2018年12月27日 公開

指を離すマジックで子どもが大興奮!方法とコツを紹介

素直な目線を持った子どもたちにとって、マジックは大人以上にワクワクします。目の前でマジックを披露すれば、きっと一瞬で子どもの心をつかむことができるでしょう。まるで親指がポロっと取れてしまったかのように見える、指を使ったマジックのやり方・コツをご紹介します。

指を離すマジック!必要なのは自分の手のみ

指を離すマジックで必要な道具は、自分の手のみ。道具は一切必要ありません。古典的ですが、子どもはマジックに「タネ」があるとは思わないため、うまくできればビックリしてもらえるでしょう。関節を曲げたり、タイミングを見計らって動作する必要があるので、案外スムーズにやるのは難しいもの。事前に何度か練習をしておくことをおすすめします。

指をきれいに曲げないとバレてしまうため、関節も柔らかくしておいてください。事前に指をグー・パーにする運動を繰り返します。マジックの練習中は鏡に向かい、手元を見ずに、違和感なくできることを目指しましょう。

1.両方の手を第一関節から曲げる

via Photo by author
両方の親指を第一関節から曲げます。マジックを披露する際には、右手の親指の関節に左手の親指の関節を重ねることになりますが、どちらもできる限り直角に曲げるようにしましょう。

これが案外難しく、関節が固まっている方だと何度も練習が必要かもしれません。きれいに曲げられるようになるほど、マジックの成功率は上がります。

2.右手の親指の関節に人差し指を重ねる

via Photo by author
左手は親指の関節部分を隠すようにして、曲げた第一関節に右手の人差し指を重ねます。重ねるときは、人差し指がやや下を向くよう意識してみてください。

親指の関節部分に人差し指を重ねる動きも、関節が固い方は少し難しいかもしれません。ここができないと指が離れているように見えないため、繰り返し練習しましょう。

3. 曲げた両手の関節を重ねる

via Photo by author
曲げた左手親指の関節部分に、人差し指で関節部分を隠した状態の左手親指を重ねます。相手に披露する際には、左手の手の甲を相手に見せるようにすることがポイントです。両指の関節を付ける際は、右手に重ねた人差し指で、左手親指の関節部分も少し隠すイメージにすると良いでしょう。

4.右親指をスライドさせると…

via Photo by author
その状態で右親指を外へ向かってすべらせると、親指が離れているように見えます。何度か離したりくっつけたりを繰り返して見せて、最後は右手で左手の親指をサッっと隠しながら、すべての指を伸ばして見せましょう。

パパママの指が消えたり現れたりする様子に、子どもはびっくりしてくれるはずです。「見てごらん、指が取れちゃった」と見せてあげると、驚くとともに心配する子どももいます。最後にはタネ明かしをして、安心させてあげてください。

コツをつかんで堂々と披露しよう!

とても単純なマジックですが、やってみると案外難しいことに気づくかもしれません。上手になるためには練習あるのみ。それも、鏡の前で練習することをおすすめします。できるだけ、両手の曲げた関節を見せないようにするのがコツです。堂々と披露して、子どもたちを楽しませてあげましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

簡単な輪ゴムマジック:親子で楽しめる即席手品3つ

簡単な輪ゴムマジック:親子で楽しめる即席手品3つ

輪ゴムと指でできる、おもしろくて不思議な手品のやり方を動画付きでご紹介します。パパママでもお子さまでもできる、手軽で簡単なマジック、ぜひマスターしてくださ...
フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

集団遊びの定番といえば、「鬼ごっこ」。道具も要らず、走り回れるスペースさえあれば、すぐできます。しかも鬼ごっこにはメリットがたくさん!体力・運動能力の向上...
「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

夏の風物詩といえば「七夕」。七夕飾りや願い事を書いた短冊を笹に吊るすなど、お子さまと一緒に楽しめる伝統行事のひとつです。では海外の方に向けて七夕を伝えると...

WRITER

Lei Lei  東京生まれ北関東在住の男子2人のママです。フリーライターをしております。自由すぎる男子たちに振り回されながらマイペースで子育てしてます。