2017年9月4日 公開

試してみたい!幼児に人気のおにぎりの具5選

朝ごはん、昼ごはん、お弁当など、さまざまなシーンで作る機会の多いおにぎり。ついついワンパターンになってしまうと、お悩みの方も多いことでしょう。この記事では、子どもに人気のおにぎりの具をご紹介します。定番から変わり種まであるので、ぜひ参考にしてみてください。

お米のほんのりとした甘さと、鮭の塩気がとてもよく合います。

鮭フレークを使ってもおいしいのですが、自分で焼いた鮭を使った方がおすすめです。鮭はフライパンでも焼くことができます。蓋をして蒸し焼きにすることで、しっとりとした味わいに。

おにぎりの具はほぐした鮭だけでも十分おいしいです。ちょっとアレンジをするなら、枝豆やわかめと一緒にごはんに混ぜこんでみましょう。いつもの鮭おにぎりがワンランクアップします。

ツナ

定番のツナマヨおにぎりは大人にも子どもにも大人気。

上手に作るコツは、ツナの油をよく切ることです。缶を開けるときに、ふたで押さえて油を切るだけでは不十分。キッチンペーパーを使ってしっかり油を切りましょう。

ツナマヨにめんつゆを加えると、和風の味わいになります。塩昆布と混ぜてもよいでしょう。ただし、塩気が強くなりすぎることがあるのでご注意を。めんつゆや塩昆布を入れる場合は、マヨネーズの量を少なめにしてください。

鶏肉

鶏そぼろや鶏のから揚げなど、鶏肉のおかずを加えるのもおすすめ。
鶏のから揚げはそのまま入れると大きくて食べづらいので、一口大に切ったものを入れるとよいでしょう。照り焼きチキンや煮物の鶏肉もおにぎりとよく合います。

チーズ

いつものおにぎりにチーズを入れるだけで、新しい味わいが楽しめます。おすすめはおかかごはんにチーズを入れたおにぎり。おかかとチーズと海苔が不思議とよく合うのです。
同様に塩昆布チーズおにぎりもおすすめですが、塩昆布を入れすぎると塩分が多くなるので注意してください。

チーズとベーコンやハムを入れた、洋風おにぎりもおすすめ。また、おにぎりにトマトソースを塗り、チーズと具をのせて焼いたピザ風おにぎりも人気です。

卵とごはんは相性バッチリ。

炒り卵や卵焼きなど、普通の卵料理で構いません。ただし、普段作るときよりも、塩気を増やしたほうがおにぎりの具としてはマッチします。

薄焼き卵でケチャップごはんを包んだオムライス風おにぎりもおすすめ。煮卵を丸ごと入れたおにぎりも意外性があって喜ばれそうです。

オリジナルおにぎりを楽しんで

Momomimee/shutterstock
さまざまな食材に合うところが、ごはんのよいところです。これまで試したことのないおかずも、おにぎりの具として意外とマッチするかもしれません。

おにぎり作りを自由な発想で楽しんでみてはいかがでしょうか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち~食事エプロンとご飯の時間

「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち~食事エプロンとご飯の時間

「今日の給食、うちの子食べてました?」とよく聞かれます。好き嫌いしてないかしら?量は充分食べているかしら?など、パパママが気になる食べる環境としての食事エ...

KEYWORDS

WRITER

宮島ムー 宮島ムー  滋賀県大津市に住んでいます。同い年の夫と、2013年生まれの娘と3人暮らし。「ムーメモ」というブログを運営しているので、ぜひ検索してみてください。Twitterアカウントは@muumemoです。