2018年10月24日 公開

「ひろつるメソッド」で自宅英語学習!1日10分で英検5級対応

子どもの英語学習を始めたいけれど、何から手をつけたらいいのかわからない人に。自身の娘さんを大分の公立高校からハーバード大学に進学させた廣津留真理さんの著書『ひろつるメソッド 子ども英語 Don Don English!』を使って、母子で自宅学習に挑戦しました。

「ひろつるメソッド」とは?

DVDで英語の歌を聞かせたりはしているものの、身についているのかわからない。英語教室はまだ早いような気がするけれど、できれば、何か具体的な英語学習を試してみたい、と考えている方もいるでしょう。そんな方に、おすすめの1冊をご紹介。廣津留真理さんによる『ひろつるメソッド 子ども英語 Don Don English!』です。

タイトル:ひろつるメソッド 子ども英語 Don Don English! 英検5級対応
著者:廣津留 真理
出版社:主婦の友社

著者の廣津留真理さんは、公立高校からハーバードに現役合格し、名門・ジュリアード音楽院とともに首席で卒業したという娘さんを育てた方。英語教室の代表も務めています。「ひろつるメソッド」とは、そんな廣津留さんが実体験をもとに確立した英語学習法で、ゼロから英語を始めた小学生が1年で英検3級以上の力をつける勉強法として注目されています。

「すごいけど、集中力のないうちの子には無理じゃない?」と思いつつ、気になったのは以下のようなポイントが紹介されていたからでした。

書き取り、文法、ゲーム、和訳のない学習法

KPG_Payless / Shutterstock.com
タイトルの「Don Don」とは、難しいことを考えずに、「どんどん聞いて、どんどん読んで、どんどん声に出していけば、自然にわかるようになる」という意味が込められているようです。

幼い子が言語を学ぶのに、たとえ母国語でも、文法や書き取りから入るのは不可能ですよね。英語ゲームは、親の私のノリがそれほどよくないので、ハードル高いです(笑)。また、私も若い頃に英語を学んでいるので、和訳が邪魔であることはよくわかっています。

堅苦しい「勉強」スタイルをとらずに、子どもが楽しく学べるならそれが一番ですよね。コンセプトに共感できたのが、この本を手に取った一番の理由でした。

1日10分でOK!集中力がない子も続けやすい

その日の分がすぐにできるように、専用の箱に付箋をつけたテキストやチェックをつけるためのペン、ご褒美のスタンプを入れておきます。
via photo by author
4歳長男は自分の好きなことに熱中することはあっても、特に親が「これをやってほしい」と思うことには集中力が持続しないタイプ。ましてや、英語の「勉強」なんて、絶対もたないはず…。とはいえ、10分なら大丈夫かも?

この本にある「ひろつるメソッド」は、Apple(りんご)などの簡単な単語から会話文まで、CDの音声を聞き、文字をなぞりながら読み進めるというもの。1日分はそれほど多くないので、10分でOKなのです。

問題は、1日10分をどのタイミングで習慣化するか。我が家では、最初はおやつ前に設定しましたが、おやつが食べたくてウズウズしてしまうので、おやつ直後の機嫌のいい時間に変更しました。

スマホですぐにその日の音声が聞けるようにし、1日分が終わったら子どもの好きなスタンプを押します。スタンプは長男の好きなキャラものなど数種類を用意したら、イマイチやる気がないときもスタンプ押したさに10分辛抱してくれました。

わからなくても、覚えられなくても、進んでOK!

Dean Drobot / Shutterstock.com
「Don Don」には、覚えられない単語があっても気にせず進む、という意味も含まれています。このゆるさが、対幼児にはうれしいですよね。

3カ月で1冊すべて終わったら、また最初から繰り返すシステムなので、一回目はほとんど覚えられていなくたっていいのです。レベル的には「英語ゼロから小学4年分+中1終了レベルまで」なので、後半になると未就学児には難しいのは確か。

でも、入門なのですから、とりあえず先に進めばいいのです。1日10分でも、英語に触れていることは確かなのですから。

親子で一緒に「続ける」「やり遂げる」体験として

spass / Shutterstock.com
1日10分とはいえ、週5で続けるのは難しいもの。3人育児中の我が家では、正直なところ、毎日はできていません。でも、まあ、あまり堅苦しく考えすぎずに、母子のペースでゆったり続けてみようかな、と思っています。挫折したらしたで、まあ、小学生になって忘れた頃にやり直せばいいかな、と。

やり遂げられたときには、母子のいい成功体験になると期待しています。もちろん、英語力にもプラスになっているはず。そんな、ゆるいけれど信頼できる本だと思いました。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

小2で英検3級に合格!ライティング&面接対策【小1から英検チャレンジ】Vol.18

小2で英検3級に合格!ライティング&面接対策【小1から英検チャレンジ】Vol.18

小学2年生で英検3級に挑戦し、見事合格を果たしたミヤピー。しかし、英語のかけ流しと音読で切り抜けた5級・4級と異なり、3級には今までになかった壁が現れ、や...
小学生の英検は何級合格が目標!?家でできる学習方法も紹介!

小学生の英検は何級合格が目標!?家でできる学習方法も紹介!

年々増えている小学生の英検受験者数。5級なら、英語学習をしている小学生であれば十分トライできる内容です。英検の5~3級について、内容や学習ポイントなどをま...
「多読」が重要!小1で英検4級に合格!【小1から英検チャレンジ】Vol.17

「多読」が重要!小1で英検4級に合格!【小1から英検チャレンジ】Vol.17

小学校1年生のときに英検4級に合格した娘のミヤピー。受験させる前まで、英検は中学生以降にならないと受けられないと思いこんでいましたが、実際に学習をはじめて...
小1で英検5級に合格するカギは「過去問の音読」でした!【小1から英検チャレンジ】Vol.16

小1で英検5級に合格するカギは「過去問の音読」でした!【小1から英検チャレンジ】Vol.16

自宅で学習をしている小学1年生が英検5級に合格するにはどうしたらいいのか?そのカギは「音読」にありました!ママミーヤ親子が5級の英検対策として重点的に取り...
幼児の英語学習スタートに最適!「英検Jr.」を受けてみませんか?【小1から英検チャレンジ】Vol.15

幼児の英語学習スタートに最適!「英検Jr.」を受けてみませんか?【小1から英検チャレンジ】Vol.15

英語の勉強をはじめてみたけど、子どもが英検を受けるにはまだまだ……と思われるなら、まずは「英検Jr.」を受験してみませんか?幼児が英語を学習するのに最適な...

KEYWORDS

WRITER

suna suna  ライター/エディター。東京で出版社に勤務後、フリーランスに。結婚を機に広島県に移住し、男女男の3人育児と仕事との両立に奮闘中。子育て、旅、グルメ、住宅、動物など幅広いジャンルで編集・執筆を担当。イギリス、アイルランド等に留学経験あり。