2018年1月9日 公開

プレゼントをみんなに配る!?オランダの誕生日事情

誕生日の習慣も、国によりさまざま。筆者の住むオランダでは、幼稚園や学校でもお祝いをしますが、ケーキやお菓子などの小さなギフトをクラスメイト全員に配るのが一般的です。オランダの心温まる誕生日事情をお楽しみください。

オランダでも誕生日は一大イベント!盛大にお祝い

誕生日カード

誕生日カード

スーパー、文房具店、雑貨屋さんなどで、必ず販売されているバースデーカード。
via Photo by author
日本同様、生まれた記念日は一年の中で大切な行事です。どのお店でも、年齢の入ったバースデーカードが販売されていますし、町中でも時折、大人数でバースデーソングを歌う声が聞こえてきます。特に50歳のお誕生日は女性は「サラ」、男性は「アブラハム」と呼ばれる盛大な誕生会を行います。旧約聖書に由来するお祝いですが、日本の還暦祝いのような、長寿を祝福するためのもののようです。

もちろん子どもの誕生日も例外ではありません。
家庭内やお友だちを招いてはもちろんのこと、学校(小学校だけでなく中学校でも)や幼稚園などでも誕生会を行いますよ。

誕生日の人が、プレゼントを配る!?

スーパーのバースデーグッズ売り場

スーパーのバースデーグッズ売り場

テーブルクロス、ガーランド、プチギフトとして配れるものまで、プチプラでかわいいものがたくさん売られています。
via Photo by author
誕生会では、招かれた側が誕生日プレゼントをあげるのはもちろんですが、誕生日の主役もまた、おもてなしをします。お食事やケーキを用意し、来てくれた人、お世話になった人に小さなギフトを配ります。

子どもの誕生会の場合は、遊戯施設に行ったり、プールや映画館に行ったりしたあとに食事を楽しみます。誕生日専用のケータリングや、イベント会社のサービスの利用するのも一般的です。

ちなみに、費用はすべて主役もち!

気になるミニギフトの中身は?

プチギフト

プチギフト

筆者の子どもが誕生日の時に学校に持参したプチギフト。
カップケーキ、ルミカライト(折ると光るもの)、蓄光型の星の飾り、オーガニックキャンディー、プリントアウトしたロケットの塗り絵を添えて。これを20数セット用意しました。
via Photo by author
プチギフト

プチギフト

クラスメイトの誕生日にいただいたギフト。かわいい紙コップに、マーブルチョコ、グミ、マシュマロ、風船が入っていました。
via Photo by author
学校の誕生会にも、みんなで食べるケーキとミニギフトを持っていきます。筆者の子どもたちの通う学校では、まず一人ひとりのクラスメイトと握手をし、その後一緒にケーキを食べて、最後にプレゼントを配ります。

ミニギフトはsnoepzak(おやつ袋)と呼ばれ、個装になったおやつ、ミニカーやシャボン玉など、小さなおもちゃが入っていることが多いです。ちなみにアレルギーや好き嫌いの考慮はされていません。

学校からのプレゼントとしては、たくさんの先生からの寄せ書きカードをいただいて帰ってきます。
お祝いの寄せ書き

お祝いの寄せ書き

via Photo by author

オランダの誕生日ソングは……

LANG ZAL ZE LEVEN - Verjaardagslied - KINDERLIEDJES #1 app voor iPad, iPhone en iPod

オランダの誕生日には、必ずこの歌が歌われます。
日本では一般的なHappy birthday to youの歌ではなく、オランダではLang zal ze leven という歌が歌われます。最後にはみんなで手をあげ、にぎやかな雰囲気の歌です。

最後に

Free Images - Pixabay (72000)

オランダの誕生日は日本の誕生日とは大きく異なる「おもてなし」スタイルです。オランダ以外の国でも、誕生日の主役がおもてなしをしてギフトを配るところがたくさんありますよ。

ミニギフトの内容は、日本でも、ちょっとしたプレゼントやお礼であげるもの参考になれば幸いです。

また、誕生日は、本人以外の家族も「おめでとう」と声をかけられることが多く、とても大切な記念日としてとらえられているように感じます。子どもたちも、お友だちの誕生日も心待ちにしているようです。

会場を借りる大規模パーティーが主流!最近のイギリス誕生会事情 - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

会場を借りる大規模パーティーが主流!最近のイギリス誕生会事情 - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
イギリスでは、大型施設を貸し切って大々的な誕生日会を行う家庭が最近増えています。どのように誕生日が祝われているのか、アクティビティや食事、ケーキなど参加したバースデーパーティーの様子や一般的な事情をご紹介します。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

花火に爆竹、限定スイーツ!オランダの年末年始は大騒ぎ

花火に爆竹、限定スイーツ!オランダの年末年始は大騒ぎ

寒く暗いオランダの冬。どんよりとした気持ちを吹き飛ばすためにも、大騒ぎをして過ごすのが年越しの定番です。ギネス級のたき火、限定スイーツ、花火、とド派手で盛...
日本でもブームの兆し! パーティーが盛り上がる「ピニャータ」

日本でもブームの兆し! パーティーが盛り上がる「ピニャータ」

筆者の住むメキシコでは、子ども達が大喜びするパーティーの定番アイテムである「ピニャータ」。日本でもTV番組で取り上げられたり、日本ピニャータ協会が設立され...
生まれた日のことをお誕生日に話すことで、自己肯定感を育もう!

生まれた日のことをお誕生日に話すことで、自己肯定感を育もう!

お子さんが生まれたときのこと、覚えていますか?その日の風景やうれしかった気持ちをあらたまって子どもに伝える機会は、なかなかないもの。子どもの自己肯定感を育...
うちの子一番!子どもの自尊心を育てるアルゼンチンの子育て

うちの子一番!子どもの自尊心を育てるアルゼンチンの子育て

自尊心は大切だとはよくいわれますが、具体的にはどうやって育てればいいのか分からない方が多いかと思います。筆者が住むアルゼンチンは、子どもの自尊心を育てるの...
フルーツたっぷりで毎日健やかに!フルーツが身近なオランダの暮らし

フルーツたっぷりで毎日健やかに!フルーツが身近なオランダの暮らし

オランダでは、小さいころからフルーツが身近で、毎日食べるのが当たり前となっています。幼少期にフルーツを食べる習慣をつけると、大人になってもすすんでフルーツ...

WRITER

Hitomi Hitomi  バリ島、台湾と旅するように夫と3人の息子と暮らし、現在オランダ暮らし2年目。ライター、アロマセラピー講師。hitomiarai.infoというオウンドメディアで海外子育てや、アロマ、手作りコスメ、自然で気楽なライフスタイルを提案しています。