2017年12月27日 公開

フルーツたっぷりで毎日健やかに!フルーツが身近なオランダの暮らし

オランダでは、小さいころからフルーツが身近で、毎日食べるのが当たり前となっています。幼少期にフルーツを食べる習慣をつけると、大人になってもすすんでフルーツを食べるようになるそうです。オランダ国民のヘルシーの秘訣、フルーツがすぐそばにある食卓事情をご紹介します。

お弁当に軽食に!フルーツは常に手の届くところに

お弁当や日常の軽食に。オランダではとてもカジュアルにフルーツが消費されています。駅のホームで朝食替わりにりんごをかじる男性や、公園遊びのおやつにフルーツを持っていく子どもの姿は、オランダではごくごく当たり前の風景です。

子どもの手の届きやすいところにフルーツを置いておくことで、おやつ替わりに自分で好きなフルーツを好きな時に取って食べることができます。りんごやぶどう、洋なし、プラムなどは、皮のままかぶりつくスタイルが染みついているので、親がわざわざ皮をむいてあげなくても上手に食べます。「おやつにフルーツ」が自然なスタイルになる秘訣のひとつかもしれません。

また、カット済みのフルーツも必ずスーパーでは販売されています。200g~300g程度で260~300円程度。子どもが少し風邪をひいたときや元気のないときは、フルーツやフレッシュジュースをたっぷりとって、ゆっくり休むこと。オランダのママ友達からはこうすすめられました。
Photo by author (75544)

via Photo by author
スーパーに並ぶたくさんのカットフルーツ。そのまま食べたり、スムージーにしたり、大変便利です。
Photo by author (75545)

via Photo by author
オランダ人は、フルーツを食べるのが大好き。老若男女問わず、こんな風に外でもフルーツを食べる姿をよく見かけます。

世界各国のフルーツが手に入る!オランダの台所事情

オランダではスペイン、トルコ、南米など世界各国のフルーツが流通しています。初夏はアプリコットやプラム、秋はりんごや柿という旬のフルーツはあるものの、通年で世界中のフルーツが比較的安価に手に入ります。


スーパーではバナナが5本で180円、マンゴー1つ220円、みかん1㎏260円、いちご1パック(250g)390円、すいか1玉420円、りんご1.5kg390円が平均価格といったところ。市場ではさらに4~5割引きで購入することができます。

オランダはEU圏の関税無料の恩恵をうけ、スペインなど温暖な地域のフルーツも安く輸入することができます。そのため国内物、輸入物といった産地での価格差はほとんどないように感じます。

また、筆者が秋に行ったりんご狩りでは、オーガニックりんごが1㎏250円で持ち帰りができ、収穫を楽しむ人で大変にぎわっていました。

スーパーのサンドイッチが300円程度~、カフェやレストランで昼食をとると軽いものでも1,000円以上の出費になります。外食費が比較的高いため、ランチはクロワッサン1つとフルーツで済ませる若者も多いようで、昼食時のスーパーはフルーツを持った学生で賑わっています。
Photo by author (75546)

via Photo by author
スーパーのフルーツ売り場の様子。広くスペースが取られ、ココナッツ、パパイヤ、加熱用のバナナやパッションフルーツなど、南国でおなじみのフルーツも並んでいます。
Photo by author (77973)

via Photo by author
りんごの品種もさまざま。パックに入っているもの以外は量り売りが中心なので、1つからでも気軽に購入できます。
Photo by author (75550)

via Photo by author
オランダの最大手スーパー「albert Heijn」のフルーツ売り場の一角では、無料で子どもにフルーツを配布するカートを時折見かけます。これも、どこにいてもフルーツが身近な存在であるオランダらしい風景です。
Photo by author (75547)

via Photo by author
市場のフルーツ売り場はやはりスケールが違います。そして、安い!洋なしが1キロ1ユーロ(130円程度)、青りんごが1キロ1.99ユーロ(260円程度)など、とってもお買得!オランダでは、スーパーでも市場でも量り売りが中心です。
Photo by author (75548)

via Photo by author
オランダでは、毎秋りんご狩りが解禁されると、農園の近くは大渋滞。みんなが解禁日を待ちわびており、旬のりんごを楽しみたくてウズウズしています。

料理には、砂糖替わりとしてフルーツがよく使われる

オランダの料理ではフルーツがよく使われます。料理本を見ても、材料にフルーツが記載してあるレシピを多く見つけることができます。

日本食では、煮物など料理に砂糖を使うことが多いですよね。オランダで料理によくフルーツを使うのは、砂糖替わりの意味もあるようです。砂糖ではなくフルーツを活用することで甘味と酸味を取り入れられ、滋味溢れる味に仕上がります。煮込み料理や肉料理のソースに、フルーツは本当によく合うんですよ。

トッピングにもフルーツは大活躍。サラダにフルーツを散らせば、彩りも鮮やかで目にもうれしい一皿になります。
Photo by author (75549)

via Photo by author
サラダにフルーツはもはや定番!こちらのサラダには、イチジクとオレンジがふんだんに入っています。ベーコンなどの肉類と甘酸っぱいフルーツの相性は抜群です!
Photo by author (75551)

via Photo by author
オランダの国民食であるフライドポテトにもフルーツピューレが添えられています。アップルムースと呼ばれるりんごのピューレを煮込んだもので、食事と合わせて用いられます。子どもにも大人気!
Photo by author (75552)

via Photo by author
サンドイッチにもフルーツが入っています。ローストビーフとオレンジは黄金の組み合わせ!

