2018年4月23日 公開

小学校の道徳が「教科」に!授業内容や評価方法は?

2018年4月から小学校の道徳が「特別の教科」となりました。これまでは、行事の準備時間にあてられることもあった道徳。特別の教科となることでどのように変わるのでしょうか?道徳が教科になった背景、授業や教科書の内容、評価の方法などについて紹介します。

小学校の道徳が教科になった背景

 (118107)

道徳が教科になった背景のひとつに、いじめの問題があります。近年、人と人とのつながりが少なくなっているといわれています。子どもたちも例外ではありません。外で友達と遊ぶよりも、1人でパソコンやスマホで遊ぶ時間が増えています。そのため、他人の気持ちを考える力が育ちにくくなっている、といわれています。また、自分に対する批判への抵抗力も低下しています。

このような状況でのいじめは深刻です。いじめている側はいじめを軽く考えがちです。そして、いじめられた側は相談ができない、相談しても理解してもらえない厳しい現実があります。過去十年間で日本人の自殺数は減少していますが、児童・生徒の自殺数は横ばいです。そのため、学校教育の中で、自分と他人の命の大切さを子どもたちにしっかり理解させる時間が必要だと考えられました。

2017年度までも小学校で週に1時間の「道徳の時間」が設けられていました。けれども、道徳の授業には、いくつかの問題点があったのです。

これまでの道徳の授業の問題点

 (118109)

これまでの道徳の授業は、他の科目に比べ軽視される傾向にありました。道徳の時間が運動会の練習など、別の内容に振り替えられた経験があるパパママもいるのではないでしょうか?この他にも、道徳の授業には、以下のような問題が指摘されていました。

・テレビを見せたり、読み物を読んだりするだけの授業内容だった。
・登場人物の気持ちを読み取るなど、ひとつの正解に誘導する傾向があった。
・学年が上がるにつれて、道徳の授業がつまらないと感じる子どもが多くなっていた。

教科になった道徳の授業時間や授業内容

 (93810)

Pressmaster / Shutterstock.com
道徳の授業時間は、教科ではなかったときと同じ週1時間です。授業では、考えて、議論することに重点を置きます。近年、自分と違う考え方を排除する動きが問題になっています。現実社会でぶつかる問題の答えはひとつではないことが多いですよね。子どもたちは道徳の授業で、自分で考える力を養うと同時に、違う考え方を理解する方法を学びます。

道徳の教科書の内容

 (93812)

Kekyalyaynen / Shutterstock.com
教科になったことで、2018年4月から道徳の授業では教科書検定に合格した教科書を使用。教科書には、各学年の道徳教育の目標に沿った読み物と読後に考えるべきポイントが書かれています。また、読み物を自分のことや実生活と照らし合わせて考えるようにも促されています。

特別の教科「道徳」の評価の方法

 (118112)

道徳が教科になることで気になるのは評価の方法ではないでしょうか?

道徳が「教科」ではなく、「特別の教科」なのは、他の教科と評価の方法が違うからです。道徳を数値で評価をすることは、個人の考え方をコントロールすることにつながります。そのため、道徳の評価は、記述による積極的評価が採用されています。教師は、児童のよさを引き出すための評価をすることになっています。また、受験の合否にも影響は与えないと文部科学省が通達しています。

親も一緒に道徳について考える

 (93815)

Dmitriy Bezborodkin / Shutterstock.com
子どもたちは道徳の授業だけではなく、学校生活を通して、さまざまな問題について考え、自分なりの答えを見つけなくていけません。子どもたちの生き方に大きな影響を与えるのは親や家族です。でも、小学校の道徳で学ぶような正しい行動や判断ができないことは、親にもありますよね。

そこで、家でも親子で道徳の教科書を読んでみてはいかがでしょうか?子どもと学校や社会の問題、家族の在り方について、リラックスしながら話し合う時間はとても大切です。道徳の教科化をきっかけに、ぜひ親子で話し合うきっかけを持ってみてください。

<参考>

この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「小1の壁」どうやって乗り越える?親の負担を減らす工夫とは

「小1の壁」どうやって乗り越える?親の負担を減らす工夫とは

共働き家庭が感じる「小1の壁」。保育園と小学校とでは環境に大きな変化があるため、戸惑ってしまうことも多いものです。親の負担が増える小学校生活は、どのように...
イギリス小学生の放課後事情って?遊びも親が付き添う!?【イギリス学校便り】

イギリス小学生の放課後事情って?遊びも親が付き添う!?【イギリス学校便り】

イギリスの小学生は、学校の登下校を一人でしてはいけないというルールがあります。また放課後に友だちの家に遊びに行くときは、どうしているのでしょうか?今回は、...
新刊「親が知っておきたい大切なこと」シリーズで楽しく学ぶ、子どもとの上手な関わり方

新刊「親が知っておきたい大切なこと」シリーズで楽しく学ぶ、子どもとの上手な関わり方

シリーズ累計150万部を突破した子ども向け人気書籍「学校では教えてくれない大切なこと」から、保護者向けの新シリーズ「親が知っておきたい大切なこと」が誕生。...
【教科化される小学校英語授業】使える英語力を育てるために

【教科化される小学校英語授業】使える英語力を育てるために

小学校5、6年生を対象に「外国語活動」として行われている英語。いよいよ2020年度より、国語・算数と同じ”必修教科“となります。教科となる英語授業では、何...
イギリスの小学校にもPTAってあるの?【イギリス学校便り】

イギリスの小学校にもPTAってあるの?【イギリス学校便り】

子どもの学校生活がはじまると避けては通れないPTA活動。頭を悩ませている保護者も多いと聞きますが、イギリスのシステムではどうなのでしょう?ちょっと気になる...

KEYWORDS

WRITER

LOA LOA  カナダ在住のフリーライター。Web媒体で子育てや語学学習についての記事を多数執筆。8歳の息子が0歳のときからはじめた絵本の読み聞かせは、今では私たちの生活になくてはならないものになっています。これまでに息子と読んだ絵本や児童書は、日本語、英語、フランス語を合わせて数千冊。息子が笑顔になる絵本を見つけるのが喜びです。