2017年3月12日 公開

便利でかわいい「フード付きタオル」をおうちで簡単に作ろう♪

お風呂上がりや旅行、夏の日よけなど、いろいろな場面で使えて便利な「フード付きタオル」。タオルさえあれば家庭でも簡単に作れちゃう、フード付きタオルの作り方を紹介します。さらにアレンジすると、子どもが喜ぶ変身グッズにもなりますよ。

裁縫が苦手でも簡単にできる♪

裁縫をする手|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (38623)

 (44345)

FamVeld/Shutterstock
難しそうに見えますが、とてもシンプルな構造です。バスタオルと小さめのタオルを1枚ずつ用意して、バスタオルにフードになる小さなタオルを縫い付けるだけです。

作り方は2ステップ。バスタオルと小さなタオルの中心を揃えて縫い付けます。次に、小さなタオルを三角に折って縫うとフードができます。縫うのはたった2カ所だけなので、お裁縫が苦手な方でも手作りできますね。タオルのサイズを変えれば、お子さまにぴったりの大きさのものが作れます。

大きさ違いの同柄タオルを購入したら、さっそく手作りしてみましょう。ミシンでも手縫いでも大丈夫です。

フェイスタオル2枚で作る暑さ対策

 (44349)

EL CHIKO/Shutterstock
フェイスタオルなど、細長いタオルを使う作り方もあります。

細長いタオルを2枚準備したら、1枚は半分に折り畳んで片側の端を縫います(一部を縫わずに開けておきます)。開くと三角のフード部分ができます。さらにもう1枚のタオルを横に広げて、先ほどのタオルと垂直に交わるように組み合わせて縫うだけです。

背中部分のタオルが2重になるので、最初に開けておいた部分をポケット代わりにして、保冷剤などを入れることができます。夏の暑さ対策にもなりそうですね。

かわいいうさ耳付きのフード付きタオル

 (44344)

SvetlanaFedoseyeva/Shutterstock
うさぎの耳が付いたデザインは、女の子が喜びそうですね。耳をフード部分に付けると、かぶったときにタレ耳になってかわいいのです。ボディの部分がすっぽり体を覆う大きさで作っておくと、お風呂上がりやプールにもおすすめです。

バスタオルの上部にギャザーを寄せてゴムを入れたら、筒状に留められるように、スナップボタンを付けます。プールでの着替えなどによく使う、巻きタオルの形です。これにフードと耳を縫い付けたら完成です。

男の子にはくまの耳バージョンで仕上げてもステキです。いろいろな動物の耳を付けて楽しむのもいいですね。

怪獣デザインのフード付きタオル

フード付きタオルに、怪獣の顔を付けたかわいいデザインです。特に男の子は喜んで使ってくれそうですね。シンプルなタオルに目や歯などを付けてアレンジすると、とってもかわいくなります。
 (44347)

Lightfactory/Shutterstock
このクリエイターさんは海外の方なのでサイトは英語ですが、たくさんの写真を交えて説明されているので、見るだけでもある程度わかるようになっています。歯の付け方、目のデザインなど、詳しく解説されているので、参考にしてみましょう。

とてもステキなデザインなので、完成したらすぐお子さまにかぶせたくなるはず。お風呂上がりに使用するだけではもったいないので、プールや海で遊ぶときにもぜひ使ってくださいね。

アレンジ次第でさらに使いやすくステキに

 (44346)

Sarah Lew/Shutterstock
手作りのものにはパパママの愛情がたっぷりこめられているので、子どもたちも喜びますよね。お裁縫が苦手な方はシンプルなものから挑戦して、手作りが好きな方は耳を付けたり、怪獣の顔を付けたりしてアレンジを楽しんでみてください。アイディア次第でさらに使いやすくステキなものになるはずです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

節分に使う「鬼のお面」の作り方│幼児も簡単にできるお面作り

節分に使う「鬼のお面」の作り方│幼児も簡単にできるお面作り

節分にかかせない、鬼のお面。子どもに手作りさせたいけれど、怪我の心配・後片付けを考えると躊躇してしまうかもしれません。そんなときは簡単・安全にできる作り方...
【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

細い棒1本で立っているのに、左右に揺らしても倒れない「やじろべえ」。子どもの「なぜ?どうして?」を引き出す知育玩具としてもおすすめです。やじろべえの作り方...
よく飛ぶ「手作りフリスビー」子どもにも簡単な作り方3選

よく飛ぶ「手作りフリスビー」子どもにも簡単な作り方3選

楽しみながら運動神経を鍛えられるフリスビーは、小さなお子さまにもおすすめのおもちゃ。形・価格帯も千差万別ですが、身近な材料を使って手作りすることも可能です...
盛り上がること間違いなし!家族でオリジナルのおみくじを作ろう

盛り上がること間違いなし!家族でオリジナルのおみくじを作ろう

神社でおみくじを見かけると、つい買ってみたくなりませんか?何が出てくるのかなとわくわくします。家庭でできるシンプルで楽しいおみくじを作ってみませんか。それ...
クリスマスオーナメントを手作り!親子でできる簡単な作り方

クリスマスオーナメントを手作り!親子でできる簡単な作り方

かわいいクリスマスオーナメント、今年は子どもと一緒に手作りしてみませんか?作り方は簡単なのにおしゃれに仕上がる、手作りオーナメントを3つご紹介します。必要...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!