2017年10月26日 公開

「図鑑MOVE」の企画展『MOVE 生きものになれる展』! 2018年4月8日(日)まで開催中

ペンギンみたいにお腹で滑る!?  ダンゴムシみたいに丸まっちゃう!? バジリスクみたいに水の上を走れる!? 子どもだけでなく大人もワクワクする「図鑑MOVE」の企画展『MOVE 生きものになれる展』が、11月29日(水)より日本科学未来館にて開催。その内容を写真たっぷりにご紹介します。

ペンギンみたいにお腹で滑る!?  ダンゴムシみたいに丸まっちゃう!? バジリスクみたいに水の上を走れる!? 子どもだけでなく大人もワクワクする「図鑑MOVE」の企画展『MOVE 生きものになれる展』が、11月29日(水)より日本科学未来館にて開催。その内容を写真たっぷりにご紹介します。

子どものテンションを上げる「動く図鑑MOVE」

 (69377)

本屋さんにて、迫力のホオジロザメの写真と「危険生物」というキャッチ―なタイトルを目にして、思わず立ち止まったママも多いのではないでしょうか? 
写真左上の「危険生物」をはじめ、「動物」「昆虫」「魚」など17冊が刊行されている、「動く図鑑MOVE」。付属のDVDには圧巻の映像も収録されている、大人気の図鑑シリーズです。

『MOVE 生きものになれる展』、11月29日(水)より日本科学未来館にて開催

 (69380)

眺めるだけでもワクワクする、「動く図鑑MOVE」の世界に飛び込める企画展が、東京・お台場にある日本科学未来館にて始まります。
会場は、ワンダー・ジャングル、ミラクル・サバンナ、スモール・ガーデン、サバイバル・オーシャンの4つのテーマゾーンに分かれ、驚きと不思議に満ちた生きものたちの生態を、体験しながら学ぶことができます。
 (69463)

やってみたい! 生きものなりきり体験

ワンダー・ジャングルは、熱帯雨林が舞台。水の上を走る爬虫類・バシリスクになりきる体験ができます。スモール・ガーデンは足元の世界が舞台。ここでは、男の子の心をつかみ続けるダンゴムシの丸まり技を習得することができるとか!?
その他、ライオン、ペンギンなど、人気の動物になりきるアクティビティが満載です。
ワンダー・ジャングルでバシリスク体験

ワンダー・ジャングルでバシリスク体験

スモール・ガーデンでダンゴムシになろう!

スモール・ガーデンでダンゴムシになろう!

サバイバル・オーシャンでペンギンになって滑走!

サバイバル・オーシャンでペンギンになって滑走!

ミラクル・サバンナでライオンになって獲物に跳びかかろう!

ミラクル・サバンナでライオンになって獲物に跳びかかろう!

超リアル恐竜にも会える

さらに、迫力の体験型恐竜ライブショーとして人気を博している『DINO-A-LIVE』のリアル恐竜も登場します。
全長4.5mの肉食恐竜『ラプトル』が動き回り、会場は一気にジュラ紀に!?
開催期間中の平日限定なので、ご注意を。
※詳細は公式サイトをご確認ください。 http://nareru.jp/
 (69388)

会期が長いのも魅力的

 (69393)

小さい子どもはもちろん、大人の好奇心も十分に刺激される、楽しみな企画展!
子ども連れだと、なかなか思い立った日に動けないことも多いもの。小学生以上はいろいろ予定も多いし。でも、冬休み、春休みも含む、来年の4月8日(日)まで開催されるので、いつか行けそう!なのもうれしいですね。

『MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!』

会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6) 1階 企画展示ゾーン
会期:2017年11月29日(水)~2018年4月8日(日)
開館時間:10:00~17:00 (入場は閉館時刻の30分前まで)
休館日:火曜日(12月26日、1月2日、3月20日、27日、4月3日は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
交通:●新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車、徒歩約5分/「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
   ●東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分
   ●都営バス「日本科学未来館前」下車、徒歩約1分
主催: 日本科学未来館、講談社、電通、読売新聞社、NHKエンタープライズ、電通ライブ、ベクトル

当日券料金  ()内は前売料金 税込
大人 19歳以上1,900円(1,700円)
シニア 65歳以上1,700円(1,500円)
中人 小学生~18歳以下 1,300円(1,100円)
小人 4歳~小学生未満1,000円(800円)
3歳以下は無料

公式サイト: http://nareru.jp/

©MOVE 生きものになれる展製作委員会

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

M.MOROPETTI M.MOROPETTI