果物入り!オランダママの絶品バターナッツかぼちゃスープ - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

果物入り!オランダママの絶品バターナッツかぼちゃスープ - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
秋といえばかぼちゃです。この季節にぴったりのバターナッツかぼちゃやリンゴ、ニンジンを使った、ビタミンが豊富で風邪の引きはじめにも最適な、オランダのかぼちゃスープのレシピをご紹介します。オランダのママの味、ぜひ試してみてくださいね。

スイーツにもフルーツたっぷりで大満足

乳製品の産地である酪農王国オランダ。ヨーグルトやVla(カスタードヨーグルト)、Kwark(フレッシュチーズ)など、食後のデザートになるヘルシーな乳製品がたくさんあります。フルーツフレーバーのラインナップも豊富で、大人も子どももみんな大好きです。

ケーキや焼き菓子にもフルーツをたっぷり使ったものが豊富にあります。フルーツをたくさん使用することで、食べ応えを出しつつ砂糖控えめのヘルシーなスイーツになるんですよ。
Photo by author (75554)

via Photo by author
りんごがぎっしり詰まったアップルパイ(アップルタルト)。まだ歯触りの残ったフレッシュなりんごがぎっしり詰まっている、オランダの定番スイーツです。
Photo by author (75555)

via Photo by author
パンケーキにもフレッシュフルーツがごろごろ添えられています。フルーツと一緒なら、シロップが少なくても甘味が感じられ、おいしくいただけます。

国を挙げてフルーツの摂取を推奨

ここ数年オランダでは、11月から4月まで、学校で週に3度フルーツが支給されています。これはEU、経済省、オランダ企業庁も協賛しているプロジェクトで、フルーツを食べることを推奨することで、生徒の健康維持、肥満防止、学力の向上を目的としています。

子どもが普段から好まない種類のフルーツでも、学校で友達と同じものを配られると、いつのまにか食べているということが多いです。このプロジェクトは、好き嫌いなくさまざまなフルーツを楽しむチャンスだと感じます。

また小学校高学年の子どもたちには、フルーツの生産過程や産地についての学びを深めることも行っています。教育現場からもフルーツを食べることをすすめている徹底ぶりが、オランダ人のフルーツ好きを、そしてフルーツが身近にある暮らしを支える大きなポイントだと感じます。

Schoolfruit - EU Schoolfruit

Schoolfruit - EU Schoolfruit
EUスクールフルーツのオフィシャルサイト

フルーツは元気の源!

栄養素だけでなく、食べるとハッピーな気持ちになれる食べ物、それがフルーツ。いつも前向きでまっすぐな心のオランダ人を見ていると、その元気の秘訣はフルーツにあるのでは?と日々感じます。

オランダ人は、小さい頃からフルーツを当たり前のように摂取しています。料理やスイーツに使うことや、おやつとしてフルーツを用意することは、日本の家庭でも参考になるのではないでしょうか。オランダ流のフルーツのある暮らしを、子育てにも取り入れませんか?

提供:中央果実協会

公益財団法人 中央果実協会

公益財団法人 中央果実協会

果物ではじめる健康生活 毎日くだもの200グラム!

果物ではじめる健康生活 毎日くだもの200グラム!
「毎日くだもの200グラム運動」は、1人1日200g以上の果物摂取を推進する運動です。おいしくて優れた栄養素が豊富な果物は、肥満防止、生活習慣病予防のほか、便秘、美肌にも効果があります。1人1日200g以上の果物を食べて、健康で豊かな生活を送りましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもが喜ぶ!簡単フルーツカッティングの方法教えます♪

子どもが喜ぶ!簡単フルーツカッティングの方法教えます♪

「これどうやって作ってるの!?」そんな難しいイメージのあるフルーツカッティング&アート。でも仕組みさえ分かってしまえば実はとっても簡単! 華やかで子どもた...
簡単&かわいい!親子で作るフルーツサンドレシピ

簡単&かわいい!親子で作るフルーツサンドレシピ

子どもが料理に興味を示しはじめたら、親子クッキングをしてみるチャンス! 子どもが大好きな旬のフルーツいっぱいの「フルーツサンド」なら、簡単なので親子で楽し...
栄養士が語る「幼児のおやつに果物」がいい理由

栄養士が語る「幼児のおやつに果物」がいい理由

「おやつ」って本当に必要?何をあげたらいいの?年齢に適した量は?身体にいいものは?おやつに関する悩みはつきません。そんな悩めるパパママにおすすめなのは、ズ...
旬のフルーツで作ろう!食べておいしいクリスマスリース♪

旬のフルーツで作ろう!食べておいしいクリスマスリース♪

クリスマスに食べられるリースはいかが? りんごをスライスしてリースに見立てたものと、かわいく型抜きしたフルーツをゼリーの中にごろごろ入れたものの2つをご紹...
風邪対策には果物!管理栄養士が伝える果物が身体にいい理由とは?

風邪対策には果物!管理栄養士が伝える果物が身体にいい理由とは?

これからの季節、気になる風邪やインフルエンザ。みなさんは何か対策をしていますか? 風邪に負けない身体をつくるためにはしっかり栄養を補給することが大切です。...

WRITER

Hitomi Hitomi  バリ島、台湾と旅するように夫と3人の息子と暮らし、現在オランダ暮らし2年目。ライター、アロマセラピー講師。hitomiarai.infoというオウンドメディアで海外子育てや、アロマ、手作りコスメ、自然で気楽なライフスタイルを提案しています。