo by author (139208)

via photo by author
自宅にあるものでできるおうち実験、「さかさまにしても落ちない水」をご紹介しました。

シンプルな実験ですが、目には見えにくい空気や水の力を体感できます。

必要な材料も少なく、短時間で簡単にできる実験なので、ぜひ気軽に取り組んでみてくださいね。

※以下の記事も親子でできる簡単実験を紹介しています。ぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

二十四節気啓蟄

【春の二十四節気】「啓蟄(けいちつ)」は動物たちが目覚める...

春の二十四節気、3番目は「啓蟄」です。冬ごもりしていた虫たちが、春を感じて活動を始める頃。子供もわかる啓蟄...
小学校受験オンライン発表

大きな変化があった2021年度小学校受験を振り返る(国立編...

小学校受験もコロナの影響を大きく受けましたが、私立小学校の変化以上に2021年度の受験で驚くべき変化が起き...

コロナ禍の影響は?2021年度小学校受験を振り返る(私立編...

新型コロナウィルスの影響が様々な業界に及んでいますが、小学校受験においても今までにない大きな変化がありまし...
パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...

KEYWORDS

WRITER

青海 光 青海 光