2018年3月6日 公開

受験勉強は社会に出ても役に立つ!得られる6つの力とは?

「受験勉強は、日常の生活で役立たない知識をつめこむもの」という悪いイメージを持っている方は、少なくありません。しかし筆者自身、高校の受験勉強で得た力が、大人になった今も役立っていると感じています。受験勉強を通じて、どのような力が鍛えられるのかを振り返ってみました。

忍耐力と工夫する力

 (84531)

taka1022 / Shutterstock.com
昔ほど、つめこみ型の教育ではなくなったとはいえ、今でも受験勉強の際には、相当量の知識を暗記しておかなければなりません。暗記に必要なのは、反復と継続です。地道な作業ですが、逆にいえば記憶力を問う問題は、努力を続ければ結果が出やすい分野でもあります。

受験勉強を通じて、「地道な努力を続けた結果テストの点数が上がった」という体験ができれば、忍耐力が養われます。また「単調でつまらないけれど、やらなければならない」ことに直面したときに、「では、おもしろく続けるにはどうすれば良いか」という方法を考える訓練にもなります。

受験勉強で覚えた生物や歴史の知識は、日常生活の中では話題に出ることもないかもしれません。でも、知識を習得する過程で身に着いた忍耐力や工夫する力は、日々の生活の中でも十分に活かされ得るものです。

分析力

 (84533)

Dusit / Shutterstock.com
筆者が高校受験の準備を本格的にはじめたのは、中学3年の夏休みです。ずいぶん遅いスタートだったので、しっかりと受験勉強に取り組んできた子との差は、歴然としていました。

優秀な子と自分は何が違うのかー、筆者は難関校を目指す同級生たちをよく観察してみました。そこで、「知らない問題に向き合ったときの対応の仕方」が、全く違うということに気づきました。

筆者は、見たこともない問題が出てくると、「これはわからない」と解くのを止めていました。でも同級生たちは、国語ならヒントとなりそうな文章に線を引いてみる、算数なら図を描いてみるなど、「わかることを書き出して整理する」のが習慣になっていたのです。

受験勉強のために通った学習塾でも、繰り返し「あきらめずに、まず理解できることを抜き出してごらん。それから答えを出すためには何が足りないのかを考えて、それを1つずつ埋めていけばいいよ」と教わりました。

受験勉強だけではなく、仕事でも日常生活でも、生きていればさまざまな問題にぶつかります。「状況をわかりやすく整理し、答えを導くために足りない要素は何かと考え、大きな問題を小さな問題に分けて解く」という分析力を身に着けることで、複雑にからみあった問題からも、逃げずに対応できる力が得られます。

要点を把握する力と推察力

 (84536)

ImageFlow / Shutterstock.com
特に難関校を受験する場合は、試験の問題量が多いため、迅速に問題文を理解して解答を導き出す必要があります。

時間内にすべての問題を解き終わるためには、「この問題は何が要点なのか、何を答えさせたいのか」を即座に判断しなくてはなりません。

受験勉強のときにこの訓練を繰り返すことによって、「話の要点は何か、相手が求めている答えは何か」ということを自然と考えられるようになります。

誰かと話をしたり、仕事をしたりするときに、この「要点を即座に把握し、相手の望む答えを推察して返す力」はとても重要です。「頭が良い」といわれる人の多くが、この力に長けています。

改善する力

 (84537)

Kenishirotie / Shutterstock.com
学校や塾から指示された内容をただこなしていれば、志望校に受かるというわけではありません。自分の力量や状況に応じて、目標をクリアするための計画を立て、実践する必要があります。

受験勉強を行う期間は長いですし、その間に何度も模試や定期考査があります。そのたびに、自分の現状を把握し、学習計画を立て、実行に移し、結果を確認し、次の試験ではより良い成果が残せるように改善する、というプロセスを繰り返すことによって、効率化や改善する力を身に着けられます。

受験勉強のときは、基本的には1人で試行錯誤することになりますが、仕事となればこの「改善する力」をチームで発揮していかなければなりません。家庭をうまく回したり、子育てをしたり、もっと大きな意味でいえば「より自分にとって望ましい生き方をする」上でも、この「改善する力」はとても重要です。

受験勉強で得た力は無駄にはならない!

 (84538)

panitanphoto / Shutterstock.com
2020年には学習指導要領が改訂され、アクティブ・ラーニング(生徒が能動的に学べる指導法)の実施や、自由度の増す記述式入試の導入が検討されています。

今後は知識力だけでなく、思考力や表現力の重要性が高まり、受験勉強で学ぶことと、実生活で求められる力は、よりつながりを持つようになるでしょう。「受験勉強は役に立たない」という言葉は、今以上に古い考え方になっていくのかもしれません。

筆者の高校受験で振り返ってみたので、「幼稚園受験」「小学校受験」とは共通しない部分も多いですが、お子さまが中学校や高校の受験を迎えた際には、「志望校に受かっても受からなくても、受験勉強で経験したことや得た力は無駄にならないよ」と声をかけた上で、応援してあげてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「得意を伸ばす育児」で娘が東大へ!【気づいたら娘が東大生】

「得意を伸ばす育児」で娘が東大へ!【気づいたら娘が東大生】

2018年の春、公立の小中高から東大に現役合格した長女。教育熱心な子育てをしてきたというよりも、いつの間にか娘の努力で……というのが本音ですが、わが家の子...
2020年の大学入試改革、70%以上の保護者が不安!(栄光ゼミナール意識調査)

2020年の大学入試改革、70%以上の保護者が不安!(栄光ゼミナール意識調査)

2020年度から大学入試が大きく変化します。進学塾・栄光ゼミナールが実施した「大学入試改革に関する意識調査」では、90%以上の保護者が知っているものの、7...
家庭の教育方針は決めるべき?わが家の決め方・考え方

家庭の教育方針は決めるべき?わが家の決め方・考え方

日常生活のルールはあっても、教育方針を明確に定めている家庭は少ないかもしれません。でも、幼稚園や小学校受験では、願書へ教育方針を記述する欄があったり、面接...
東大理三合格者の約半分を輩出 -東大合格のエリート塾、鉄緑会

東大理三合格者の約半分を輩出 -東大合格のエリート塾、鉄緑会

東大の中でも最難関で医学部の道へ進むことになる理三。2017年度定員98名のうち39人もの合格者を出した塾が鉄緑会です。お子さまを受験のために中高一貫校に...
小学校受験のことをママ友に話す?「『お受験』はじめました!」Vol.32

小学校受験のことをママ友に話す?「『お受験』はじめました!」Vol.32

小学校受験をすると決めたら、幼稚園や保育園のママ友に話す?それとも話さない?実際にトラブルに巻き込まれたという事例もあるのでデリケートな問題ですが、ママミ...

KEYWORDS

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!