2019年1月17日 公開

「いないいないばあ」のバリエーション5つ!普段と違う楽しみ方

赤ちゃんを一瞬で笑顔に変える「いないいないばあ」は、魔法のような遊び。喜んでくれると同時に、コミュニケーションが取れたり、子どもの記憶力を高めたりといった効果が期待できます。じつはバリエーション豊かな「いないいないばあ」の、少し違った楽しみ方をまとめました。

表情を変えて「いないいないばあ」


普通の「いないいないばあ」といえば、手で顔を隠して「ばあ」と同時に顔を見せる方法です。これだけで喜ぶ子どももたくさんいますが、マンネリ化してきたら少し工夫を加えてみましょう。

たとえば「ばあ」と同時に、いろいろな表情の顔を見せる方法。面白い表情をすれば、大喜びしてもらえるかもしれません。怒った顔、困った顔、嬉しい顔、とにかく変な顔など、豊かな表情を見せてあげましょう。どの表情を見せると子どもが喜ぶのか、探ってみるのも一案です。

色んな角度から「いないいないばあ」


こちらも普通の「いないないばあ」から、簡単なアレンジを加えた方法です。一般的には「いないいないばあ」で顔を覆い、「ばあ」と同時に両手を開きます。

このとき両手を開くのではなく、手の右や左、上や下からひょこっと顔を出してみましょう。どの方向から現れるかわからず、子どもは興味津々に見入ってくれるはずです。「次はどこから出てくるだろう」と想像する力もつきます。

全身を隠して「いないいないばあ」


顔を隠すだけでなく、全身を隠しての「いないいないばあ」も楽しいでしょう。カーテンやドアの裏などに隠れ、「ばあ」と同時に全身を子どもの前に見せます。何もない所からいきなり「ばあ」と現れると、子どもはびっくり。同時にパパママが現れたことが嬉しく、面白がってくれます。

表情やポーズを工夫して、大げさに「ばあ」としてみても楽しいかもしれません。

おもちゃや布で顔を隠して「いないいないばあ」


普段遊んでいるおもちゃで顔を隠して「いないいないばあ」を見せてあげましょう。おもちゃを顔の前に持っていき、「いないいない……」の時間を少し長くします。すると、それが普段遊び慣れているおもちゃだと気づくはず。そのあとに「ばあ」と顔を出してみてください。

大好きなおもちゃからパパママの顔が現れ、戸惑いながらも笑ってくれます。おもちゃ以外にハンカチなど、その場にある物を使ったアレンジは手軽にでき、いつもと違ったドキドキを与えてくれるでしょう。

手を使わず表情で「いないいないばあ」


手や物をまったく使わず、表情だけで「いないいないばあ」をしてみるのもおすすめです。目をぎゅっとつむって「いないいない……」とし、「ばあ」と同時に目をぱっちり開けます。口を大きく開いてみても面白いでしょう。

「いないいないばあ」遊びを繰り返すうちに、子どもは「隠れている裏にはパパママがいる」ということを理解していきます。そこで逆をついて、あえて顔を隠さず表情で笑わせるアレンジです。

「いないいないばあ」はいいことずくめ


「いないいない」と顔を隠している間、子どもは不思議そうに見たり、不安そうな表情を見せたりします。これは「パパママの顔が見えなくなってしまった」と心配しているため。しかし、繰り返し遊ぶうちに子どもは、隠れて遊んでいるだけだと理解できるでしょう。

すると今度は、隠れている間に「次どんな顔をするのか」を頭の中で想像します。これにより子どもの想像力、記憶力、予測する力が高まると同時に、期待や驚きなどの感情を覚えていくのです。いいことずくめの「いないいないばあ」、ぜひアレンジを加えながら楽しんでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

集団遊びの定番といえば、「鬼ごっこ」。道具も要らず、走り回れるスペースさえあれば、すぐできます。しかも鬼ごっこにはメリットがたくさん!体力・運動能力の向上...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

夏の風物詩といえば「七夕」。七夕飾りや願い事を書いた短冊を笹に吊るすなど、お子さまと一緒に楽しめる伝統行事のひとつです。では海外の方に向けて七夕を伝えると...
【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

七夕は、はじめての折り紙遊びには良い機会です。健やかな成長を願う気持ちを込めて、1~2歳の小さなお子さんでもできる折り紙をご家庭で楽しんでみませんか?三角...

WRITER

sakai sakai  大阪府在住。6歳、5歳、0歳の3人の子育て真っ最中のママです。子どもと笑顔で過ごせる日々を大切にしています!