2019年7月11日 公開

【親子でできるおうち数遊び】数・数字と仲良くなろう!

数唱ができるようになり「数」が生活の中に徐々に入ってきたら、数の概念についても学ぶタイミングです。数字を言えたとしても、個数や数の大小などは理解できていないこともあります。ゲーム感覚でできる数の概念の学び方について4、5歳児との体験談を交えてご紹介します。

10から先の数を言ってみよう

お風呂の数字ポスター
via Photo by author

もうすぐ5歳になる筆者の息子は、3歳頃に言葉の習得の一つとして1〜10までの数唱ができるようになりました。定番ですが、お風呂に浸かっているときに、数を数えて覚えました。

すらすら言えるようになった頃、その先にも数があることを知って欲しいと思い100までの数字が書かれたポスターをお風呂に貼り、毎日少しずつ数唱の練習をしました。

最初は大人の後に続いて言っていき、その次にポスターの数を一つずつ指差ししながら読んでいきました。1〜10までについてもそれまではただ唱えるだけでしたが、ポスターを見ながら言うことで数字の音と表記を一致できるようになりました。

少し覚えてきたら、「24はどれ?」「32の次は何?」などクイズを出しながら遊びました。この数字クイズで「◯◯の前」「◯◯の次(後ろ)」といった概念も自然と頭に入っていったような気がします。

同じ数を探そう(同数発見)

絵柄カード同士の同数発見
via Photo by author

ここからは数学習に使いたいと思い購入した、こぐま会の「かずカード」を使った遊びをご紹介します。この「かずカード」は4種類の柄が描かれたカードが各12枚入っていて、裏には点(●)で数字が表されています。

まずお手本のカードを1枚出し、その下に違う絵が描かれたカードを4枚並べます。お手本カードと同じ数字のカードはどれか当てるゲームです。

パッと見て「わからない!」となってしまうのであれば、最初はそれぞれのカードの数を一緒に数えるところからはじめてみてください。また、小さな数からはじめるとわかりやすいです。

数えてから同じ数はどれかを当てることに慣れてきたら、頭の中で数えて当てる方法に切り替えてみます。

筆者の息子の場合、最初は何度か指差しをしながら声を出して数えていましたが、次第に描かれた絵を目で追って頭の中で数えられるようになり、最後にはパッと見て数がわかるようになりました。

絵柄カードと点カードの同数発見
via Photo by author

素早く正解できるようになったらステップアップ!お手本の下に並べるカードは、裏面の点表記の方を使います。面白いことに、それまで正解続きだったのが点表記のカードではミスが続きました。

本人に間違えた理由を聞いてみたのですが「見間違えた」というのみ。どうしてだろうと考えてみて気づいたことがあります。

あくまでも私見ですが、息子の日常的経験の中においてまだ「点」という概念が育まれていないために、点が何なのかわからず、数える前に少し混乱してしまうからでは、と考えました。絵柄の方は生活の中や絵本でもよく見かけるもので親しみがあり、数えやすかったのだと感じました。

ここで点についても親しんでおくと、就学してからの算数の授業で重要な「具体と抽象(演繹・帰納法)」への理解に繋がるかもしれません。

他にも同数発見のゲームは考えられます。たとえば、たくさんカードを並べて同じ数同士のグループを作るゲーム、も楽しいと思います。

同数発見では、「きちんとものの数を数えられるかどうか」や「数えた数字を記憶しておけるか」などの力が問われます。小学校受験でも頻出度が高い分野です。

数を順番に並べよう(数系列)

絵柄カードを使った数系列
via Photo by author

次にやってみたのは、数系列の問題です。
・連続した数のカードを数枚出してバラバラに並べたものを順番に並べる
・ランダムにカードを数枚出し小さい方から順に並べる
などさまざまな出題ができます。

わが家では、ランダムに出したカードを小さい順に並べるクイズを出しました。絵柄カードでの正解率が高くなったあとは、数字を順番に並べるクイズに切り替えました。

手作り数字カード
via photo by author

数字ゲームをはじめるに当たって、1〜10のカードを息子自身に作ってもらいました。書ける数字、書けない数字がどれかもわかり、書き順も一緒に教えることができました。

書き終えたら、まず1から順番に並べて数列のおさらい。その後、先ほどと同じように4枚のカードをバラバラに置き小さい順に並べるよう出題しました。

ここで気づいたことは、絵柄(個数が目に見えてわかる状態)ではスムーズに並べられたのですが、数字になると手が止まってしまいました。

要するに数字と数がリンクしていないということです。

そこで数字の上に点で表記された「かずカード」を一緒に並べ、数字と個数を視覚的にわかりやすくしてみました。

点カードを補助に数字カードを並び替え
via photo by author

先ほどまで「???」状態だった息子も、数がわかれば並べ替えることができました。このやり方を何度か繰り返し、数字と数が結びつきはじめたら数字だけを並べ替えるクイズに戻します。

慣れないうちは1〜5までを繰り返し、だんだんと数を増やしていくと良いでしょう。ここで焦らず数字と数をきちんとリンクさせることが大切です。

あといくつ必要?(数の構成)

数の構成
via Photo by author

最後に、足し算や引き算の基礎である「数の構成」をカード遊びで取り組みました。ただカードを並べてゲームをしてもよいのですが、子どもにとって身近で想像しやすいシチュエーションを作ってあげると入り込みやすいです。

