2017年3月23日 公開

保育士出身のあそびうたのお兄さん・福田翔さんの魅力とは?

保育士出身、現在は「あそびうた作家」として多数作曲、CDを発売し、全国各地の保育園や幼稚園などで子どもや親子向けにオリジナルの「あそびうたコンサート」を開いている福田翔さん。その魅力と、現在の活動に至るまでを取材しました。

保育士出身のあそびうたのお兄さん・福田翔さんって?

福田翔のあかちゃんあそびうた

福田翔のあかちゃんあそびうた

福田翔さんのファーストアルバム。乳児〜幼児まで、親子あそびも収録。
福田翔さんは、1983年生まれ。関東学院大学人間環境学部人間発達学科卒業後、8年間保育士として勤務した後、2014年からフリーの「あそびうた作家」に。

現在は、全国各地の保育園・幼稚園・児童館を中心に子どもや親子向けに「あそびうたコンサート」を開催。あそびうたの祭典「A1あそびうたグランプリ」でも常に上位に入賞しています。オリジナルCDのほか、あそびうたが収録されているCDBOOKにも多数参加。保育士・児童館の先生向けの講習会も行い、保育雑誌で執筆活動も行っています。東京都在住で、4歳になる男の子のパパでもあります。

そもそも……「あそびうた」とは?

あそびうたは、手あそびや踊りなどの動きのある遊びと歌が一緒になったもの。

「ずいずいずっころばし」などの古くからあるわらべうたや、「とんとんとんとんひげじいさん」「おおきなくりのきのしたで」「こぶたぬきつねこ」「おべんとうばこのうた」「げんこつやまのたぬきさん」「グーチョキパーでなにつくろう」 「アブラハムの子」などがよく知られているのではないでしょうか。

最近人気の代表的なあそびうた作家にはテレビ出演も多く、特に「エビカニクス」でヒットしたケロポンズさんがいます。

福田翔さんが子どもに関わる仕事、保育士を目指すまで

photo by author (46587)

コンサートの後、インタビューに答えていただきました!
via photo by author
——保育士になったのはどうしてですか?

福田(以下敬称略):「保育士になろう」と決めたのは大学で実習に行ってからですが、振り返れば小学校高学年の時に低学年の子ども達の面倒を見たときも楽しかったし、中高の部活で後輩の面倒をみるのも好きだったという思い出があります。

高校生で進路を決めるにあたって、子どもに関わる仕事をしたいと思い、幼稚園の先生と保育士の資格が取れる大学に進学することにしました。

就職は、迷った末、より乳児と関われる保育園を選択。1年目から0歳児を担当し、保育士としての大事なことをこの時にしっかり学ばせていただきました。

あそびうたと音楽の道をはじめるまで

photo by author (46590)

東京都大田区上池台児童館でのコンサートの様子。ギターでの弾き語りやあそびうたも。
via photo by author
——作曲や楽器はいつからはじめたのですか?

福田:高校1年生の時にギターをはじめました。音楽ユニットの「ゆず」が好きで、コピーして弾いたり歌ったり、青春ソングみたいなものは自分で作っていました。保育士になってからはピアノが苦手だったこともあり、ギターでよく童謡を歌っていましたね。

——あそびうたを作るようになったきっかけは?

福田:保育園で片付けをしている時、納戸から落ちてきた工作用のヤクルトの空容器を見た女の子が“ヤクルトの歌を作って歌って”と無茶振りしてきたんです(笑)。その時、即興で作ったのが「ヤクルト兄弟落っこちた」という歌。

自分自身も楽しかったし、子どもたちも喜んでくれて嬉しかったのですが、その後、「A1あそびうたグランプリ」というコンテストがあることを知りました。

早速応募して予選は通過したのですが、そこで全国から、あそびうたを作っている人が毎年集まってきているということに驚き、刺激を受けました。

そして、好きな音楽と子どもと関わることがうまく結びついたんですね。

それからしばらくは保育士をしながら、児童館やお祭りであそびうたを披露する活動も並行して続けていました。

8年間保育士を務めたあと、音楽の道へ

——保育士を辞めて音楽の道を志したきっかけは?

福田:まだそれだけでやっていける見込みはなかったのですが、今の事務所の社長がマネージャー業でも収入が得られるようにしてくれ、あちこちの公演料と併せればなんとかやっていけるかと、思い切ってはじめました。

——奥さんは反対しませんでしたか?

福田:皆に聞かれる質問ですね。子どもがまだ小さかったし、奥さんがすごい、えらいって褒められています(笑)。妻も保育士ですが、「やりたいことは応援する」と協力してくれて感謝しています。子どもを保育園に預けていますが、妻が忙しい時や夜遅くなるときなどは僕が育児を担当できるのは良かったです。

息子は4月で4歳になりますが、ウクレレや手作りのマイクを持って布団の上を舞台にして僕の真似してコンサートを開いていますよ。よく見ていますね。先日は一緒に舞台にも上がりました。

歌自体のすばらしさも大事だけど、まずは遊ぶこと!

photo by author (46596)

あそびうたタイムでは、みんなでポーズを決めて大盛り上がり!
via photo by author
——演奏で気をつけていることはありますか?

