2019年6月24日 公開

【海外で有名な日本語】世界でそのまま通じる意外な日本語って?

海外でそのまま通じる「日本語」は意外とたくさんあるのをご存知ですか?世界で流行っている日本語を知っておくと、英語で日本文化について紹介する時に便利です。オーストラリア在住の筆者が、周囲でよく見聞きする、英語圏でもそのまま通じる意外な日本語をご紹介します。

日本から海外に輸出された英語として通じる日本語

旅行先や留学先、あるいは日本で、日本文化を英語で他の国の人に伝えるシーンは多々あるもの。その際、「こういう日本文化は、『英語』では何というのだろう?」「日本独特のものに対応する『英単語』を知らなければ」と多くの人は思うでしょう。

ですが、外国人にそのまま通じる日本語は意外とたくさんあります。

筆者は西オーストラリア州パース在住ですが、英語環境であるこちらの生活で、多くの「日本語」が、会話中にそのまま登場して驚くことが何度もありました。すでに、日本独特のものを表す単語として認知されているので、英語でまわりくどく説明するよりも、ずっと伝わりやすいのです。

ではいったい、どんな「日本語」が知られているのでしょうか?筆者の住むオーストラリアで、よく使われている単語を紹介します。

日本の創作文化


アニメや漫画は、英語圏でも若者を中心に人気が高い、日本の代表的な文化です。

英語では一般的に、漫画のようなスタイルの表現を comics と呼びますが、「日本独特のマンガ」を指す時は manga がよく使われます。同じように、アニメは英語で animation ですが、anime と言うと「日本のアニメ」を指します。

オーストラリアでは、manga や anime といえば、ドラゴンボール、ポケモン、ナルト、セーラームーン、ドラえもん、スタジオジブリ作品などの認知度が高いようです。

また、世界的に有名な日本の創作文化といえば、「折り紙」を思い浮かべる人も多いでしょう。折り紙は英語で paper folding と言いますが、「日本の折り紙」は、 origami という単語で知られています。折り紙用の正方形の紙は、origami paper と書かれて売られています。

日本の食文化


英語圏では「日本の食文化」もたいへん人気です。ここオーストラリアでも、日本食を提供する飲食店は増えています。

日本食として人気が高いのは、ラーメン(ramen noodle)、寿司(sushi)、てりやきチキン(teriyaki chicken)など。天ぷらは tempura ですが、発音が「テンピューラ」という感じで日本語とは少し違います。また、日本スタイルの「弁当」は、bento box という英語になっています。

また、「抹茶」は、英語でも matcha として広まっています。近年の欧米のヘルシー志向の高まりに伴い、matchaを取り入れたドリンクやスイーツをメニューに出すお店が増えています。

筆者が面白いと思ったのは、「枝豆」がこちらの人に意外と人気なこと。食や日本文化に関心がある人は、edamameという言葉を知っていることも多いです。

日本の伝統的な文化


海外の人にとって、「日本らしいもの」といえば、やはり忍者(ninja)や侍(samurai)のイメージは強いようです。これらの言葉は、アニメやレゴの「ニンジャゴー」の影響もあってか、子どもにも認知度が高いです。「日本刀」のことは、samurai sword (swordは剣、刀)と言うとピンとくる人が多いです。

また、「着物」は、kimono として、日本の伝統的な衣装であると知られています。

日本の伝統的なスポーツの代表は「相撲」ですね。相撲は sumo wrestling と英語で表現されます。お相撲さんのことは、sumo wrestler です。

他の国の人が、日本の何に興味をもっているかがわかる


オーストラリア在住の筆者が、こちらで認知度が高いと思う日本語の単語を中心に紹介しました。

もちろん、このような「日本語」の認知度は、地域や国、個人の興味や関心によって、異なります。しかし、相手が日本文化に少しでも興味のある人ならば、このなかの多くは知っているのではないでしょうか。

「英語として知られている日本語」を通して、他の国の人たちが日本のどんな点に興味をもっているのか、海外からの視点を知ることができます。英語でのコミュニケーションにも役に立つのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

アメリカ英語とイギリス英語、同じ英語でも単語はこんなに違う!

アメリカ英語とイギリス英語、同じ英語でも単語はこんなに違う!

日本で学ぶ英語は基本的に「アメリカ英語」ですが、世界では「イギリス英語」も多く使われており、両者では、日常生活レベルの単語でも違いがあります。イギリス英語...
子どもを“respect”するとは?海外の教育を通して学んだこと

子どもを“respect”するとは?海外の教育を通して学んだこと

「リスペクト(respect)」という言葉は、日本でも次第に認知度が高まっていますが、本来はどんな意味があるのでしょうか?筆者がオーストラリア生活の中で、...
英語で「気持ち」を伝えるための表現7選!親子で一緒に覚えよう

英語で「気持ち」を伝えるための表現7選!親子で一緒に覚えよう

英語を話すとき、気持ちや感情を表す言葉がいえると、英会話も楽しくなります。子どもの会話でもよく登場するような、簡単な「気持ちを表す英語表現」を7つ紹介しま...
【便利な英語フレーズ集】子ども同士の会話で今すぐ使える!

【便利な英語フレーズ集】子ども同士の会話で今すぐ使える!

もし、外国人の子どもと接する機会があったら、お子さまにとっては英語でコミュニケーションを体験するよいチャンスです。そんなとき、親はどんなことを話すようにす...
海外はほめ上手?オーストラリアで知った「子どもをほめる言葉」

海外はほめ上手?オーストラリアで知った「子どもをほめる言葉」

一般的に、「日本に比べて海外では人をよくほめる」といわれます。筆者は5年前からオーストラリアに住んでいますが、こちらでは特に、子育ての中で子どもをほめるこ...

WRITER

Chieko Chieko  高校生の女の子、小学生の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。