2017年2月25日 公開

タイプ別おすすめ入園式の服装【男の子編】

男の子の場合、フォーマルスーツを購入しても、入園式のみしか着ないという場合も多いため、どんな服装を選べばいいかは迷ってしまいますね。ジャケットを着るべきか、それともニットのみ? タイプ別にご紹介します。

ベーシックなソフトタイプのスーツ

このタイプのスーツは、最もベーシックな服装だといえます。ジャケットにパンツ、ネクタイと揃っているので、入園式のようなきちんとした場所にも対応できます。飾り過ぎないベーシックなスーツは、結婚式やお食事会、発表会などいろいろなシーンで着まわせます。

子どもの場合はジャケットだと動きにくく、嫌がることがあります。このスーツはシャツとジャケットがセットになったようなデザインで、実は1枚のみです。男の子は動きやすさも重要だから、こんなソフトスーツが着やすいのです。

シャツもカットソー素材を選べば、着心地がやわらかいのがいいですね。

ベストを合わせたフォーマルウェア

ジャケットを着せるべきか迷ったら、ベストとネクタイ、ハーフパンツを合わせるスタイルがおすすめです。園によっても異なりますが、半分くらいこのようにベストを合わせたフォーマルウェアの子もいます。

ジャケットも合わせるスーツ姿だと、価格もそれなりに上がってしまいますね。また、男の子はあまりジャケットを普段から着たがらないので1回のみとなってしまう可能性があります。ベストなら発表会などかしこまったシーンにも着ることができて便利です。

ベストスーツは比較的安価で買うことができ、その後も着まわせるメリットがあります。

3ピースは園によって選びたい

一般的な園では3ピースのスーツを着させている家庭は少ないようです。ベスト、ジャケット、パンツがセットになったタイプは、正統派のフォーマルウェアといえます。ちょっと堅苦しいという雰囲気もありますが、園の雰囲気によっては合わせたほうがいい場合もあります。

このように正装として使えるスーツは、スーツを着る機会が多い家庭におすすめです。社交ダンスをやっている、ピアノの発表会があるなど、着る機会が多いなら買っておいても損はありません。

また、親戚の結婚式を控えているなら、数回着まわすことができるので、スーツを選ぶのもありでしょう。

ポイントにワンカラーを加えてみる

入園式に着るスーツは、紺、グレー、黒など無難な色を選びがちです。小学生や中学生など大きくなってくるとベーシックな色しか着させることができなくなるので、幼稚園児の場合あえて色をプラスする着方もあります。

ボルドーのような深い色だったら、かしこまった席でも浮きすぎません。ベーシックな色を選ぶ人が多い中、少しだけ個性を出したいならこのようにパンツやネクタイで遊び心を加えることもできます。

半そでだと少し肌寒くなることも多いですが、ジャケットと長ズボンなら温かくて安心です。

失敗が少ないのは4点セット

男の子で失敗が一番少なそうなのが、ジャケット、シャツ、ネクタイ、短パンの4点セットを買うことです。カジュアルな園の場合や、子どもがジャケットを嫌がるなら、ベストやカーディガンに変えましょう。これだけでもフォーマルウェアとして着ることができます。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【男の子の育児に悩んだら】年齢別の発達パターンとNGな声かけ

【男の子の育児に悩んだら】年齢別の発達パターンとNGな声かけ

「男の子の育児は大変」という声はよく聞かれます。子育てに苦労はつきものですが、男の子のわんぱくさに悩まされるパパママは多いもの。育児を乗り切るためには、彼...
入園式ママコーデの正解は?おすすめカラーや小物使いのヒント

入園式ママコーデの正解は?おすすめカラーや小物使いのヒント

入園式や入学式は子どもの準備だけでなく、ママのコーデで悩んでしまう人も多いはず。今回はそんなママのために、絶対に押さえておきたいポイントをご紹介します。お...
【連載記事部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ連載14本

【連載記事部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ連載14本

Chiik!にはライターの専門知識や個性をいかした連載記事が多数あります。イラストエッセイや手作りアート系、英語教育、絵本紹介などそのジャンルはさまざま。...
絵を描くことが好きな子どもの頭の中「ごんどうまゆのハハコイク」第33回

絵を描くことが好きな子どもの頭の中「ごんどうまゆのハハコイク」第33回

私は、子どもの頃から絵を描くことが好きでした。黙々と描いているようで色々と考えていたし、自分なりに人生プランを立てて過ごしてきました。今回は、絵を心の支え...
意外に穴場!?児童館や公園のクリスマスイベントに参加しよう!「ごんどうまゆのハハコイク」第32回

意外に穴場!?児童館や公園のクリスマスイベントに参加しよう!「ごんどうまゆのハハコイク」第32回

クリスマスのイベント情報が、続々と公開されはじめました。普段利用している児童館や公園など、身近な場所で開催されるイベントって、実は多いんです。普段のお出か...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!