今回は、りんご柄の「かずカード」でお買い物ごっこをしながら、「数の構成」を一緒に考えてみました。

・欲しいりんごの数
・カゴに入っているりんごの数
・お店に置いてあるりんごの数

の3に分けてカードを並べます。「欲しいりんごの数」と「カゴに入っているりんごの数」は1枚だけ、お店には、正解を含めた3枚のカードをおきます。

余談ですが、息子の顔と「ほしい」と書いたカードも作ってみたのですが、これが息子に大ウケで、このゲームにも楽しく取り組んでくれたように思います。

さて、ゲームの進め方ですが、まず、「何個りんごが欲しい?」と問いかけます。「欲しいリンゴの数」をしっかり覚えさせます。

次に、「カゴには◯個りんごが入っているけど、あと何個お店で買えばいいかな?」と聞いてみましょう。お店にある3枚のカードから選んだ数と、カゴの中に入っている数を合わせて、欲しいリンゴの数と合っていれば正解です。

最初はゆっくりと数えながら取り組んでいましたが、繰り返すことでだんだんとスピードアップでき正答率も高くなりました。答えるスピードだけ早くなり、数えるのがでたらめになってきたときは、一度落ち着かせ正確に数える、というステップに戻ってやり直します。

今回は足りない数を当てる足し算要素のあるゲームでしたが、「◯個のりんごがお皿にあります。ママが◯個食べてしまいました。残りは何個あるかな?」など引き算の考え方で出題もできます。

子どもにとって馴染みのあるアイテムを用意すると、楽しんで数の構成について学ぶことができますよ。

楽しく遊びながら数の概念を教えよう

via Photo by author

数唱ができるようになったり、エレベーターのボタンやホームの表記など生活の中にある数字に興味が湧いてきたら数を学ぶチャンスです。

数の概念を理解するのはとても難しいです。大人にとっては当たり前のことも、子どもにとってはちんぷんかんぷん。はじめは的外れな答えが出てきたり、数えているのに違う数字を言ったりと困った状況が続くかもしれません。

つまづいたときは、一つ前の段階に戻っておさらい。親の焦りは禁物です。ゆっくりと進めましょう。子どもの理解度をよく観察することが大切です。

そして数の学びが楽しくなるようにゲーム感覚で取り組むと良いですよ。数のドリルを取り入れる場合、迷路や点つなぎなどは子どもが興味を持ちやすいです。

「かずカード」でゲーム中つい白熱してしまったのですが、途中で息子の様子がおかしくなり聞いてみると「頭の中に数字がたくさんあって、ぐちゃぐちゃになってきた」と言っていて反省しました。知育ゲームは子どもがのぼせない程度に楽しみましょう。

おおかた筆者が問題を出していましたが、途中で何度か息子の方が自分からクイズを出してくる場面もありました。

問題を出せるようになったということは、きちんと理解できている証拠!そんな場面に出くわしたらたくさん褒めてあげましょう。

家にあるものや100均で揃うものでも数遊びはできます。おうちでできる知育遊びの一つとして取り組んでみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【3~4歳向け】普段の生活の中でできる!「数への親しみ」を育てるコツ

【3~4歳向け】普段の生活の中でできる!「数への親しみ」を育てるコツ

3~4歳になると、数字に興味を持ち始めたり、10まで数えられたりする子どもが増えてきます。机に座って「お勉強」をするのではなく、日々の生活の中で、子どもの...
子どもを伸ばす機会は日常の中に!『子どもが賢くなる75の方法』

子どもを伸ばす機会は日常の中に!『子どもが賢くなる75の方法』

幼児期に育てたい力とは?大事なのは、違いを発見する、「なぜかな?」という視点を持つ、相手の話を聞くといった「賢さのベース」を鍛えること!書籍『子どもが賢く...
算数を苦手教科にしない!おはじきを使って「数の概念」を教えよう

算数を苦手教科にしない!おはじきを使って「数の概念」を教えよう

小学校入学前から数を言える子どもは少なくありませんが、「数を言える」ことと、「数の概念を理解している」ことはイコールではありません。「数の概念」を幼児にも...
お風呂遊び4つのアイデア:楽しく遊べて、勉強にもなっちゃう!?

お風呂遊び4つのアイデア:楽しく遊べて、勉強にもなっちゃう!?

お風呂から上がるときに、肩までつかって数を数えていますか?数字の勉強にもなるし、体は温まるしとてもいいことですよね。そんな風に、楽しいのにお子さまの勉強に...
書籍レビュー:「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育

書籍レビュー:「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育

幼児期に大事なのは読み書き計算より、自分で答えを導き出す「思考力」!遊び教育でも詰め込み教育でもない、幼児のための基礎教育とは?気になる育児書や教育本を紹...

WRITER

ねんねこ ねんねこ  東京在住。2人の男の子を育てています。自身の幼稚園・小学校受験の経験を活かして、日々子どもと無理のない知育活動を楽しんでいます。絵本が好きなので、親子で図書館通いが趣味です。ブックログをつけるのが楽しみ!教育だけでなく、おでかけ、おしゃれ、ハンドメイド、サブカル、音楽など好きなことには貪欲に生きています。