2017年8月27日 公開

ネットリテラシーは子どもにどう教える?わが家の場合

現代の子どもたちにとって、インターネットは身近な存在です。「いずれ子どもにネットリテラシーを教えたいけれど、何をどう教えたらよい?」と悩むパパママも多いのでは?この記事では、筆者の長女が13歳の時、わが家でネットリテラシーについて話し合った内容を紹介します。

ネットリテラシーとは?

現代の子どもたちにとって、インターネットはごく身近な存在です。ネットはとても便利ですが、使う側が気を付けないと、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。そこで大切なのが、「ネットリテラシー」。

ネットリテラシーとはさまざまな文脈で使われますが、基本的な意味としては、「ネットを利用して、自分の望む情報を取捨選択し、活用できる能力」のこと。つまり、安全に、そして有益にネットを使いこなすための能力です。

しかし、親世代はネットに関する教育を受けた経験がなく、「子どもにネットリテラシーを教えたいが、何をどう教えたらよいかわからない」と悩むケースもあるのでは?

そこで、筆者の娘がネットデビューした時に、家族で話し合った内容を紹介します。

なぜネットを使うのか?メリットを伝える

筆者は西オーストラリア・パース在住です。ハイスクール(中学校)では、生徒用のノートパソコンが必要になります。それまでは、親が許可した時だけネットを使わせていましたが、今後はそうもいかないと考え、娘のハイスクール入学をきっかけに、家族でネットリテラシーについて話し合いました。

ネットリテラシーというと、「ネットは危険」「デマが多い」など、ネガティブなことを考えがち。
しかし、わが家でまず娘に伝えたことは、ネットのメリットについてです。

ネットでレシピや生活情報を検索したり、日常の行動範囲では知りあえない人と交流できたり、自分の体験を文章で発信したり……。筆者自身が、ネットがあるからこそできた、と実感していることを伝えました。

「知りたいこと、表現したいことがある時、ネットはとても役に立つツール。上手に活用してほしい」と、娘に話しました。

ネットのリスクと、はじめて使うためのルール

その上で、リスクとなりうる事例を説明しました。

たとえば、ネットには魅力的なコンテンツがたくさんあります。YouTube等、次から次へと関連動画が提示されるため、自己管理ができないと際限なく時間を浪費してしまうデメリットがあります。

また、ネット上のコンテンツには、閲覧やダウンロードにお金がかかるものもあります。中には、わざと紛らわしい表示で、不当にお金を払わせようとする悪質なサイトもあります。コストを理解し、納得してアクセスすることが必要です。

このほか、ネットではさまざまな立場の人が、匿名で意見を発信できます。「その人の好みや個人的体験を書いたものか?」「事実や、社会的に認められた見解か?」を見極めないと、誤った解釈につながることも……。情報を利用する時は、「どんな人・団体が発信しているか?」を確認し、さらに複数のサイトを見て比較検討するとよいでしょう。

そして、「ネット初心者」である娘に対し、以下のルールを決めました。

・ネットを使用するのは1日2時間まで。
・親が不在の時は使わない。
・使用中に不明なポップアップが出たり、クリックを促されたら、むやみに操作せず親に知らせる。
・疑問があったらすぐに親に言う。

子どもの成長に合わせて、様子を見ながらルールは緩めていきました。

【SNSの友だち】が【リアルの友だち】と違う点は?

また、子どものネット使用で気になるのが、SNSではないでしょうか。筆者の娘も、お友だちに誘われてTwitterやLINEをはじめました。

引っ越して離れてしまった友だちとも気軽に交流を続けられたり、趣味を通じて違う年代の人と知り合えるのは、SNSのメリットです。

その上で、SNS上のやりとりがリアルな場での交流と異なる点として、

・匿名である。たとえば若い女性のアイコンのアカウントでも、実際は男性ということもある。プロフィールを鵜呑みにしないこと。

・直接顔を合わせないため、突然失礼な言葉をぶつけてくる人もいる。深く受け取らず、無視・ブロックなどの対策を取り、相手にしないこと。

・SNSの投稿は知らない人からも見られている。個人情報は書きこまないこと。

などを話し合いました。写真投稿については、以下の記事の内容を、かみ砕いて説明しました。

最後に

現在娘は15歳ですが、学校の課題のため、趣味のため、友だちとの交流のため、今のところはトラブルなく、有意義にインターネットを活用しているようです。

ネットは、私たちの世界を広げてくれる素晴らしい道具。危険があるからといって使用を禁止するのではなく、年齢に応じて子どもたちが上手に使っていけるよう、見守りたいです。

危険を回避するためには、親子で風通しよく話し合いながら、ともに学んでいく雰囲気づくりが大切ではないかな、と筆者は考えています。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

本格的なプログラミングが学べる「Tech Kids School(テックキッズスクール)」

本格的なプログラミングが学べる「Tech Kids School(テックキッズスクール)」

2020年の小学校プログラミング教育必修化に向け、子どもはもちろん保護者からも高い関心を集めるプログラミング教室。今回は、日本最大級のプログラミング教室「...
人気のロボットプログラミング教室「アーテックエジソンアカデミー」の魅力とは?

人気のロボットプログラミング教室「アーテックエジソンアカデミー」の魅力とは?

全国1,500カ所で教室を展開するロボットプログラミング教室「アーテックエジソンアカデミー」。独自開発のブロック型ロボットとオリジナルカリキュラムは、学校...
【小学生におすすめ】オンライン英会話14選|料金・特徴のまとめ

【小学生におすすめ】オンライン英会話14選|料金・特徴のまとめ

子どもを英会話教室に通わせたいけれど、時間と費用がネックになっているパパママもいるのでは?オンライン英会話なら格安料金・登下校時間なしで学べます。コミュニ...
【6歳が体験】プログラミング教室「LITALICOワンダー」に入門!

【6歳が体験】プログラミング教室「LITALICOワンダー」に入門!

人気のプログラミング&ロボット教室「LITALICOワンダー(りたりこワンダー)」。年長から通えるこちらの教室のプログラミングコースを体験し、オリジナルゲ...
小2で英検3級に合格!ライティング&面接対策【小1から英検チャレンジ】Vol.18

小2で英検3級に合格!ライティング&面接対策【小1から英検チャレンジ】Vol.18

小学2年生で英検3級に挑戦し、見事合格を果たしたミヤピー。しかし、英語のかけ流しと音読で切り抜けた5級・4級と異なり、3級には今までになかった壁が現れ、や...

KEYWORDS

WRITER

Chieko Chieko  高校生の女の子、小学生の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。