2018年5月8日 公開

子どもの海外に関する意識調査!3割の親が取り組んでいることは?

バンダイは2018年2月、小中学生の子どもを持つ親に対し、子どもが考える「海外」に関する意識調査を行いました。その結果から見えてきた、子どもの海外への関心度合いや実態、親が行っている取り組みについてご紹介します。

小中学生が考える「海外」に関する意識調査とは?

 (94592)

Rawpixel.com / Shutterstock.com
おもちゃメーカーのバンダイが、子どもが考える「海外」への関心や意識、実態を探るため、社会の授業が本格的に開始する小中学生の親を対象にインターネットでアンケートを実施しました。

【調査対象者】
小学3年生から中学3年生の子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる人)
【 調査地域 】
全国
【回答者数】
700人
【調査時期】
2018年2月10日~2月12日

海外渡航は4人に1人が経験あり!

 (94593)

Montri Thipsorn / Shutterstock.com
海外への渡航に「経験がある」と回答した子どもは24.4%、「経験がない」と回答したのは75.6%となり、4人に1人が渡航経験があることがわかりました。行ったことのある国や地域のベスト5は次の通りです。

1位/ハワイ州、9.4%
2位/グアム、8.0%
3位/アメリカ合衆国(ハワイ州・グアム除く)、5.3%
4位/韓国、5.1%
5位/台湾、4.7%

家族で楽しめる南国ビーチリゾートや、近場のアジア圏に行くケースが多いことがうかがえます。

子どもの半数以上は行ってみたい国や地域がある!

 (94594)

Smile Studio / Shutterstock.com
「行ってみたい国・地域があるかどうか」の質問には、「ある」と回答した子どもは54.9%で、半数以上が海外へ興味を持っていることがわかりました。

海外渡航経験の有無別でみると、「ある」と回答したのは経験者で80.1%、非経験者で46.7%という結果に。海外の文化などに触れた経験があるほど、海外への関心が高いことがうかがえます。行ってみたい国や地域のベスト5は次の通り。

1位/アメリカ合衆国、17.3%
2位/ハワイ州、13.3%
3位/韓国、3.9%
4位/オーストラリア、3.6%
5位/フランス、3.1%

1位の「アメリカ合衆国」を選んだ理由は、「語学勉強」 という回答が多く、ほかにも「本場のディズニーランドに行ってみたい」、「メジャーリーグを観戦したい」などの声もありました。 3位の「韓国」を選んだ理由は「好きなアーティストや有名人がいるから」など、各国ならではの観光名所や文化に触れたいと思っている様子がうかがえます。

親の3割は海外を意識した取り組みを実施!

 (94595)

Luis Molinero / Shutterstock.com
「子どもに対して海外を意識した取り組みをしているか」についての質問では、「実践している」が30.1%、「意識はしているが、現時点で実践していることはない」が18.7%となり、約半数の親は海外に対する意識を持っていることがわかりました。実践している内容は次の通り。

1位/語学教室に通わせている、32.2%
2位/海外に関する話をするようにしている、24.6%
3位/海外旅行に連れて行く、24.2%
4位/海外に関するニュース・情報番組を見せている、20.4%、
5位/海外に関する映画を見せている、16.6%

語学教室などの習い事以外でも、旅行や映画など楽しみながら海外を意識させる取り組みを実施している様子がわかりました。

海外への興味を促す必要性

 (94596)

Sunny studio / Shutterstock.com
2020年度より小学校における外国語活動が早期化され、加速するグローバル化に対応するために「コミュニケーション能力」の育成に力が注がれます。2018年度の今、移行期間としてすでに小学3、4年生において前倒しで外国語活動がスタートしています。

子どもが海外を意識して何らかの活動を行うためには、親のサポートが不可欠です。「行ってみたい国や地域の情報を知ったきっかけ」は、「TVのニュース・情報番組を見て」が1位、「親御さんから話を聞いて」が2位という結果に。習い事だけでなく、楽しみながら自然と海外へ興味を持つように促したいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...
外国語活動の早期化に小学校教員の賛成多数!気になる今後の課題とは?

外国語活動の早期化に小学校教員の賛成多数!気になる今後の課題とは?

2020年度より外国語活動が早期化され、小学3、4年生からスタートします。これを受け、英会話教室のイーオンが小学校教員を対象に調査をしたところ、約90%が...
ぬいぐるみ代行旅行のススメ!子どもが世界を知るきっかけに

ぬいぐるみ代行旅行のススメ!子どもが世界を知るきっかけに

筆者が中学生のころ、米国の少女から「ぬいぐるみの身代わりの旅」を依頼され、写真と英文レポートをまとめて送ってあげたことがあります。その経験が、世界や他の国...
家でスマホやゲームで遊ぶのが好きな小中学生!でも本当は…!?

家でスマホやゲームで遊ぶのが好きな小中学生!でも本当は…!?

現代の子どもが、どこで、どんな遊びをしているのかを調査するため、バンダイは、2018年3月に小中学生の親を対象にアンケートを実施。すると、遊びに関する年代...
日本&アメリカ、子どものなりたい職業ランキング!

日本&アメリカ、子どものなりたい職業ランキング!

日本でも今と昔ではなりたい職業にずいぶん違いが出てきているようです。では、アメリカの子どもたちと比べたらどうでしょうか。将来の夢に大きな違いはあるのでしょ...

WRITER

Kayoko* Kayoko*  千葉県在住。9歳と6歳の男児を持つママライター。得意ジャンルは育児、料理、ディズニー、ときどきお酒。大学では心理学を専攻。ただいま、スムージーダイエットに奮闘中!