2018年05月25日 公開

雨の日の室内遊びに。ペットボトル空気砲で的当てゲーム【小山一馬の簡単廃材工作】

これから、じめじめした雨の季節がやってきますね。外で遊びたいのに、雨では遊びに行くのも気持ちが落ち込んでしまいそう。そんな時は空気砲を作って、室内で的当てゲームでなんていかがでしょう?弾は空気なので、とても安全に的当てゲームを楽しめますよ!

これから、じめじめした雨の季節がやってきますね。外で遊びたいのに、雨では遊びに行くのも気持ちが落ち込んでしまいそう。そんな時は空気砲を作って、室内で的当てゲームでなんていかがでしょう?弾は空気なので、とても安全に的当てゲームを楽しめますよ!

当たっても痛くない弾!

photo by author (93836)

via photo by author
今回は廃材を使ったおもちゃの制作として、ペットボトルを使った「空気砲」の制作です。的に向かって空気の弾を発射するので、弾が見えない分最初はちょっと難しいかも知れませんが、慣れてくると結構遠くの的も倒せるようになります。 

ペットボトル空気砲の材料

photo by author (93837)

via photo by author

材料

・ペットボトル(丸い形が良い)
・風船(大きめの風船が良い)
・ビニールテープ
・はさみ

作り方

①ペットボトルの底を、はさみで切り取ります。
photo by author (93838)

via photo by author
②風船も、写真を参考にして切り取ります。
photo by author (93839)

via photo by author
③風船をペットボトルの底に被せたら、取れないようにビニールテープで巻きます。
photo by author (93840)

via photo by author
④空気砲の完成!
photo by author (93841)

via photo by author

遊び方

①ペットボトルの口を的に向け、風船を引っ張ります。狙いを定めたら、風船を離すだけ!
photo by author (93842)

via photo by author
②紙で的を作ったら、空気の弾で倒してみよう!
photo by author (93843)

via photo by author

遊び方のコツと注意

・空気砲の弾は空気ですから、どこに弾が飛んで行くのか分かりません。最初は的に近いところから練習してみましょう。慣れてきたら的から少しずつ離していきましょう。もっと慣れてきたらどこまで空気の弾が飛ぶのか実験してみましょう。実は結構遠くまで飛びます!!

また、ペットボトルに油性マジックで絵を描いたり、シールを貼ると、カッコいい自分だけの空気砲が出来上がります。

注意事項としては、弾が空気で痛くないといっても、人や動物などの生き物に向けてはいけません。狙われると結構怖い思いをするので、止めましょう。ただし、空気の弾ってどんな感じかを調べるために、自分に向けてやってみるのも良いかも知れません!

作者プロフィール

小山一馬
造形作家/武蔵野短期大学幼児教育学科准教授
主にダンボールなどの廃材を使用して作品を発表しながら、
幼児教育者を育成する短大にて、図画工作などを教えています。
表参道ヒルズ「キッズの森」にてワークショップを定期的に開催中!
詳しくは表参道ヒルズホームページの「イベント&トピック」をチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

探究学舎グローバルライアン先生

探究学舎グローバルに直撃取材!『英語×探究』で本物の国際教...

探究学舎がコロナ禍にスタートした英語版オンライン授業。その開発に秘められた想いとは。今回は、小1の息子が現...

なぜ民間学童が人気なの?公立学童との違いと選ぶポイントを解...

なぜ、民間学童が人気なのでしょうか?人気のひとつは、放課後の時間を習い事の時間にできるから!この記事ではそ...
あやとりをする子どもの手

あやとりは手軽な知育遊び!効果や意外な歴史、始め方を紹介

「あやとり」はさまざまな知育効果が期待できる遊びです。その効果と意外な歴史を解説します。始めるのに適した年...
イースターツリー&エッグ

イースターの楽しみかた。春を感じて気分を上げよう!【英国す...

春のイベントといえばイースター。パステルカラーや定番の動物たちを飾って、楽しんでみませんか?イギリスのイー...

オンラインアート教室「ATAM ACADEMY」!デジタル...

「ATAM ACADEMY」はパソコン・タブレット等のデジタルツールを使って、子どもの発想力を伸ばすオンラ...

WRITER

小山一馬 小山一馬