2016年11月16日 公開

「ハウスワイフ2.0」から学ぶ「主婦としての人生」

「ハーバード卒、IT企業管理職」というようなバリバリのキャリアウーマンが、突然仕事をやめ専業主婦へ。そんな「会社に使われない生き方」を選ぶ女性が増えています。アメリカ発の話題の本から世界中に議論を巻き起こしている「新しい主婦のかたち」について考えてみましょう。

新しい生き方?「ハウスワイフ2.0」とは

タイトル :ハウスワイフ2.0
著者  :エミリー マッチャー(著)/森嶋 マリ(訳)
出版社 :文藝春秋

「ハウスワイフ」とは「主婦」のこと。「2.0」とは「新しいバージョン」を示す言葉です。従来の主婦「ハウスワイフ1.0」に対応する概念が「ハウスワイフ2.0」であり、エミリー・マッチャーの書いた『ハウスワイフ2.0』から世間に広まった言葉です。

この本には、エリート大学を卒業後、官公庁や一流企業でバリバリ働いていた女性が、ふとしたきっかけで仕事をやめて専業主婦として新しい生活をはじめる……そんな実例がたくさん掲載されています。

家政婦じゃない!「人生を楽しむ選択」としての主婦

『ハウスワイフ2.0』には、思い思いの生活を楽しむ主婦の姿が描かれています。

「ジャムをつくり、編み物をするなど田舎暮らしを満喫する」
「SNSやブログで情報発信し、ワークシェアや起業にトライしている」
「家事・子育てのすべてを自分でやるのではなく、夫やシッターと分担する」

などなど。
古くからある専業主婦のイメージとは異なる、積極的に人生を楽しむ姿がうかがえますよね。

「肩の力を抜いて生きる」というスタイル

『ハウスワイフ2.0』に登場する主婦たちは「スローな生活」にこだわる人が多いようです。料理はできるかぎり手づくり。モノを買わずにあるものでやりくりする、などなど。

そうした姿勢は、見方によっては大量消費社会に対するアンチテーゼといえなくもありません。しかし彼女たちは、それを社会に向かって声高に主張するようなことはしません。

「わたしは自分の生活を楽しむためにこういう生活を選んだのよ」と、あくまでも個人的な人生の選択の結果としての「ハウスワイフ2.0」であることを自覚し、のんびりと楽しんでいるんです。

「ハウスワイフ2.0」は「フェミニズム」の表れ?

「ハウスワイフ2.0」たちはWebツールを積極的に利用します。「ブログで自分のライフスタイルを公開する」「オンラインのハンドメイドマーケットで自分の手作り雑貨を売り、生活費の足しにする」などなど。

この点は「ハウスワイフ1.0」と決定的に違うところです。価値や情報を他者と共有し、その活動が収入にもつながるという生き方は新しい価値観の表れにも思えます。

でも『ハウスワイフ2.0』の著者は「これは新しい価値観ではなく、フェミニズムの表れだ」と考えています。昔のフェミニズムは「男性社会における女性のキャリア獲得」という意味でした。現代では「自由な選択の結果としてキャリアよりも主婦を選んだ」ことが、女性の権利拡張をうたうフェミニズム思想にぴったりだというのです。

「仕事か家庭か」ではなく「人生を楽しめるか」

上記のとおり、「ハウスワイフ2.0」の生き方について、著者は「フェミニズム」の流れのなかに位置づけています。でも、そのようにとらえるのは少し堅苦しいかもしれませんね。

というのも、フェミニズムは「女性の権利を広げよう」ということがテーマですが、『ハウスワイフ2.0』に登場する女性たちは、「主婦業を選んだという自分の選択は正しいのか?」という価値判断に思い悩み、苦しんでいるわけではないからです。

むしろ、「どうすれば主婦業を、人生を楽しめるか?」ということに彼女たちの関心は移っているのではないでしょうか。みなさんはどう思われますか?

より気楽に主婦業を楽しむために

「自分が獲得するはずだったキャリアと比べて、専業主婦という仕事に価値はあるのか(その逆もしかり)」という問答に自分をしばりつけてしまうと、人生を楽しむことなんてできなくなります。「ハウスワイフ2.0」の生き方には、「自分の選択の結果を後悔するのではなく、いまの生活を楽しむ余裕を持とうよ!」というプラスのメッセージが秘められているのではないでしょうか!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

大好きなさくらももこ作品!親になったら見方が変わった

大好きなさくらももこ作品!親になったら見方が変わった

さくらももこさんは、愛される作品をたくさん生み出してくれました。今回は、パパママだからこそ楽しめる作品を5作ご紹介します。育児の息抜きとして、ぜひ読んでみ...
産後復帰のリアル!フリーランス✕ワーママ、保活や仕事時間の現場は?

産後復帰のリアル!フリーランス✕ワーママ、保活や仕事時間の現場は?

個人事業者やフリーランサーとして働く女性にとって、大きな壁の一つが「産後復帰」。仕事への復帰時期や育児と仕事の両立、保活すべきかなど、悩みはつきません。産...
薄井シンシアさんが指南!専業主婦が就職までにすべきこと

薄井シンシアさんが指南!専業主婦が就職までにすべきこと

書籍『専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと』の著者薄井シンシアさんは、「専業主婦」をキャリアとして捉えて自ら選び、後悔のない17年間を過ごされ...
「おいしい」が一番大事!小林カツ代さんに学ぶ料理への考え方

「おいしい」が一番大事!小林カツ代さんに学ぶ料理への考え方

毎日大切な家族のために安心・安全で身体にいいものを食べてほしいと料理をしているパパママも多いと思います。でも毎日毎食のこと、あまりがんばりすぎて肩に力が入...
妊娠中にぜひ読みたい、妊娠・出産をテーマにした本4選!

妊娠中にぜひ読みたい、妊娠・出産をテーマにした本4選!

妊娠中は、つわりなどの体調の変化に関する悩みや陣痛はどのくらい痛いのか?など、出産に関するさまざまな疑問や不安を抱えることが多いですよね。そんなときに、ゆ...

WRITER

takutaku takutaku  雑誌の編集を経験後、フリーライターとして活動しています。