福田:おかげさまで、大勢の方の前でコンサートを行う機会も増えてきましたが、コミュニケーションを忘れずに、子どもたちと一緒に楽しみあえる要素を入れています。

子どもが夢中になって、自然と前の方に来てくれたりすると嬉しいですね。親子参加型では、パパママにも笑ってもらえるように工夫すると、「あ、ママが笑っている」と子どもが安心することもありますし。

最初はリラックスできるように、まずは手をほぐすところからはじめ、声のトーンに気をつける、動きを大きくするなどしています。

「うたのお兄さん」と紹介されると、歌のすばらしさだけを伝えている人のようですが、僕は保育士だったので、身体で取るコミュニケーションも大事。あくまで“遊び”から入ってそこにメロディをのせている順番なんです。

コンサートであそびうたを楽しむには?

photo by author (46599)

抱っこやおんぶなどさまざまな形で参加するママと子どもたち。
via photo by author
——親子で演奏会やコンサートに参加する際に気をつけた方が良いことや楽しみ方は?

福田:0歳児から参加でき、泣いたって騒いだっていいよ、というコンサートも増えていますね。

1歳前後は一番難しい年頃かもしれませんね。歩きはじめると、子どもはとにかく歩きたいので、30分でも座っているのは大変。そういう時は無理せず、最後まで見ていなくちゃいけないと思わずに聴ける範囲で参加すると良いと思います。

僕は、未就学児、特に3歳児くらいまではまだしつけをあまり考えずに、「こうしなくちゃ」「こうさせなくちゃ」と、気にしなくて良いと考えていますよ。

最後に

——今後の活動や夢を教えてください。

福田:あそびうた作家としての活動、保育園や児童館での活動も続けつつ、一番の夢は世界中で歌われる曲を作っていくこと。聴いて勇気がもらえるようなそんな歌が作れたら幸せですね。

ほんわかとあたたかいキャラクターも愛されている福田翔さん。今後のますますの活躍が楽しみですね!次回は、福田翔さんのオリジナルのあそびうた動画と、あそびうたの楽しみ方のポイントをお伝えします。

アマゾン : V.A. : 普段づかいの わんぱく! &0・1・2才あそび ベスト - Amazon.co.jp ミュージック

福田翔さんの曲は「よちよちあかちゃんペンギン」が収録されています。

中川ひろたかのA1あそびうたランド ともだちになるために CDつき: 新 幼児と保育MOOK (教育技術新幼児と保育MOOK) | 小学館 |本 | 通販 | Amazon

タイトル:中川ひろたかのA1あそびうたランド ともだちになるために CDつき
出版社 :小学館
福田翔さんの曲は「おばけのまち」が収録されています。

中川ひろたかのA1あそびうたランド にじ CDつき (教育技術新幼児と保育MOOK) | 小学館 |本 | 通販 | Amazon

タイトル:中川ひろたかのA1あそびうたランド にじ CDつき
出版社 :小学館
福田翔さんの曲は「ハンバーガーやさん」が収録されています。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

あそびうたのお兄さん!福田翔さんのあそびうた動画3選と楽しみ方

あそびうたのお兄さん!福田翔さんのあそびうた動画3選と楽しみ方

あそびうた作家として、全国各地でコンサートを開いている福田翔さん。あそびうたの楽しみ方のポイントを伺いました。また、早速今日から、親子で一緒に楽しめるあそ...
親子で歌いたい!秋の気配を感じる9月の童謡

親子で歌いたい!秋の気配を感じる9月の童謡

9月になると夕方には涼しくなり、お子さまとお散歩をする機会が多くなるのではないでしょうか。高くなった空を見上げたり、とんぼが飛んでいるのを見つけたり、虫の...
子どもと季節を感じよう!6月に聞きたい童謡

子どもと季節を感じよう!6月に聞きたい童謡

お子さまと一緒に、季節を感じながら童謡を聴いてみましょう。一緒に口ずさめば、季節を感じるとともに言葉も覚えられますね。童謡の歌詞を聴きながら、その状況をお...
本物に触れる!【年齢別】親子でコンサートを楽しむコツ

本物に触れる!【年齢別】親子でコンサートを楽しむコツ

最近は未就学児OKなクラシックコンサートが増えましたよね。小さいうちから本物の音楽に触れることはとてもいい経験になるはず。お出かけする時の注意点や、子ども...
LOA
テンポが良くて覚えやすいイギリスのナーサリーライムを歌おう!

テンポが良くて覚えやすいイギリスのナーサリーライムを歌おう!

イギリスで歌われている童謡のような、ナーサリーライムを聞いたことがありますか?テンポの良い曲が多く、覚えやすいのが魅力です。現地のトドラー(幼児)グループ...

WRITER

志田実恵 志田実恵  エディター/ライター。札幌出身。北海道教育大学卒業(美術工芸)。中高の美術教員免許所持。出版社でモバイル雑誌の編集を経て、様々な媒体で執筆活動後、2007年スペイン留学、2008〜2012年メキシコで旅行情報と日本文化を紹介する雑誌で編集長。帰国後は旅行ガイドブック等。2014年6月に娘を出産。現在は東京で子育てしながらメキシコ・バスクの料理本の編集のほか、食、世界の子育てなどをテーマにwebを中心に活動中です。