2016年10月18日 公開

とってもお得!子育て世代にオススメの株主優待とそのポイント

「株主優待ってよく聞けれど、どんな特典があるの?」そんな疑問をもったことはありませんか?子育て真っ最中のパパママにこそオススメしたい銘柄や優待制度の活用法など、株主優待のイロハをまとめたので参考にしてみてくださいね!

株主なら誰でも受けられる「株主優待」とは?

株主優待とは、株式会社が自社の株主に対して行うさまざまな優待制度のことです。すべての株式会社に優待制度があるわけではなく、メーカーやサービス産業などの分野に多いようです。

株の売買はプロだけの特権ではありません。証券取引所で売買されている株式であれば、証券会社の窓口で簡単に買うことができるのです。

株主優待は、お目当ての優待制度を実施している企業の株を買うだけで受けられます。ただ、株価は上昇することもあれば、下落して損をするリスクもありますし、優待を受けられる条件もさまざまなので、本当にそれがお得なのかどうか、十分に情報を集めることが大切です。

オリジナルトミカをゲット!【タカラトミー】

ここからは子育て世代にオススメの株主優待を4つご紹介します!

まずは国内最大手のおもちゃメーカーである「タカラトミー」。

この会社の株式を100株以上保有する株主には、オリジナルのトミカがプレゼントされます!「お店で売ってないトミカだ~!」と、子どもも大喜びです!

公式オンラインショップ「タカラトミーモール」では、最大40%割引で商品を購入できる特典もあるので、節約したいパパママには嬉しいですね。

旅好き一家ならこの銘柄!【鉄道会社】

旅行大好き!の一家にオススメしたいのが、鉄道会社の株主優待です。

「JR西日本」では、100株以上保有すると鉄道運賃と料金がなんと50%割引になる優待券がもらえます。帰省時など、大きな出費があるときに使えばかなり節約できますね!

富士山麓を中心に営業する「富士急行」では、鉄道やバスのほか、富士急ハイランドやスキーリゾート、ホテルなども対象にした優待を行っていて、お得感の高い銘柄です。

出費がかさむ子ども服対策に!【西松屋チェーン】

着られる期間が短くて、なんだかんだ出費がかさむのが子ども服ですよね。そこでオススメしたいのが、子ども服でおなじみの「西松屋チェーン」の株主優待です。

100株以上を保有する株主は、店舗で使える1,000円分のお買物カードがもらえます。西松屋は全国に900店舗以上展開しているので、転勤などで引っ越してしまっても無駄になりません。

プリペイドカードなので、少額のお買い物から使えるのもありがたいですね。

子育て世代だからこそ賢く利用しよう!

「株主優待なんて自分たちとは別世界の話でしょ?」そう思っているパパママは多いかもしれませんね。でも、比較的安価に買える株はたくさんありますし、利回りや優待制度を総合的に考えると、銀行に預金するよりずっとお得な場合もあります。子どもの将来のためのお金だからこそ、情報を集め、賢く運用したいものですね!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

世界のお小遣い事情って?日本だけの制度ではなかった。

世界のお小遣い事情って?日本だけの制度ではなかった。

お小遣い制は日本だけの風習と思われていますが、実は他の国の人もお小遣い制を取り入れているようです。日本でもお小遣い制については賛否両論あり、ある方がいいの...
フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

集団遊びの定番といえば、「鬼ごっこ」。道具も要らず、走り回れるスペースさえあれば、すぐできます。しかも鬼ごっこにはメリットがたくさん!体力・運動能力の向上...
書籍レビュー:「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育

書籍レビュー:「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育

幼児期に大事なのは読み書き計算より、自分で答えを導き出す「思考力」!遊び教育でも詰め込み教育でもない、幼児のための基礎教育とは?気になる育児書や教育本を紹...

KEYWORDS

WRITER

takutaku takutaku  雑誌の編集を経験後、フリーライターとして活動しています。