2017年3月2日 公開

パパを育てて夫婦一緒の子育てを楽しもう!パパ育てのコツ

パパ育てをしてパパが積極的に育児に参加する方法を実践してみませんか?パパ育てとはどんなことをするのかわからない、という方も多いと思います。各家庭のライフスタイルの中でどんな風に取り組めばパパも育児や家事に参加するようになるのか、その方法をご紹介します。

パパ育てとは?

パパ育てとは何なのでしょうか?子どもがうまれたらパパももっと家事や子育てに参加してもらうよう、ママが上手にリードすることです。ママは出産を通して母親になることはできますが、なかなか父親の自覚を持てないパパもいます。

何をやっていいかわからないパパに対して、ママが上手く助言することが大事です。本当はパパも何かしたいと思っているかもしれませんが、手を出すべきか、邪魔にならないか迷っているうちに、何もしないパパになってしまう可能性もあるのです。

パパにお願いするときの注意点

思ったよりママの気持ちはパパに伝わっていません。お願いしたいことがあれば、正直に言葉に出してみましょう。本人が思っているよりも、男性は相手の気持ちを理解するのが苦手なものなのです。

ママとしては言わなくても率先して家事や育児を手伝ってもらうのが当たり前だと思いがちですが、ママの苦労に気がついていないパパも多いのです。
お願いしたあとは「~してくれて助かった」「~してくれて嬉しかった」など素直に感謝の気持ちを伝えてください。お願いしたことをパパがうまくできなかったとしても、です。あれこれ言われると、パパは次もやろうという気が失せてしまいます。

パパ育ては必要なことです

パパ育てとは本当に必要なのか疑問を持つ方もいるでしょう。お願いしようとしても上手くパパができなかったり、時間がかかったりすると、自分がやったほうが早いと思うかもしれません。

でも、ママは産後の体調のことや、普段の日も体調が悪いときもあります。ママが万が一具合が悪くても、パパが育児や家事ができたほうが、ママも安心なはずです。パパ育てとは家事や育児は夫婦2人がやるべきという考え方だけでなく、体調が悪いときのことも想定しましょう。

パパならではの価値を教えてあげたい

結局子どもにとってママが一番となると、パパも子育てや家事に気乗りしません。パパの大きな手のほうがお風呂に入れやすい、パパの迫力ある遊びは子どもにとって動きがあって楽しい、子どもとのお出かけはやっぱりパパの力が必要など、価値を見出せる要素を探し出すことです。

パパ育てとは、時間がかかっても、やってくれたことにお礼を言う、できたら褒めるなど、子どもの教育と同じように少しずつパパも成長していくと認識しておきましょう。

子どもができたらパパも一緒に育てよう

細かい部分は気が付きにくいのが男性の特徴です。ママは子どもが2人いると思うと大変ですが、子どもが小さいときにパパ育てをしておくと、家族みんなで協力できるようになり、コミュニケーションも取りやすくなります。子どもができたらパパ育てもやりながら、家族みんなで成長していきましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

バイリンガルを育てるカナダのイマージョン教育【翻訳家ママのバイリンガル教育 第7回】

バイリンガルを育てるカナダのイマージョン教育【翻訳家ママのバイリンガル教育 第7回】

バイリンガル教育で成果を上げているイマージョン教育。この教育方法の発祥の地は、フランス語と英語のバイリンガルが多く住む街、カナダ・モントリオールです。翻訳...
LOA
折り紙で作る簡単ポチ袋【手作りがおしゃれなオリジナルポチ袋】

折り紙で作る簡単ポチ袋【手作りがおしゃれなオリジナルポチ袋】

お年玉・写真・メッセージカードを入れて、ちょっとしたお礼・心遣いに使えるポチ袋。折り紙やクラフト紙などの正方形の紙で簡単に作れます。千代紙のような和柄折り...
子どもにも理解しやすい!ネコが出てくることわざ5選

子どもにも理解しやすい!ネコが出てくることわざ5選

ネコはペットとして飼っている家庭も多く、その愛らしさから子どもたちにも人気のある動物です。そんな身近なネコが出てくることわざなら、きっと子どもも興味を持ち...
Lei
育休中に資格取得は目指せる?チャレンジした体験から言えること

育休中に資格取得は目指せる?チャレンジした体験から言えること

24時間赤ちゃんのお世話に追われて眠る暇もないのに、育休中に勉強なんて到底無理……。でも貴重な時間、できるだけ有意義に過ごしたい!そんな風に思う方も多いの...
子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもの習い事ランキングの上位に入る「英会話」。しかし、日本で暮らしてる限り日本語だけで不自由しないので、英語を習っていたとしてもなかなか身につかないこと...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!